高千穂の天香久山へ 2016.4.30(土)

先月18日には奈良橿原市の大和三山巡りであの有名な?天香久山へ登った。
以前から気になっていたが、神話の里高千穂にも同名の天香久山がある。

高千穂はニニギノミコト天孫降臨伝説の地であり、その子孫カムヤマトイワレヒコノミコト(神武天皇)は大軍をひきいて東に向かい大和を平定したといわれる。高千穂と大和はつながっているのだ。
(ニニギノミコトが降臨したという高千穂の二上山も大和の葛城市に同名の山がある・・)

五葉岳を下山して高千穂温泉へ向かっていたが、時間はまだ15時・・・。  
明日に予定していた天香久山へ急遽登ることにする。辻本さんの HP大分の山登山記を参照する。

R218から県7へ入り天の岩戸神社手前を岩戸温泉方向へ左折し、猿伏と岩戸を結ぶ舗装路(へんろ道)を進む。峠あたりの崖下に「19・22番へ、木おとしの茶屋」の標識がありその下に「天香久山へ」の標識もある。

 天香山(605m) 
 天香久山(599.7m) ~高千穂町の里山

崖につけられた急階段を登る。15時38分。
a0166196_9193444.jpg

上がったところにある22番所祠。
a0166196_9203069.jpg

峠から階段を登ったところにあるのが19番所「木おとしの茶屋」か?
a0166196_9212947.jpg

茶屋?の裏から道なきヤブの急登をひと漕ぎで境界杭のあるピークへ上がる。
a0166196_9222946.jpg

山名標識「天香山605m」がある。登り始めて10分。あっけない制覇・・
a0166196_9232664.jpg

本峰は「天香久山」だろう・・と先へと進む。
「久」が付く方が格式が高いのだろうか? 大和はついていたようだ・・
(実はこの先赤線が山へ入るルートなのに、まっすぐ行ってしまった・・)
a0166196_9242280.jpg

次第に荒れた藪に突っ込んでいき・・ 20分ほどアルバイト。ふぅ~
a0166196_9255551.jpg

戻って・・・ここを上がるのが正解だった。
a0166196_9272591.jpg

はっきりとした尾根道(散策道)をピンクのビニールテープをたどって進む。
a0166196_9282133.jpg

分岐をワンズ岳へ向かう。ワンズってどんな意味だろう?
a0166196_9291783.jpg

崖を登ると・・
a0166196_9301485.jpg

岩戸地区やその向こうに(明日登る)二ツ岳を望む・・
a0166196_9311192.jpg

分岐へ戻って・・尾根沿いに進む。
a0166196_9321889.jpg

南東の見晴らしが良いピークへ上がる。
ママはここで待機。
a0166196_933057.jpg

山桜植林プレートが5~6枚あって(山桜は枯れたようだ)その先が天香久山の山頂だ。
16時45分。4等三角点「尾谷」の標高は599.67m。標柱の標高は間違いか?
a0166196_93583.jpg

樹木で展望はイマイチだ。
a0166196_936322.jpg

大和三山の天香久山と比して、あまりにも格差あるただの里山山頂でした。
a0166196_9383931.jpg

Uターンして・・下山開始。
往路を戻って下山。
a0166196_9371861.jpg

大和三山の天香久山を登った時、そのうち高千穂にも登ろうと思っていたが早くも実現した。
古の歴史を感じる雰囲気の良い大和の天香久山とはかなり異なっていたが、両山とも登れて大満足。
下山後、高千穂温泉から見る天香久山。
この日はなぜか入浴料は半額の200円。熊本地震被災者は無料でした。
a0166196_9375814.jpg


22番下登山口15:38→15:45「木おとし茶屋」?→15:48天香山→(20分間ロス)→16:24ワンズ岳→
16:37展望ピーク→16:48天香久山→17:21登山口へ下山

 
(GPSマップ)  (累積標高差≒380m)
a0166196_939782.jpg


夕方から道の駅高千穂の特設会場?で外西さんとお姫山で出会った串木野市のNさんご夫妻との持ち寄り懇親会に参加させてもらった。
夜遅くまで山や花談義で盛り上がり、楽しい時間をすごすことができました。
外西さん、Nさんごちそうになりました!
by jinashi | 2016-05-04 10:06 | 宮崎県の山歩き | Comments(0)