祝島神舞(かんまい)~出船神事を見学  2016.8.20(土)

4年に一度、山口県上関町祝島で行われる神舞(山口県指定無形民俗文化財)の見学に出かけた。
2008年以来2度目となる。

2011年に山口県から国東半島に移住した北原慎二さんカレンダー「神舞」の絵。
a0166196_16355332.jpg

16日の出御祭(祝島では入船神事)から5日間にわたって行われた神舞も20日の出船神事でファイナルを迎える。
別宮社がチャーターした姫島フェリーに見学参加者200名?が乗船する。
(往復フェリー券は2000円。数か月前から別宮社総代に申し込んで購入する。)
a0166196_16364563.jpg

7時に出港。伊美港から祝島まで約50Km、2時間ほどの船旅となる。
a0166196_16371224.jpg

姫島灯台沖を通過。
a0166196_16374356.jpg

川崎汽船の自動車運搬船「HAWIIAN HIGHWAY」が近くを通過する。
調べてみたら・・2015年7月竣工。総トン数:75,126トン、全長:約200m、7500台積。(川崎汽船HPより)
a0166196_1638754.jpg

祝島が近づく。
a0166196_16384171.jpg

平さん高石垣の棚田(家)が見える。(ズーム)
a0166196_17231946.jpg

祝島の面積は7.67㎢、海岸延長は12km、かつては5000人いたという人口もいまは400人ほど。
島の真正面に建設予定の中国電力原発建設に対して、農水産物の放射能汚染や、貴重生物の生息保全などを主張した長い反対運動が続いたため、1980年代に神舞は2度中止されている。
祝島は万葉集では「伊波比島」(いはひしま)と表記されている。位置から見ても、祝島と上関港は、奈良時代から近畿と九州の国東半島を結ぶ最短の航路上にあたり、海上交通の要衝となる寄港地であったとされている。
先の7月27日、北海道からの帰路、伊丹~大分線ANA便で上空より撮った祝島。
a0166196_1640151.jpg

港のある本浦地区(祝島中心地)が近づく。
a0166196_16405428.jpg

小屋掛けされた仮神殿前の防潮堤に特別係留される。
a0166196_16413558.jpg

下船すると早速子供神楽の奉納が始まる。
a0166196_16421743.jpg

仮神殿を飾る「切飾り」。
祝島に祀られている15の神々と宮戸八幡宮の16神の字柄を400枚ほど切り抜いている。東西南北の四方神の絵柄96枚も下がっている。
a0166196_1813867.jpg

島民80人ほどで約15メートル四方の仮神殿の組み立てをする。かつては1日で終えたが、住民の減少や高齢化などで3日かかって完成したようだ。
仮神殿には切ったカヤを干して編まれた苫(とま)が使われる。かつては1軒2枚の供出で余るほどだったようだが、今は大変な作業のようだ。
a0166196_16425495.jpg

港から神殿までに2か所ある仮設鳥居。
a0166196_16435778.jpg

鳥居の大歳祭は「五穀の額」。大豆、小豆、ヤイナリ(緑豆)、黒ささげ、黍(きび)の5種(色)の小さな豆を並べて飾られて(作られて)いる。根気のいる作業だろう。
伊美別宮社から授かった種子が実ったことへの感謝を表している。
a0166196_16443095.jpg

祈願神楽では赤鬼に抱かれて泣き出す子供。
a0166196_16453669.jpg

この日一緒に参加した福岡県みやこ町豊津のOさんと一緒に集落巡りをした。
上関からも臨時便が着いた。
a0166196_1646229.jpg

びわ茶は島の特産品。
a0166196_16471525.jpg

地元の男性が練屏について説明をしてくれた。
a0166196_1648918.jpg

遊び心も・・
a0166196_16492081.jpg

シャギリ隊のおばさん? 笛太鼓三味線の賑わい行列隊も引き継がれている。
a0166196_1650084.jpg

仮神殿に戻るとほどなくして還幸出御祭が始まる。
a0166196_16504432.jpg

フェリーは13時に離岸。港外で行われる出船神事を見学する。
波止から見送る祝島の人たち。
a0166196_16513614.jpg

3艘の御座船に乗り移った神職と里楽師ら。
a0166196_16525226.jpg

海上神事を彩る2艘の櫂(かい)伝馬船が勇壮な舞を見せながら先導する。若者も少ないので町が派遣した職員もこぎ手に加わっているようだ。
a0166196_1654418.jpg

a0166196_1655399.jpg

a0166196_16553769.jpg

a0166196_1656548.jpg

a0166196_1715592.jpg

港外を3回廻る。
大漁旗をたなびかせてパレードに参加するお伴船。かつては100隻以上の漁船がお見送りしたという・・
a0166196_16563934.jpg

御座船の舳先に座した神職。
a0166196_16572351.jpg

お伴船は三浦湾ちかくまでお見送りする。
フェリーも祝島とお別れ。お互いに手を振って感謝の気持ち表し、4年後の再会を願う・・・
a0166196_1658984.jpg

国東半島が近づく。
16時を過ぎて伊美港へ入港、下船。
a0166196_16593474.jpg

猛暑の一日ではあったが、千年続く感動的な歴史絵巻を楽しむことが出来た。

島の人口減少はこの先神舞神事継続の厳しさに直面している。地域では原発問題も抱えているが・・・大切なものは何か、県境を越えて皆で考えていかなければならないだろう。
Commented by のんびり夫婦 at 2016-08-23 19:14 x
こんばんは。
今日の夕方の山口地方版ニュースで特集をやっていました。
1,100年続く神事だそうで、後はjinashiさんの内容でした。 もしかしたらって、約10分間TVを見入っていましたがお姿は出ませんでした。
4年に一度のインターバルも良さそうで、永く続いて欲しいものです。
昔は伝馬船で行っていたのも、今思えば凄いことです。
Commented by jinashi at 2016-08-24 08:49
周防と国東半島は古代から歴史文化や経済で一衣帯水ですね。NHKほか多くの取材が来ていました。ヘリも上空から・・
戦後まもなくの写真を見ると神舞では島は大変な人出でにぎわっていましたが・・ずいぶんさみしくなった感じです。
原発問題も水を差したのかも・・? 
Commented by あう at 2016-08-25 20:12 x
承平 天慶の乱、将門、純友の事は知ってますが、、それより古い時代からの髪舞なのですね。あ〜、菅原道真も生きてる時代だぁ。
Commented by jinashi at 2016-08-25 21:14
あうさん~ 元気そうですね!
国東半島の伊美別宮社は八幡様ですが・・近くの本家・宇佐八幡宮ではなく、その子?の京都・岩清水八幡から勧請しています。その途中の出来事がストーリーとなって今まで続いているのです。
あうさん・・じなしより歴史に詳しそう・・・
by jinashi | 2016-08-22 17:02 | 国東半島あれこれ | Comments(4)