祭りのあとの九重山~バイカツツジとホオジロとカシュガルくん  2016.6.26(日)

5週ぶりに晴れの日曜日となる(^^)!
こんな日を五月晴れ(俳句季語)というらしい。
静かになった?くじゅうへ初夏の花たちに出会いに行こう。

往路の塚原から見る由布岳の崩壊地。
マタエより上は東峰西峰どちらも亀裂や崩壊が起きていて、とても危険な状態だという。
山頂部では今ごろヤマオダマキが開花しているはずだ。
由布岳にはしばらく、いやもしかしてもう登れないかもしれない。
a0166196_1617745.jpg

やまなみハイウエイは朝日が射して久々に心地よいドライブとなる。
ところが・・牧ノ戸に着くとガスっていて少し肌寒い。
それでも久しぶりの晴れの日曜日で登山者も多い。

 中岳(1791m) ~ 15回目
  天狗ケ城(1780m)~ 10回目

出発は7時24分。これから天気も良くなってくるはずだ。
a0166196_16211630.jpg

ブロッコリー丘近くでは10mほど前で小鳥がしばし美声を聞かせてくれた。調べてみるとホオジロのようだ。
さえずりの節回しは独特で「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー」などと聞こえる。この鳴き声の聞きなしとして「一筆啓上仕候」(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)「源平つつじ白つつじ」などが知られている。(wikipedia)
 →その鳴き声
a0166196_16183394.jpg

扇ケ鼻分岐の手前で5月15日にタデ原で出会ったカシュガルくんが追い付いてきた。
a0166196_1619157.jpg

すぐあとに、(赤毛日記の)なおさん、(くじゅうを山歩の)sanpoさん、(ららら山びより♪の)yumiさんたち下山途中の朝駆けご一行様と1年ぶりに出会う。
このガスで「撃沈」かと思ったのだが、強風の天狗山頂で夜明けのショータイムを楽しまれたようです。

扇ケ鼻分岐。
a0166196_16194122.jpg

晴れてくれそうもない西千里浜(やや不安)・・・気温は14度。
a0166196_16201890.jpg

星生崎下でH田さんと出会う。ガスが晴れそうもないので下山するそうだ。
避難小屋前でしばしのカフェ&おやつ休止も晴れそうにない(だいぶ不安)。

去年9月以来の中岳へ向かう。久住分かれあたり。(もうほぼあきらめ・・)
a0166196_1622503.jpg

空池手前ですこし明るくなったような・・
間もなくノリウツギの白い花が一面を埋めつくすだろう。
a0166196_16234980.jpg

a0166196_16242431.jpg

水を溜めた空池を初めて見る。時々ガスも晴れるようになる。(もしかして・・・)
a0166196_16251541.jpg

水位が上がって満タン?の御池へ上がると背中(久住山方向)から強風が吹きぬける。
a0166196_1626023.jpg

突然、ガスが晴れてきて中岳が顔をだす! How amazing!
a0166196_16263663.jpg

天狗方向。
a0166196_1629964.jpg

中岳を登る。
a0166196_16295312.jpg

強風の山頂から大船山方向。
一面ピンク色に染まっていた山肌も深緑に代わっている。
a0166196_16314463.jpg

稲星山方向。
a0166196_16322963.jpg

大船山を向いた風裏で・・夏空にお似合いのソーメンランチ。
a0166196_16331111.jpg

天狗ケ城へ向かう。久住山方向。
a0166196_1634150.jpg

天狗ケ城山頂。
a0166196_16343932.jpg

これがエメラルド色?
a0166196_16354119.jpg

真っすぐに下山。
扇ケ鼻分岐から下山ラッシュに巻き込まれて?・・無事に牧ノ戸へゴール。
a0166196_16362791.jpg

お祭りのようなミヤマキリシマ登山からわずか3週で九重山も深緑の夏山に変身していた。
この先、夏の花々も次々と登場してきていよいよ賑やかになってくるだろう。


牧ノ戸登山口スタート7:24→8:56扇ケ鼻分岐→9:45避難小屋前(休憩)10:14→11:03中岳(昼食)11:42→11:57天狗ケ城→13:51牧ノ戸へ下山
 距離=10.4Km

(GPSマップ)
a0166196_16414631.jpg


バイカツツジ
a0166196_16383541.jpg

a0166196_16391010.jpg

シモツケ
a0166196_16393950.jpg

アセビの実
a0166196_16402148.jpg

シライトソウ5兄弟
a0166196_16405999.jpg

Commented by kyuujitunituki at 2016-06-27 19:07
jinashiさん、こんばんは。
緑に染められた九重連山は綺麗でしたね!(^^)!
私も昨日は、散策中でした。
カシュガルくんと言うんですか?
私が、西千里浜から久住分かれへ上がって来た時に
休憩中でしたよ。飼い主さんとは、頭を下げただけの挨拶となりました(笑
牧ノ戸からは多くの方が登られていましたね。
バイカツツジも見れて良かったですね。
後で、アップします。
Commented by cnogmai8255 at 2016-06-27 21:58
jinashiさん、こんばんは。
日曜日はまさか会えるとは思っていませんでした。
去年、初めてお会いしたのも今頃ですね♪
そうめんは寒く無かったですか?
私はカップヌードルを食べながら震えていました。
またくじゅうでお会いしましょう☆
Commented by なお at 2016-06-28 07:06 x
jinashiさん
こんにちは。あの後晴れ間が見えたんですね。よかったです。
下山後、男池の空は青かったので山頂はどうかなぁ~と思ってたんですよ。
Commented by のんびり夫婦 at 2016-06-28 07:25 x
日曜日は冷んやりとしたお天気でしたが、歩くには気も良い一日でしたね。
ガスが取れ、やはり九重の景色です。
沢山のお友達に会われて、これも山の楽しさの一つです。
山ランチのソーメン、私も夏はこれですよ。 微冷凍して冷たく食べるのが好きです。
梅雨が終われば暑くなりますね。 この夏は何処に行こうかな。
Commented by tukifune83 at 2016-06-28 07:45
ご無沙汰しております。
中岳・・懐かしく拝見しております。
父に連れられて良く登った所でして(笑)
もう、ルートも忘れてしまってますが、機会があれば又行きたいです!!
Commented by tinnan1515 at 2016-06-28 09:05
jinashiさん、おはようございます。
今回はサプライズではありませんでしたが、同日私は坊がヅルでした。
梅雨の合間のこの日は山日和になり良かったですね。ソーメンランチとても美味しかった事でしょう。
Commented by jinashi at 2016-06-28 10:05
休日さんも同じコースだったのですね。
カシュガルくんとは空池までほぼ一緒でした。避難小屋前で休憩中だった私たちの前を休日さんは通られたのでしょう。
昼前には天気になって・・久々にくじゅうの絶景を楽しめましたね。
Commented by jinashi at 2016-06-28 10:12
sanpoさん~ 1年前を思い出していたら・・皆さんとばったりでした^^場所もあのあたり・・不思議ですね。 
どこかでryonaさんともすれ違ったのでしょうね。
陽が射してもすこし肌寒いくじゅうでした。ソーメンよりカップメンの日でしたね。
バイカツツジ、かわいいです! シライトソウ5兄弟もグッドでした^^
Commented by jinashi at 2016-06-28 10:20
なおさん~ カシュガルくんパパ?となおさんのことを話したすぐ後に(不思議なほどの)ばったりでした^^ 
これまでも御池あたりでいっぺんに晴れ渡ってきたことが何度かありましたが・・やはり山は見晴らしがよいのが良い?です。
梅雨が明ければ朝駆けが涼しくてよろしいんでしょうね。気力も無くなりつつありますが・・また挑戦してみたいです。
Commented by jinashi at 2016-06-28 10:27
のんびり夫婦さん~ 沓掛まで夏の恰好でしたが寒くて雨具の上を着ました。
早朝登ったみなさんはあきらめ下山が多かったようですが、私たちはゆっくり登ったのでちょうどよいタイミングでガスが晴れてラッキーでした。
連山が見えてこそ九重は素晴らしいです。
ソーメンは初めてでしたが・・この夏は定番になりそうです^^
Commented by jinashi at 2016-06-28 10:37
tukifuneさん~ 休日には牧ノ戸からはたくさんの登山者です。一緒に歩けば久住山や中岳に行けますよ^^ 一日歩けば幸せな気持ちになれるでしょう。下山後には温泉もたくさんあります。
ファミリー登山も多いです。ぜひお出かけください。
Commented by jinashi at 2016-06-28 11:04
うすきさん~ くじゅう花めぐりだったのですね!
花々に陽が射して素晴らしです。
四季おりおり・・天気の良い日のくじゅう歩きは最高ですね。
ソーメンランチ、暑くなればもっと美味しくなりそうです^^
by jinashi | 2016-06-27 16:43 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)