両子山近くの大嶽山を登る 2016.1.17(日)

昼前から雨の予報なので近くの山へ・・・。
宿題となっている両子山近くの大嶽山を登る。ずいぶん前に登山口から中へ入ったが荒れていて引き返したことがある。
豊嶺会HPnatsucocoさんブログを参考にする。

 大嶽山(おおだけさん・560.8m)  ~大分かくれ名山(国東半島の山)

県29を両子寺方向から行入トンネルを出て間もなく稲川集落に着く。集落手前の道路脇の広くなった所に車を止める。
石碑の横から舗装路を山へ入る。ここの標高≒230m。8時42分。
a0166196_144860.jpg

沢沿いへ入る。
a0166196_1444082.jpg

石垣手前を右岸へ。
a0166196_145980.jpg

この先竹が倒れて藪沢となっているので左の高台へ上がり、廃畑?の横を進む。
a0166196_1453939.jpg

右下の沢に沿って進み植林帯へ入る。このあたりから赤テープが見られる。
a0166196_1461551.jpg

沢の上部に出る。
a0166196_1464297.jpg

尾根に向かって直登する。
a0166196_147943.jpg

その先の急坂をジグザグに登ると峠へ上がりつく。
a0166196_148898.jpg

成仏へ越える峠道が通っていたようだ。
峠の小ピークにマユミのピンクが明るい。
a0166196_1483566.jpg

北には小門山(おどむれやま)が。
a0166196_1492971.jpg

小ピークから山頂部を望む。右奥が大嶽山山頂。
a0166196_149430.jpg

ここから岩場の急登となる。気を引き締めて岩場の左側を登っていく。
a0166196_1410179.jpg

前峰?へ上がりつく。
a0166196_14103088.jpg

小鞍部から万年青(オモト)群生地を緩やかに登る。
a0166196_14105991.jpg

山頂部が見えてきた。
a0166196_14113634.jpg

丸くて広い山頂へ到着。三等三角点にタッチ。
a0166196_14122339.jpg

山頂にストーンサークルぽい配列の石もあり。
a0166196_1413216.jpg

樹木に囲まれて山頂からの展望はイマイチ・・
豊嶺会の山頂標識前で山頂写真。
a0166196_14183926.jpg

雨雲が近づいていそうなのですぐに下山開始。
下山の岩場から見えた(年末に登った)牛嶽と両子山山頂部。
a0166196_1414203.jpg

下山は早い。畑横をまっすぐに下りて無事下山。
a0166196_14155217.jpg

豊嶺会の小さな登山口標識がありました。
a0166196_14162472.jpg


これで両子山周辺の山はほぼ登り終えたかな・・?

稲川集落登山口8:42→9:18峠尾根→9:42前峯→9:53大嶽山9:58
→10:42稲川登山口へ下山
 登り~約1時間10分(休憩多し) 下り~約45分

(GPSマップ)
a0166196_14213019.jpg

a0166196_14214820.jpg


万年青(オモト)の実
a0166196_14165381.jpg

藪椿
a0166196_14171323.jpg



下山後は鉄輪の某温泉で温まる。
その後、大分市へ友人のお見舞い、市美術館で「篠山紀信展」観賞と有意義な一日でした。

そうそう・・・別府港に海王丸(大型練習帆船)が停泊していました。
a0166196_229384.jpg

数年前にここで出会って以来・・2度目の再会でした。
船首像は横笛を吹く女性の「紺青」。
a0166196_22102777.jpg

by jinashi | 2016-01-18 14:21 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)