石井山から鬼落山へ~宇佐七山を完登!  2015.10.4(日)

朝寝をしてしまったが、天気も良いので近くの山へ・・
宇佐七山で唯一ピークを踏んでいない石井山を(鬼落山といっしょに)登ろう。

往路で宇佐神宮に一柱騰宮(あしひとつあがりのみや)の石碑が完成したことを新聞で見て立ち寄る。
「神武東征と宇佐の一柱騰宮」
a0166196_17371076.jpg

2日後(10月6日)には天皇陛下の勅使を迎えて10年ぶりに「勅使奉幣祭」がとりおこなわれるが、その記念事業として建てられた。
※九州で勅使祭が執り行われるのは宇佐神宮と香椎宮の2社だけ。宇佐神宮で第一回の勅使祭が行われたといわれるのは養老4年(720年)で、今回で実に256回目となるという。
a0166196_17374966.jpg

説明板
a0166196_17381995.jpg

隣りは神仏習合発祥地といわれる神宮弥勒寺のあったところ。
a0166196_17385030.jpg

奉幣祭で勅使が渡る呉橋。
a0166196_1739181.jpg

この日は夕方から勅使祭開催を記念して戸畑祇園大山笠(国重無文)の奉納が行われる。
a0166196_17393741.jpg

a0166196_1740562.jpg

駐車場を出発して参道を練り歩く山笠を見ようと多くの人々が押し寄せている。(16時すぎ~帰路に車窓より)
a0166196_17403911.jpg



前座が長くなりました(^^;)
鬼落山は2度目で、前回は9年前の2006年11月に同じコースを登っている。

 石井山(487.5m) 
 鬼落山(おにおてやま・576m)  ~ 大分百山

いいちこ本社工場前から宇佐市末の県44を耶馬溪方向へ向かい黒地区から山袋集落へ入る。右へと橋を渡り、若宮八幡社前を通って山袋林道へ入る。
途中の広いところに車を停めて歩き始める。
10時15分。ここの標高≒130m。
左に鬼落山、右に石井山。
a0166196_17425169.jpg

夏草の茂る林道を25分ほど歩いて(道間違いあり)登山口へ着く。
前回はこの辺りまで車で入ったような?荒れてはいるが4駆なら来れないこともない。
a0166196_17432442.jpg

荒れた登山路はほぼヤブ漕ぎ状態。あまり人は通っていないようだ。
a0166196_1744190.jpg

苔むしたゴロ岩から傾斜が増してきた。蜘蛛の巣をストックで払いながら進むと顔や頭から汗が出てくる。
a0166196_18162276.jpg

植林帯へ入るとさらに厳しい急登を踏ん張って鬼落山と石井山の鞍部となる分岐尾根へ上がる。

未踏の石井山へは(鞍部から右へ)じなし一人で向かう。小ピークを2~3やり過ごして急坂を登り上がると平坦な岩の上に上がる。
南西に鹿嵐山や仙岩山、乙村岳などの展望が良い。
a0166196_17445060.jpg

東に鬼落山とその向こうに石山。
a0166196_17451555.jpg

展望岩の先が石井山山頂。三等三角点あり。
これで宇佐七山を完登した!(但し、ラインは一部が繋がっていない)
この先、高山の支城山・茶臼山へと続いている。
a0166196_17524735.jpg

Uターンしてママが先行する(しているはずの)鬼落山へ向かう。
先の分岐鞍部へ戻る。
a0166196_21221013.jpg

まっすぐ進むと鬼も転げ落ちるほどの急登へ取り付く。
二つ目の露岩を通過。9年前のおやつタイムを思い出した。
a0166196_17461169.jpg

先行するママに追いついて山頂を目指す。
勾配が緩んで木漏れ日の山頂へ到着。 いつもの山頂標識はあるが・・三角点はなさそう。
a0166196_17481293.jpg

先の露岩まで下りて昼食タイムのあと・・往路を下山する。
露岩から八面山方向。
a0166196_2120858.jpg

林道から前方に石井山。
a0166196_1749251.jpg

林道歩き13分で車へ戻る。
a0166196_17494233.jpg


ネットで七山縦走レポを見るが、距離10Km以上、標高差1300mのアップダウンが続く手強いコースだ。のんびり山歩きを楽しむ一般登山者は無理をしないほうがよさそうだ・・


山袋林道駐車10:15→10:40林道登山口→11:12鞍部分岐→11:41石井山山頂→11:56鞍部→12:28鬼落山山頂→12:38露岩(昼食)12:55→13:49林道駐車場所へ下山
(GPSマップ)
a0166196_17533090.jpg

a0166196_17535398.jpg

by jinashi | 2015-10-05 21:23 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)