残り紅葉の耶馬渓・太平山へ 2015.12.6(日)

 

ママが少し風邪っぽいので・・楽に登れる耶馬渓の山をピクニック。
最初に旧九州百名山の大平山へ。
中津市本耶馬渓町と福岡県上毛町との県境の山で、1992年4月1日に山と渓谷社より出版された「九州百名山」に選定されていたが、2002年8月1日発刊「新版九州百名山」で外されている。

太平山(おおひらやま・611m) ~旧九州百名山

本耶馬渓町曽木のR212から「太平山登山口」の標識を見て右折する。
舗装林道をくねくね登って高度を上げれば「大平山ふれあいの森」に着く。

建物があって・・戸を開けると休憩小屋のようだ。隣接するトイレは冬場は使用禁止となっている。

落ち葉の周回路を反時計回りで出発。10時7分。ここの標高≒550m。
a0166196_21155813.jpg

展望台への標識から入る。
a0166196_21184184.jpg

すぐに九州自然歩道へ出る。
a0166196_21191527.jpg

右へ向かえば木造展望台が見えてくる。
a0166196_21195134.jpg

展望台は壊れていて使用禁止中。
鹿嵐山やその向こうにうっすらと(雲がかかった)由布、鶴見。
a0166196_2120863.jpg

もとに戻ってその先の急坂を上る。
a0166196_21204021.jpg

登り上がったところが三等三角点のある大平山山頂。597.2m。
a0166196_21325995.jpg

この先の標高最高地点があるようなのでそちらへ向かう。
ストックで押すと真ん中の穴から粉煙のようなものが出てくる。これはホコリダケ?ツチグリ? 知ってる方、教えてください。
a0166196_21211778.jpg

九州自然歩道はこの先、雁俣山→経読岳→犬ケ岳→英彦山と続いている。
a0166196_21222878.jpg

丸木階段を小さくアップダウンして3つ目のピークが太平山最高地点(611m)のようだ。 近くに「国調三角」なる標識あり。
a0166196_2123933.jpg

来た道を戻る。途中から近道?で「ふれあいの森」へ。
a0166196_21235721.jpg

毛谷村六助の妻の妹「お菊の墓」へ出会う。
a0166196_21243684.jpg

今年6月には英彦山登山の帰りに毛谷村六助の墓に行ってきた。
a0166196_2125248.jpg

ふれあいの森周回路ではまだ燃え盛る紅葉も見られた。
a0166196_2125343.jpg

休憩小屋横に止めた車へ戻る。
a0166196_21262034.jpg

旧九州百名山を外れたのはそういうこと?だからでしょう。


 「大平山ふれあいの森」スタート10:07→10:15木造展望台→10:23大平山山頂・三角点→10:46大平山最高地点→(戻る)→11:02お菊の墓→11:12スタート地点へ戻る 
(周回は1時間ほど)

(GPSマップ)
a0166196_21335551.jpg



 御霊もみじ・・・

下山後は耶馬渓町戸原の「御霊もみじ」へ立ち寄る・・・
ピークを少し過ぎたばかりで・・まだまだビューティフル!!
a0166196_21284175.jpg

a0166196_21291972.jpg

大分賀来神社から勧請した善神王(武内宿禰)を祀る御霊神社境内より。
a0166196_21295460.jpg


 元祖深瀬屋へ・・・

深耶馬渓入口の紅葉トンネルはほぼ落葉していた。
駐車場から鉄の橋をわたってとろろ蕎麦で有名な元祖深瀬屋へ・・
a0166196_21303812.jpg

去年の秋には近くの本家深瀬屋でいただきました。元祖も本家も・・どちらも自然薯のおいしいそばでした。
a0166196_2131641.jpg

Commented by emiko0708 at 2015-12-07 22:32
はじめまして、とても綺麗な紅葉ですね。
今年はなかなか紅葉がみれず、ここで拝見させて頂きました。
Commented by jinashi at 2015-12-08 13:34
emikoさん~ ご来訪&コメントをありがとうございます。
今年は大船山でかつてないほど切れの良い紅葉を楽しみましたが・・そのあと暖秋?続きで(麓はダメ)したので耶馬渓の御霊もみじはうれしい出会いでした。
国東半島にも来られたようですね。今秋は田原山(鋸山)も中山仙境も今一つ燃え上がりませんでしたね。次回には2年前に始まった「峯道ロングトレイル」もおすすめします。
 これからもよろしく!
by jinashi | 2015-12-07 21:35 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(2)