中津ひなまつりと織部灯篭 2016.3.6(日)

久しぶりに〇〇〇山へ遠征に、と思っていたが・・降水確率60~70%なので中津のひなまつりへ出かけた。

会場は山国川へ近い諸町通り。
諸町とは「中津城の南側にある中津城下初期の町屋十四町の内の一町。一部に武家屋敷があったが、町の大半は諸々の職業の職人が居たので「諸町」と言われている」
a0166196_13363497.jpg

南部まちなみ交流館のおひなさま。
a0166196_13373894.jpg

細川忠興により創建された「諸町蛭子宮」社殿では ・・
a0166196_13383756.jpg

創業三百年のむろや醤油店。中津藩主奥平公に醤油を献上してきた。
a0166196_13392347.jpg


中津にあるキリシタン灯篭といわれる「織部灯篭」を訪ねる。
最初に諸町のはずれ(新魚町)にある自性寺へ。
a0166196_13404013.jpg

境内の隅にありました。
a0166196_13414692.jpg

「織部灯籠(おりべとうろう)」(現地案内板より)
別名キリシタン灯籠ともいい、かくれキリシタン礼拝用の石灯籠と伝えられている。その後、茶庭(ちゃにわ)に好まれ諸方(しょほう)に庭園灯籠として作られた。
この灯籠の特徴は、竿の上部にクルスを表現したような膨らみを持たせ、同じく竿の部分にガウンをまとった宣教師風な人物の足を外開きにした姿が陽刻(ようこく)される、というものである。また、ラテン文字のような文様(もんよう)があるのもあるが、自性寺(じしょうじ)を含め市内の織部灯籠にはそのような文様はない。
織部灯籠は、中津市内に現在三基のこされており、古田織部(ふるたおりべ)と友人である細川忠興が妻のキリシタンであった細川ガラシャの菩提を弔うために、中津城内に建立した長福寺(ちょうふくじ)にあったものを、それぞれ移転したと伝えられている(別の伝承もあり)。
中津市以外に、県内では大分市に二基、竹田(たけた)・臼杵(うすき)に各一基のこされている。また、宮崎県日南市の旧飫肥(おび)藩内には、天正遣欧使節(てんしょうけのうしせつ)の伊東(いとう)マンショの関係からかキリシタン灯籠やかくれキリシタンの墓などが多数残されている。
織部灯籠という名称は、古田織部正重然(ふるたおりべのかみしげなり)が考案した燈籠の一種であることから、名付けられたと伝えられている。

吉田織部正重然(1544~1615)
織部は、安土桃山時代から江戸初期にかけての大名で山城国西岡(やましろのくににしおか)に3万5千石を領した。また、千利休の高弟として利休七哲(りきゅうしちてつ)の一人に数えられた。
徳川方の大名であったが、元和元年(1615)5月、大坂夏の陣直後、徳川家康に死罪を申し渡され切腹した。豊臣方と内通した罪を問われたなど、諸説あるが原因は不明である。
               中津市教育委員会 中津の郷土史を語る会


自性寺は中津藩主奥平家菩提寺。墓地にある十二代藩主昌猷(まさみち)公の五輪塔墓。代々で唯一中津で死んだ殿様。
a0166196_13434769.jpg

中津市殿町(中津商工会議所前)の井上邸にある織部灯篭。
a0166196_13451611.jpg

火袋に剣菱模様の十字形の紋様が彫刻されている。
a0166196_13461891.jpg

最後の1基は福沢諭吉旧居にほど近い浦町の養寿寺にあった。
a0166196_13473020.jpg

マントをまとった宣教師に見えるでしょうか?
a0166196_13484371.jpg

竹田市の織部灯篭は先週行った歴史資料館にあるようだ。

それにしても・・途中ぽつぽつ小雨もあったがその後はいい天気だった。
今日は天気予報が大外れの〈山日和〉だったようだ・・・
Commented by トトロのとなり at 2016-03-09 21:47 x
中津のお雛様もよさげですね。この時期大分県内では日田とか臼杵とかお雛様の見所が多いですね。大分県がうらやましい。中津にはまだ降りたことがありません。そろそろ行って見ようかな。高速の開通も間近ですし。
Commented by jinashi at 2016-03-10 11:09
小藩分立の豊後国は中津、杵築、日出、(府内)臼杵、佐伯、森、竹田と城下町は多いです。
どちらも2~3月にはひなまつりを行っているようです。
中津のひなまつりは初めてでしたが・・歴史の残る諸町の古い通りは新鮮でした。
諭吉や官兵衛とあわせて訪ねてみてください。
Commented by へんろみち大将 at 2016-03-11 17:27 x
織部灯籠は竹田には歴史資料館と竹田荘にもあります。
臼杵は見星寺にありますね。

大分は府内城にそれらしきものがありますが、
時代が新しいような感じです。
櫛来の谷のウオーキング楽しそうですね。
Commented by jinashi at 2016-03-11 18:24
大将さん~ ありがとうございます。
竹田には2基あるのですね。そのうち臼杵にも行ってみたいと思います。
国東の最終報告についてはまた後日ご報告します。
Commented by ジロー at 2017-08-22 15:09 x
中津市の織部灯篭は4基現存していると聞いたことがあります。
Commented by jinashi at 2017-08-22 20:43
ジローさん こんばんは。
ご来訪、ありがとうございます。
中津に4基あるんですか!? それは知りませんでした。
知人の歴史研究家の方に聞いてこの3基を回ったのですが・・
もしほかの織部をご存知で、お教えいただければ幸いです。国東半島のキリシタン遺跡(といわれているもの)に興味がございましたらご案内しますよ。
Commented by ジロー at 2017-08-23 16:54 x
ご返事ありがとうございました。私も詳しくは分からないのですが中津市に織部灯篭が4基あると見たのは中津市の桃屋、甚平衛のホームページでした。
Commented by jinashi at 2017-08-23 18:44
ジローさん ありがとうございます。
中津市の桃屋、甚平衛のHPを拝見しました。なるほど和菓子「織部灯篭」の説明には4基の燈籠と書かれていますね。
もう1基ははたしてどこにあるのでしょうか?
機会があれば和菓子屋さんに聞いてみることにしましょう。
お知らせいただきありがとうございました。
by jinashi | 2016-03-09 13:50 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(8)