宇佐のマチュピチュを登る! 2016.7.10(日)

梅雨前線が九州南部に停滞して今日も天気は微妙?
早朝からの神社清掃奉仕を終え・・さて、どちらのお山へ。
 
合同新聞「大分のかくれた名山たち」で見た宇佐市院内のマチュピチュへ登ってみよう。
(調べてみたら5月19日(木)の夕刊に載っていた)
ママはクラス会で福岡行きのため一人登山です。

 秋葉様の山(あきばさまのやま・460m) 大分かくれ名山

新聞を見るまで宇佐のマチュピチュが秋葉様の山と呼ばれ、登れるとは思はなかった。
(下山後に展望台から望む)
a0166196_16145726.jpg

本物のマチュピチュ(ネットより借用)
a0166196_1615367.jpg




朝9時を過ぎてR387の展望台へ着くと、ガスでマチュピチュは見えない。
a0166196_17181651.jpg

マチュピチュ登山は後回しにして、(草原の山で季節の花々に出会えそうな・・)日出生台の黒岳へ向かう。
R387の日出生台ダムを過ぎた上石飛から入り、県道409の堤へ出て西へ向かう。
このあたり一帯は西日本最大の陸上自衛隊日出生台演習場だ。
a0166196_16201770.jpg

高台から見る日出生台高原。向こうは福万山。時にドーンと大砲?の音も聞こえる。
a0166196_16211240.jpg

よっちゃんさんHPで見た黒岳登山口の「鼻牟礼峠」への入口が(茂る夏草のため?)わからず右往左往する。
アンテナが立つ当たりが黒岳山頂なのか?
a0166196_16215335.jpg

麓の草も最近刈り取られたようで、よく見ると牛さんご一行が放牧されている。(ズーム)
黒岳登山は牧場主への承諾を得たほうがよさそうだ。
a0166196_16223082.jpg

黒岳登山はあきらめて日出生台周辺をしばしドライブしたら・・マチュピチュ山へ戻る。
R387の和田平バス停前から山道へ入る。(その先宇佐市寄りは和田平トンネル)
a0166196_16232719.jpg

600mほど先のY字を左折して未舗装の荒れた作業道を300mほど進むと広場に着く。ここが登山口。
駐車場所から北に電波塔への舗装路が続く。三角点「南畑台・532.8m」がある。
a0166196_16251198.jpg

南に向かって山へ入る。12時2分。ここの標高≒530m。
a0166196_16262731.jpg

クヌギ林をすぎて小ピークを左へ向かう。
a0166196_16272350.jpg

ゆるやかに下ってまた登る。
a0166196_16282717.jpg

赤テープもしっかり付いていて進路もわかりやすい。
a0166196_1629323.jpg

下ったところからさらに大きく下り始める。右下から川の水音が聞こえる。
a0166196_1630434.jpg

大岩が現れてくる。
a0166196_16314197.jpg

下り終えた鞍部から登り返しにあるヌタ場(猪の水浴び場)。
a0166196_16324828.jpg

ここから前峰への急登が始まる。
すぐにウリ坊2~3匹に遭遇。カメラを構えると逃げられた。
前峰ピークあたり。
a0166196_16342010.jpg

一旦下って登り返すと山頂部が見えてくる。
a0166196_16352398.jpg

火伏の神様と言われる秋葉宮石殿(文化14(1817)年8月13日建立)の前で山頂写真。12時30分。
山頂の標高は460mなので登山口から70mほど下ってきた。
a0166196_16365375.jpg

S.Yさんの山名木札(H28.5.20)が下がっていた。5.20ということはS.Yさんは新聞にでた翌日に登っている。なんという行動力!
じなしもS.Yですが・・・
a0166196_16382145.jpg

山頂からはほぼ展望は無し。僅かに院内町来鉢あたり?の圃場が見えた。
a0166196_1639516.jpg

往路を戻る。登りが続いて汗が流れ落ちる。
途中の大岩から対岸の断崖を見る。
a0166196_1640097.jpg

復路の赤テープはクロスしている。
大分アウトランド山岳部の方による下山のコースマークという意味でしょうか?
a0166196_16413617.jpg

往復1時間足らずで無事下山。
「登りは下り、下りは登る」~宇佐マチュピチュの山でした。
a0166196_16442781.jpg

下山後に新しくなったマチュピチュ展望台へ。
a0166196_1645582.jpg

展望台からの画像で・・大体のコースです。
a0166196_16163239.jpg


登山口スタート12:02→12:23ヌタ場→12:28秋葉様の山(山頂)→12:57下山
 距離=1.46Km  累積標高≒180m
(GPSマップ)
a0166196_16174938.jpg

a0166196_16181281.jpg





帰路に宇佐神宮菱形池を散策した。
a0166196_16473441.jpg

池傍にある境内末社・木匠祖神社(もくしょうそじんじゃ)。宮大工・寺大工・桧皮師・塗師の職人達と、近郷近住の職人の守護神。
a0166196_16484936.jpg

古代ハスも見ごろ。
a0166196_16492978.jpg

コウホネにとまる蝶。
a0166196_1650849.jpg

a0166196_16505015.jpg

境内末社・水分(みくまり)神社。水を司る五神を祀る神社。
a0166196_16532753.jpg

静止中の赤トンボ。ショウジョウトンボか?
a0166196_16573618.jpg

欽明天皇の29(569)年、宇佐神宮境内の菱形(ひしがた)池のほとりの泉のわくところに、ひとつの身体に八つの頭という奇異な姿の鍛冶をする翁があらわれて、この姿を見た者はたちまち病気になったり死んだりしました。大神比義(おおがのひぎ)が見に行くと老人の姿なく、かわりに金色の鷹(たか)が見えました。比義が『誰かによって鷹に変えられたのか、自分の意志で鷹になったのか』と問うと、鷹は金色の鳩(はと)となって比義の袂の上にとまりました。神が人を救済されようとして自ら変身されたことを知った比義が、3年あまり断食をして祈り続けたところ、ついに欽明天皇32(571)年2月初卯の日に、この泉のかたわらの笹の上に光かがやく3才の童子があらわれ『われは誉田の天皇広幡八幡麿(ほんだのすめらみことひろはたのやはたまろ)なり。わが名は護国霊験威力神通大自在王菩薩(ごこくれいげんいりょくじんつうだいじざいおうぼさつ)で、 神道として垂迹せし者なり』と告げられました。そしてたちまち黄金の鷹になって駅館川(やっかんがわ)の東岸の松の上にとどまったといわれます。 そこに和銅元年(708)鷹居社をつくり八幡さまを祀り、のち霊亀2年(716)小山田の林に移られ、ここに小山田社を造営。神亀2年(725)年に現在の社地、亀山(かめやま)(菱形(ひしがた)山とも小椋(おぐら)山ともいう)に移されて八幡大神様が鎮座されたのが宇佐神宮の創立です。(宇佐神宮HPより)
a0166196_1659215.jpg


7月29日(金)~31日(日)には御神幸祭(夏越祭)が行われる。
4年前の宇佐神宮夏越祭り
Commented by のんびり夫婦 at 2016-07-11 17:46 x
蒸し暑い日でしたが、雨が落ちなかったらお山ですね。
隠れ名山は各地にあるようで、行かず嫌いなことが多いです。
長い歩きだと登山口が高い位置にあり、下りに登るのは気持ちが負けそうです。
湿原は何かしらありそうなので好きです。
私もS.Yですが私が付けたものではありません。
Commented by jinashi at 2016-07-11 21:04
のんびり夫婦さん こんばんは。
そういえば^^同じS.Yでしたね!
このところ天気や行事でしばしお山は休み中でした。 昨日どうしたものかと思っていましたが・・出て行って良かったです^^ 不快指数最高値登山でしたが、やはり登らんといけませんね! 下り登山は数度目ですが・・これもまた試練? 登山口へ戻るとエンドルフィンが沸き上がってきました。
この秋には右田ほか中国山地山を登りたい!・・と密かに思っています。
その節にはご指導のほど、よろしくお願いします。
Commented by トトロのとなり at 2016-07-11 23:04 x
去年安心院に行った帰りにその「マチュピチュ」を見てみよう、と思ってネットで場所を検索してナビの示すあたりに行って何度か国道を往復して探したのですが、どこにもマチュピチュらしき岩峰が見当たらなくてあきらめました。たぶん本物とそっくりの峰を念頭に置いていたので見過ごしたのでしょうね。これくらいの岩峰なら延岡市の比叡山のほうがらしいかも。
Commented by お宮 at 2016-07-12 00:29 x
宇佐のマチュビチュ、登れるんですね!
先日の帰りに展望所から眺めたばかりでした。まさか登れるとは思ってませんでした。
さすがじなしさん、良い山に目をつけられましたね!

やっとパソコンとプリンターが繋がりスキャンできるようになりました。
さっそくトンテンカンの家のパンフをスキャンしてブログにアップ、宣伝しときましたよ(笑)。
Commented by jinashi at 2016-07-12 10:08
トトロのとなりさん~ 比叡山あたりにも似たような山はありそうですね。
ですが・・・ここからあの山を見ていち早く「宇佐のマチュピチュ」と命名して売り出した地元人が素晴らしいです。今では立派に展望所が整備されていてR387を通る車が多く立ち寄っています。またついでの折に見てやってください。
 似てる似ていないは見る人次第です^^
Commented by jinashi at 2016-07-12 10:13
お宮さん~ 不快指数の極めて高い日に、つらい下山の登り鍛えられました。登れるとは思わなかったのですが、見ると登るとでは印象は違います。
これから通るたびに思い出すでしょうね。
トンテンカンの家の宣伝、ありがとうございます! 海も山も近い・・世界農業遺産の里、国東半島でたくさんの方が充実した田舎暮らしをしていただけると嬉しいです。
九州百も着々とすすんでいますね!
Commented by higetias at 2016-07-12 13:25 x
じなしさん、こんにちは。
宇佐のマチュピチュは秋葉様の山と呼ばれているのですか。
院内や国東に向かう途中でいつも展望所から眺めていましたが、下れる?山とは知りませんでした。
展望台が地震前に新設されたと聞いていたのですが、6月(鋸山)は別ルートを通ったので見ていませんでした。
立派な展望台になっていてびっくりしました。
10日は蒸し暑かったですね~^^;
Commented by jinashi at 2016-07-12 18:09
higeさん~ 不快指数ムシムシ登山のこの頃ですね。
感想は・・登る山ではなく、やっぱり「見る山」であまりお勧めではありません。が、いい汗?をかかせてくれました^^
展望台には立派なトイレもできていました。
夏の花がどんどん咲き始めてきましたが。higeさんたちのblogで楽しませていただいています。
Commented by へんろみち大将 at 2016-11-07 18:50 x
ココ登れるとは知りませんでした。
この西椎屋の集落も不思議で何度か通いました。
何かあるかと・・・(--;)

素敵なレポートありがとうございました。^^
Commented by jinashi at 2016-11-08 08:23
大将さん おはようございます。
マチュピチュの山は・・やはり見る山のようでした。
どうしてあんな辺鄙な山頂に火伏せの神様(秋葉社)を祀っているのでしょうか?
もっとよく見れば異相もあったかもしれませんね^^
Commented by へんろみち大将 at 2016-11-09 19:08 x
お邪魔します。
ようやく、禁教キリシタンの理解が進んできてるように思います。
最近いろんな方とお話ししていてよく分かります。
由布岳の山頂に450年前に金色の大十字架があって豊後の各地から見えたのは有名な話ですが、異教にとても縁のあるある地区の山頂に大きな祠があり○金(金毘羅さんのマーク)と大きな十字架がありました。

アルメイダにも縁のある場所です。
ブログにアップしますのでお待ちください。^^
秋葉神社も何かと「縁」がありそうですよね。
お邪魔ごめんなさい。
Commented by jinashi at 2016-11-10 09:34
大将さん~ 先日行った葛原(文殊山下)岩場の絶景ポイントにも金毘羅大権現の大きな石塔が立っていました。じっくり見ればそのようなものかもしれません。
アルメイダに縁ある〇金、楽しみです。
by jinashi | 2016-07-11 17:10 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(12)