ミヤマキリシマ真っ盛りの星生山&扇ケ鼻 2016.6.5(日)

(扇ケ鼻北斜面で)
a0166196_14164164.jpg


今年のくじゅう連山はミヤマキリシマの花付きがすばらしく、山々はピンク色に染まっているらしい。
今日は大船山で第64回くじゅう山開き神事が行われるが、あいにく前日より天気が崩れて(梅雨入り宣言)今日も一日ぐずつきそうだ。(先週日曜も雨で予定していたくじゅうミヤマ偵察登山が出来なかった)
平治~北大船~大船の深山霧島ゴールデンラインの混雑を避けて、星生~肥前~扇のトライアングルを歩いてみよう。

 星生山(1762m) ~10回目
 肥前ケ城(1685m) ~4回目
 扇ケ鼻(1698m) ~11回目

長者原は車も多いが普段の日曜日並みか・・。牧の戸へ着くと駐車場所もまだ余裕がありそうで、交通整理の九重町職員?の方もやや手持無沙汰のようだ。
午後から降水確率も下がるようなのでしばし車中待機。
雨具を付けて・・出発は8時19分。気温14度。
a0166196_14295656.jpg

前後に登山者を見て霧雨の沓掛山を登る。
滴る季節の花々を愛でる。
サワフタギ(沢蓋木=沢におおいかぶさるように生い茂るから)
a0166196_14203730.jpg

ベニバナニシキウツギ
a0166196_1421332.jpg

ドウダン白
a0166196_14213291.jpg

ツクシドウダン
a0166196_14223229.jpg

扇ケ鼻分岐へ到着。
a0166196_1423717.jpg

H田さんと合流して星生山へ向かう。
下池塘から入って南西尾根を登る。
a0166196_14241737.jpg

ウスノキ
a0166196_14245376.jpg

ミヤマビャクシン(深山柏槇=大分県レッドデータブック掲載)に若緑の新芽。
a0166196_14252385.jpg

山頂南斜面の岩場に広がるミヤマの花畑もガスで乳白色に滲む。(レンズに露もついていた?)
a0166196_142663.jpg

a0166196_14281567.jpg

以前に何度か登った星生新道の北尾根あたりも見事に色づいていることだろう。
山頂写真。霧雨でメガネが曇った男性から撮っていただきました^^
a0166196_143018100.jpg

西千里浜でH田さんとお別れ。
星生崎手前から肥前ケ城へ向かう。緩やかな尾根を進むと見えてくるおにぎり岩(勝手に命名)
a0166196_14272611.jpg

ひとのぼりで肥前ケ城山頂。くじゅうで一番マイナーなお山?
a0166196_1431746.jpg

シロバナミヤマキリシマ~やや終盤?
a0166196_1432140.jpg

a0166196_14323017.jpg

H田さんから扇ケ鼻がすばらしいと聞いてすぐに向かう。
扇ケ鼻斜面に桃色絨毯が広がる。うわぁ~
a0166196_14342191.jpg

a0166196_14351652.jpg

a0166196_1437714.jpg

a0166196_1437516.jpg

山頂へ向かう両サイドもまだ蕾がいっぱい。
a0166196_14383134.jpg

雨も上がった扇ケ鼻山頂はこの時季大賑わい。山頂写真のあと岩陰で昼食。
a0166196_14452720.jpg

再び花畑を通って下山。まだ多くの登山者とすれ違う。
沓掛手前からガスがとれてきてクリアな景色となる・・・
ナベ谷から猟師岳方向。
a0166196_14393880.jpg

コツクバネウツギ
a0166196_14402234.jpg

ドウダン赤
a0166196_14215992.jpg

沓掛の岩場から牧ノ戸を見下ろす。
a0166196_14422120.jpg

その岩場の横にずり落ちそうな大岩。
今回の地震によるもの? 通行時にはご注意ください。
a0166196_1443717.jpg

満ち足りた気分で無事下山。
a0166196_14435369.jpg


今年は全山虫害もなく、久々にすばらしい開花となって多くの登山者で賑わっている。
天気が良ければ星生山からピンク色に染まる扇ケ鼻の絶景が楽しめただろう・・・
平治岳~北大船山に負けず劣らずのミヤマキリシマ咲きっぷりに大感動でした。


牧ノ戸Pスタート8:19→9:54扇ケ鼻分岐→10:45星生山11:00→11:21西千里ケ浜→11:43肥前ケ城
→12:39扇ケ鼻12:58→14:26牧ノ戸Pへ戻る
 距離=9.6Km 

(GPSマップ)
a0166196_1445249.jpg

Commented by kyuujitunituki at 2016-06-06 16:51
jinashiさん、こんにちは。
生憎の雨模様でしたね。
梅雨に入りましたので、雨とのコラボが多くなりますね。
来週には行けそうなので、娘と同じようなコースをと思っています。皆様のブログを見て、花付きも一安心です。
Commented by のんびり夫婦 at 2016-06-06 18:59 x
こんばんは。
やはり行かれましたね。
今年は抜群の大当りのようで偵察のお蔭で情報沢山いただき、思い切ってお休み取りよいミヤマ鑑賞登山が出来ました。
昨年が悲惨な状況だっただけに、このギャップに感激しました。
霧の中でしっとりしたミヤマやお花達もいいものです。
帰ってから皆さんの訪問したら、かなりの方が登っておられました。
暫くは梅雨空見ながら、隙間を縫っての山行となりそうです。
Commented by jinashi at 2016-06-06 21:10
休日さん~ このところお忙しそうですね。
振り返ると、充実して仕事に打ち込める時が一番幸せな時だったように思います。
そんなときの休日に娘さんと九重登山はすばらしい思い出になるでしょう。
来週もまだまだ見ごろは続くでしょう~今年のくじゅうはミツバチも大忙しのようです。
お肌もしっとりする梅雨入りと・・いい方に思いましょう

Commented by jinashi at 2016-06-06 21:13
のんびり夫婦さん~ この季節はやはり毎週くじゅう詣ですね。
去年のあの惨事?を見るにつけ、どうして今年は大当たりになったのか・・自然て不思議です。
平治~大船と対峙したこちら側・扇ケ鼻のジュウタンも見ものでした。
今年は大船山で山開きでしたので(雨模様もあって)牧ノ戸はやや静かな登山口でした。
Commented by higetias at 2016-06-06 21:42 x
じなしさん、こんばんは。
雨の中混雑を避けてのコース選択でしたね~^^
雨粒を付けた花もいいものですね~。
ミヤマだけではなくほかの花々にもちゃんと目を向けておられてさすがです。
扇の白花は見逃しました~^^;
Commented by jinashi at 2016-06-07 09:41
higeさん~ 梅雨入りしましたね。
霧雨程度はいい方でしょう。
口コミ?なのか、扇ケ鼻もたくさんの登山者で溢れていました。
こちらにヨウラクさんがいらっしゃるとは知りませんでした・・
Commented by お宮 at 2016-06-07 11:40 x
今年は素晴らしい花つきになりましたね!
扇ヶ鼻きれいです~。惚れ惚れします。肥前ヶ城は咲いてないようですね。
晴れれば最高なんでしょうけど今の季節は仕方ありません。
雨男の私が行ってた訳ではないですよ(笑)。

今月後半に大分の山におじゃまします!雨降らなかったら。
Commented by jinashi at 2016-06-07 13:02
お宮さん~ くじゅう通いも十数年、今年は最高の花園でした。
地震で驚いてシャク君も退散か!?などの会話もチラホラ聞かれました。
ミヤマが終わってもくじゅう夏山もいいですね。
お宮さん、このところおとなしくされているようですが・・・今年はくじゅうへは?
Commented by cnogmai8255 at 2016-06-07 13:19
jinashiさん、こんにちは。
牧ノ戸からだったのですね。私もそっちの方が良かったのですが皆さんピンクの南壁が見たかった様で先週と同じコースになりました^^;
でもピンクの壁はうっすらと輪郭が見えるだけでした><
今週は牧ノ戸方面へ行こうと思っています。晴れてほしいですね^^
Commented by jinashi at 2016-06-07 14:59
sanpoさん~ ピークを一度はこの目で・・わかります!
南壁は白骨化ゾーンもあってピンクジュウタンはしばらく望めそうもないでしょう。
週末の牧ノ戸コースはまだ十分観賞できるでしょう。良い天気になればいいですね。
バイカさんも気になって様子見してきました^^
Commented by へんろみち大将 at 2016-06-08 21:20 x
扇が鼻のミヤマキリシマは
いつも赤川温泉から登ります。

とても近くて楽勝ですよ(^^)
なかなか登山できないのですが
とても美しいものを拝見させていただきました。
Commented at 2016-06-09 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinashi at 2016-06-09 10:39
大将さん~ 赤川登山路もじなしの好きなコースです。
高度が上がると久住高原が広がり、祖母傾連山がよこたわるさまはすばらしいです。
大将さんもたまには天気の日にくじゅうのショートコースなどいかがでしょうか?
梅雨入りで雨の日曜日がつづいています(>_<)
by jinashi | 2016-06-06 14:50 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(13)