下関の鬼ケ城を登る 2016.9.11(日)

今はもう秋・・
a0166196_15351463.jpg



今年も小倉の西日本総合展示場で開催されたR社「健康フェア」に出かけた。
OTCや健康関連の出店メーカーによる新商品の説明を聞いたりしながらブースを見て回る。
キーワードは健康長寿。
a0166196_15254010.jpg


今日も日中いっぱいは天気も良さそうだ。
2年前に下関の竜王山へ登ったとき、北に見えていた鬼ケ城へ登ってみよう。
山口ののんびり夫婦さんHPで事前学習をした。

小倉から門司港→関門トンネル→下関市吉見の県244で竜王山登山口を見やって
さらに北上する。右手に見えてきたのが鬼ケ城だろう。
a0166196_15285747.jpg

石院寺地区で登山口標識を見て狭い道をすすむと駐車場のある登山口に着く。
北九州ナンバーが1台のみだが20台は駐車できそうだ。

 鬼ケ城(619.4m) 下関市豊浦町の山~山口県百名山
 狩音山(かろうとやま・577m

国東半島の黒木山麓にも同名の鬼ケ城が有り、刀匠・紀行平新太夫が籠って最後の一太刀をうったといわれている。
下関の鬼ケ城はどんな鬼がいるのだろうか・・・

出発は11時。
a0166196_15304876.jpg

石畳らしき登山路を歩く。
a0166196_15321386.jpg

大きな3枚葉はテンナンショウ属のムサシノアブミというらしい。
トウモロコシのような実がなっているのもある。
a0166196_15325811.jpg

幹回りが3mあるというクマノミズキの大木を過ぎる。
a0166196_15335537.jpg

3合目休憩ベンチ。切り払われた間から海岸部の集落が見える。少し霞んでいる。
今日のママは(背中に)弁当運び。
a0166196_15361510.jpg

気持ち良い自然林だが・・ジグザグに登ると頭から噴き出した汗が顔を伝う。
a0166196_153716100.jpg

ゆっくりと登って1時間ほどで分岐へ着く。ベンチには「せきんじ岐れ」と書かれている。石印寺=「せきんじ」なのだろう。
a0166196_15384196.jpg

一休みして鬼ケ城へ向かう。
フラットな登山路を進むと・・いが栗のケルンだ^^
a0166196_15393670.jpg

アオキのトンネルを過ぎる。
a0166196_15403463.jpg

見えてきた鬼小屋。
a0166196_15413458.jpg

地元の人たちが資材を持ち運び、1年半をかけて作られた避難小屋だ。
鬼ケ城らしく鬼面が飾られている。左は国東の修正鬼会で使われる面に似ている。
a0166196_1542595.jpg

小屋の近くにヤマボウシの実。
a0166196_15424614.jpg

ゲンノショウコ
a0166196_15431872.jpg

ヤマジノホトトギス
a0166196_15441878.jpg

小屋の南東斜面は山頂部に向かって広く伐採されているようだ。
a0166196_1545482.jpg

小屋を過ぎてロープ場の急登を頑張る。
a0166196_15491872.jpg

一旦フラットになったらいよいよ最後のキツイ登り。
a0166196_15502115.jpg

山頂へ飛び出す。
a0166196_1551881.jpg

草が刈られた山頂には北九州からの若い?ペアが休息中でした。
3等三角点あり。

PM2.5なのだろう・・遠くは霞んでいる。
向こうに2年前に登った竜王山。こちらの鬼ケ城が6mほど高い。
a0166196_15514297.jpg

響灘沿岸部方向。
a0166196_15522446.jpg

「八大竜王」の石碑あり。雨乞の神様だろう。となりの竜王山にも祀られていた。
a0166196_15531615.jpg

山頂写真。
竜王山にもあったが・・この山にも鐘がある。山頂に鐘がある山が山口に多いのはなぜ?
a0166196_15542963.jpg

蝶やトンボが飛び回って・・まだ蒸し暑さのある山頂だ。
昼食をいただいて一休みしたら下山開始。

せきんじ岐れ(分岐)からは一人で狩音山をピストンする。
最初のピークを越える。
a0166196_15555396.jpg

一旦下って植林帯を歩く。
a0166196_15564731.jpg

そのあと小ピークを2~3越えると山頂が近い。
a0166196_15575240.jpg

ひと登りで狩音山(かろうとやま・577m)山頂へ到着。
西が開けているが景色は霞んでいる。
a0166196_155853100.jpg

向こうは石畑峠方向・・
a0166196_15594225.jpg

一休みしてママが待つ分岐へ戻る。ピストン所要時間は35分ほど。
往路をぐんぐん下って登山口へ無事に下山。
a0166196_161576.jpg

自然林の気持ち良いジグザグ登山路、山頂直下の山らしい?急登、見晴らしの良い山頂・・・地域の皆さんに愛されていることが伝わるいい山でした。


石印寺登山口11:00→11:34三合目展望所→12:02分岐(せきんじ岐れ)→12:12鬼小屋→12:30鬼ケ城(昼食)13:04→13:17分岐→13:33狩音山13:38→13:51分岐→14:27登山口へ下山。
(所要時間≒3時間30分)
 登山口標高≒130m  延面距離≒6Km  累積標高差≒660m 
(GPSマップ)
a0166196_15281396.jpg


車で少し行けば川棚温泉郷。
元湯かけ流しの「ぴーすふる青竜泉」(420円)に入浴してさっぱりする。
瓦そば「たかせ」の誘惑を振り切って帰路につく。
Commented by のんびり夫婦 at 2016-09-12 18:27 x
こんばんは。
鬼ヶ城へ登られたのですね。
この山は趣があり、地元の方々のお蔭でよく整備され山頂からの展望が素晴らしく、海が近くで温暖なため私達も好きな山の一つです。
石印寺からのT字ピストンは楽しめるコースですね。 霞んでいなかったら展望が楽しめたのに。
登山口が沢山あり、竜王山を登られた吉見峠の反対側にもあり、このコースはピークを三つ登り返すので鍛われます。
川棚温泉の420円は大分からすると高い様でしょうが、こちらではこんなものですかね。
言われてみれば山口の山(それも下関方面)には、何故かケルンに鐘が多いようです。
Commented by kyuujitunituki at 2016-09-12 18:50
jinashiさん、こんばんは。
こちらが本当の健康フェアーですね!(^^)!
自然のパワーを少しだけお裾分けして頂き
健康そのもの!
昨日、由布岳へ行ってきましたが、山道にはヤマボウシの
実が沢山落ちていました。
天気も良く、これで今週は良い気持ちで過ごせそうです。
Commented by jinashi at 2016-09-12 21:27
のんびり夫婦さん~ 実際に歩いてみるとこの山の良さが伝わってきます。
お二人が何度も登られているのがわかります。
天気なら響灘や(もしかして)周防灘が望めるのでは、と思っていましたが・・ほんとはどうでしょう? 帰路は県40~県34と裏側?を通って帰りましたが・・こちらからの登山路もあるようでこの山群全体がなんとなくわかりました。
竜王~鬼ケ城はjinashiは遠慮させてもらいます^^
Commented by jinashi at 2016-09-12 21:31
休日さん~ ほんと、こちらが健康フェアでした^^
jinashiもそんな業界にいますけど、何よりも筋肉づくりとストレス排除が一番の健康づくりだと思っています。
自然の力を授かる山歩きに出会い、休日さんをはじめ多くの山仲間と出会えたことが一番の幸せです。
山口にもいい山がありますね。熊さんもいるようですが・・・
by jinashi | 2016-09-12 16:02 | 中国地方の山 | Comments(4)