雨ケ池ピストン 2016.7.17(日)

土曜日(16日)の午後からフリル(猫/5歳)の体調がおかしい。
食欲がなく歩きもよろよろして変。お腹を触ると嫌がって怒る。ウンチをしていない・・・
原因その① 金曜日(15日)の午後、開いた窓から脱走していた。外で何かを食べた?(道路に出なくてよかった)
その② ママがどこかで買ってきたマタタビ配合のおやつを3個ほど食べさせた。
土曜日の夜なので近くの動物病院もみな休診。一晩様子見をしたが、翌朝(17日)はだいぶ動きも良くなって食欲も出てきたので一安心。
原因は②か?(今日(18日)は元に戻って元気になっている)

フリルも一安心となったので小雨の中、家を出る。
9時を過ぎて長者原に着く。駐車場もいっぱい。
波状的に雨が降ったり止んだり・・・

しばし待機をしたが・・雨具をつけて出発。レーダーナウキャストでは間もなく雨雲は去りそうだ。
今日は三俣山(から坊がつるコース)を登るつもりだったが、遅くなったので雨ケ池を往復しよう。
9時51分。長者原標高≒1040m。
a0166196_13552585.jpg

小雨のタデ原木道を進む。
a0166196_1356779.jpg

テン泊の大きなザックを担いだペアと前後して・・樹林帯を緩やかに登る。
そうだ、明日は海の日で3連休なのだ。
a0166196_14292839.jpg

タマゴタケ
a0166196_13565521.jpg

ヤマアジサイ
a0166196_13573166.jpg

指山への分岐を過ぎると青空も見えてきた。かなり汗も出てきた。
a0166196_13582137.jpg

ショウジョウバカマの葉。
ヤシの木のような形をしたドバイのリゾート島を思い出す。~行ったことはありませんが^^;
a0166196_13591395.jpg

急坂をひと登りでベンチのある休憩ポイント。長者原を望む。
a0166196_1402798.jpg

ここからフラットな登山道となる。
木道が現れて雨ケ池へ着く。長者原から1時間40分ほど。
a0166196_1422424.jpg

季節の花々にご挨拶。
これからの主役? 
初見です!少女のようなマツムシソウ
a0166196_1432279.jpg

シモツケ
a0166196_1435832.jpg

ママコナ
a0166196_1444190.jpg

早くも・・フクオウソウ
a0166196_1452394.jpg

オカトラノオ
a0166196_146159.jpg

キスゲ
a0166196_1463488.jpg

アザミとヒョウモンチョウ
a0166196_1474338.jpg

北側の池にさざ波。風の芸術。
a0166196_1484266.jpg

雨ケ池と三俣山。
a0166196_14101880.jpg

下山時にファミリーが一休みするベンチでティータイム。
木漏れ日の復路ではまだ次々と登山者とすれ違う。
タデ原に戻る。
a0166196_14113688.jpg

タデ原で花散策。
あちこちにハンカイソウが群生している。
a0166196_14123264.jpg

ノハナショウブ~雨ケ池ではまだ早かった。
a0166196_14134127.jpg

クサレダマ
a0166196_14141828.jpg

チダケサシ
a0166196_1415071.jpg

シモツケソウ
a0166196_14161585.jpg

ヒメユリ~今年は山友ブログで眺めるばかりだった。
a0166196_14164835.jpg

a0166196_14172481.jpg

コバギボウシ
a0166196_1418311.jpg

ヒゴタイ~これから色も深まる
a0166196_14184582.jpg

星生山方向。
a0166196_14194971.jpg

長者原へ戻る。
a0166196_14204979.jpg


帰路に友人奥さまのお見舞いに某病院へ立ち寄る。
帰りつくとフリルが元気に待っていた043.gif

長者原スタート9:51→10:51指山自然観察路分岐→11:27雨ケ池12:16
→13:09タデ原湿原→13:38長者原下山
 歩行時間≒4時間  歩行距離≒7Km  標高差≒420m
(GPSマップ)
a0166196_1423429.jpg

Commented at 2016-07-18 14:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinashi at 2016-07-18 18:12
休日さん~ そうだったのですね!
少しベールが剥がれて?来ました^^
後半いい天気になってきて、くじゅうの夏山を大いに楽しまれたことでしょう。
いーさん、外西さんといい出会いでしたね!
梅雨明けしたら・・やはり高いお山が良いですね。
Commented by seiko at 2016-07-19 08:53 x
一年中 くじゅうを何度も歩けて羨ましい限りです。
来年 も一度行きたいと提案しているところです。
Commented by jinashi at 2016-07-19 12:50
seikoちゃん~ お久しぶりです。
大分に生まれてよかったのは九重山、祖母傾そして由布鶴(今は登れませんが・・)などの名山があること。そして下山後の温泉が迷うほどあること・・でしょうか^^
とりわけ九重連山は4シーズンいつでも楽しめるところがいいです。元気なうちにせっせと登っておきましょう。
10月広島の返信をしておきました。(勝手ながら^^;)翌日には中国地方の名山登りをしたいな!・・なんて思っているところです。
Commented by tukifune83 at 2016-07-19 20:44
初めまして!月船物語、妻の水月と申します。いつも楽しく読ませて頂いております。m(_ _)m
フリルちゃん、無事でホッとしました。最初、読み始めた時にはもう、胸がドキドキして読み進めるのが怖かったです…。(;_;)

フリルちゃん情報も勿論ですが、山に可憐に咲いている様々なお花の美しい写真もとても楽しみにしております。何より、お花のお名前を書いてくださるので本当に助かっています。
これからも主人共々、よろしくお願い致します。(^_^)
Commented by jinashi at 2016-07-20 09:44
水月さん~ いつも月船のお二人でご来訪いただきありがとうございます。
ハアハアいいながら登り、季節の花に出会うとふっと幸せになります。
厳しい自然の中を耐えて開いた花はシンプルな美しさです。
神社巡りも楽しみに見させていただいています。これからもよろしくお願いします。
Commented by お宮 at 2016-07-21 10:02 x
もうマツムシソウが咲き始めてるんですね!
夏の花のシーズンですね。坊ガツルどころかくじゅうには長く行ってませんね~。
くじゅうに行く相棒さんがギックリ腰発症でしばらくムリかも。
ミヤマもですが今年はいろんな意味で「当たり年」なのかもしれません(笑)。
Commented by jinashi at 2016-07-21 18:29
お宮さん~ 梅雨明け10日といいますが・・連日猛暑が続きますね。
九重山は平地より10度ほど気温も低く、この時季はつい足が向いてしまいます。
まだ小学生のようなマツムシソウを一つだけ見っけました。ほかの九重の花々も今年は順調らしく、タデ原のヒメユリもかつてなく多いようです。
ぎっくり腰のNさん?お早いご回復をお祈りします^^
by jinashi | 2016-07-18 14:25 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)