中国地方の名山~三瓶山を周遊  2015.9.21(月・祝)

西の原Pで目覚めると10台ほどが車中泊していた。
公園・トイレもきれいで前に聳える三瓶山の景色も素晴らしい。
定めの松と男三瓶山、右に子三瓶山。(前日夕方の画像)
ここは大山隠岐国立公園。
a0166196_9364893.jpg


 三瓶山男三瓶山(おさんべさん・1126m) ~日本二百名山

三瓶山をどのコースで周回するのがよいか~ とマップを見ながらしばし考えた。 結論は、総合的に?判断して東の原から(このところ足がつりやすい)ママをリフトで登らせることとする。(のんびり夫婦さんアドバイスあり)

リフト始発時間まで時間があるので、近くの浮布池へ。
説明板由緒によると~
白鳳十三年(684年)十月、大地震により佐比賣山(三瓶山の古名)の西崖崩れ落ち忌部の里を埋づめて浮布池が生まれた。この時、三つの瓶が飛び出て、一は川合町に鎮座の石見一宮・物部神社池内に、二の瓶はこの池の東部亀隠に沈んだ。・・・云々  と三つの瓶の話が書かれている。
a0166196_9373132.jpg

東の原へ(北の原経由で)向かう。
途中の多目的広場から見る男三瓶山。
a0166196_939584.jpg

東の原駐車場へ着く。三瓶観光リフトと女三瓶山(アンテナの山)を見上げる。
a0166196_9392468.jpg

ママを始発のリフトに乗せ、1人先登りして山頂駅で合流することにして出発。登山口手前のリフト乗り場を通ると、何と、もう乗れるようだ。(HPでは8時30分始発となっている)
~ということで?二人仲良くのリフト登山となったのです(^^;)
8時2分。ここの標高≒580m。
a0166196_9394873.jpg

全長856m、標高差255mを10分で山頂駅に到着。これは楽ちん^^ 大人片道460円。
a0166196_940911.jpg

a0166196_9403772.jpg

山頂駅からすぐの大平山展望台から三瓶山全容を見る。素晴らしい!
a0166196_94114.jpg

今日は反時計回りで周回しよう。コースを目で追いかけてみる。
主峰・男三瓶山と右に女三瓶山(めさんべさん)。
a0166196_9412549.jpg

正面に子三瓶山(こさんべさん)と左に孫三瓶山(まごさんべさん)。
a0166196_9421771.jpg

大平山山頂。
a0166196_10244264.jpg

女三瓶山へ向かう。
a0166196_9424330.jpg

ジグザグに登ってたくさんのTV中継塔が立つ女三瓶山へ。
a0166196_9431011.jpg

リフトで後から登って来たおじいさんは84歳!福岡柳川からはるばる一人で登りに来た。三瓶山は2度目。今回が最後の登山?という・・。
a0166196_102725.jpg

尾根伝いに男三瓶山へ向かう。
a0166196_9435436.jpg

ヤマハッカ
a0166196_9441182.jpg

兜山の岩場を越える。
a0166196_9451099.jpg

ユートピア手前のザレ場を登る。
a0166196_9453863.jpg

犬戻しあたりの難所。むこうに女三瓶山。
a0166196_946835.jpg

山頂が見えてきた。
a0166196_9463648.jpg

直下の山頂(避難)小屋。
a0166196_9472263.jpg

広い山頂に到着。9時55分。一等三角点あり。
a0166196_9474650.jpg

出雲大社、日御碕方向。出雲ドームも見える。
a0166196_94841.jpg

山頂写真。
a0166196_9482519.jpg

室の内と呼ばれるかつての火口にある室内池。
周りの三瓶山は火口周りの溶岩円頂丘といわれる。
三瓶山は2003年(平成15年)の活火山の定義見直しで活火山に指定されている。
a0166196_9492983.jpg

山頂に咲くトモエシオガマ。
360度絶景を楽しみながらの昼食。
a0166196_949517.jpg

次々と上ってくる登山者で山頂は大賑わい。何と、女三瓶山まで一緒だった84歳柳川おじいさんも山頂へ登り着いた! これから子三瓶~孫三瓶と周回するという。
ひと休みしたら子三瓶山へ向かう。 
a0166196_9502062.jpg

ツリガネニンジン
a0166196_9504073.jpg

キュウシュウコゴメグサ
a0166196_951429.jpg

扇沢分れに向かって標高差260mほどを一気に下っていく。むこうに子三瓶山と(右)孫三瓶山(左)。
a0166196_9513596.jpg

激下りをやり過ごして扇沢分岐へ着く。西の原と室内池への分岐。
a0166196_9523893.jpg

一休みしたら子三瓶山へ向かう。
a0166196_953546.jpg

振り返って見る男三瓶山の激下り場。
a0166196_9533110.jpg

ひと登りで子三瓶山へ上がりつく。
a0166196_953595.jpg

折り返して孫三瓶山へ向かう。
a0166196_9542214.jpg

フシグロ
a0166196_9544174.jpg

孫三瓶山へ向かって標高差150mほどを下る。
a0166196_9551478.jpg

下ってきた子三瓶山を返り見る。
a0166196_9554248.jpg

フシグロセンノウ
a0166196_9563357.jpg

今度は鞍部から標高100mほど登り返すと孫三瓶山へ着く。
a0166196_9565336.jpg

休まずに先へ(大平山)向かう。
a0166196_9572087.jpg

気持ち良い周回道。
a0166196_9581718.jpg

奥の湯峠から緩やかに登り返して大平山で周遊の線を繋ぐ。
a0166196_9584627.jpg

あとは下るだけ。リフト山頂駅近くから東の原を見下ろす。
a0166196_9591693.jpg

牛のバクダンに注意しながら・・・リフト麓駅へ無事に下山。
a0166196_9594169.jpg

累積標高差1000mほどの厳しい登りやアップダウンもあったが、景色の素晴らしさや花々に癒されて特に疲れも感じず周回することが出来た。
さすが日本二百名山たる山であった。  
BSNHK「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破」で田中陽気も間もなくこの山を登るのだろう。
それにしても84歳柳川おじいさんは男三瓶山から厳しい下りをやり過ごして無事周回下山できたのだろうか?


東の原リフト麓駅8:03→(三瓶観光リフト)→8:13山頂駅→8:17太平山→8:47女三瓶山→9:55男三瓶山10:22→11:02扇沢分れ→11:40小三瓶山→12:18孫三瓶山→12:37奥の湯峠→12:58太平山→13:05リフト山頂駅横→13:34東の原へ下山。
 
(GPSマップ)
a0166196_1024513.jpg

a0166196_103441.jpg



下山後、昨日は入れなかった国民宿舎さんべ荘の温泉へ。立ち寄り湯500円。
a0166196_1034393.jpg


帰路は江の川沿いに江津へ出て→浜田→益田→津和野と長~いR9を山口へ。
山口から中国道→九州道→R10→R213で帰着は23時。
2日間の走行距離≒1000Kmでした。 ふぅ~・・・
Commented by MORI at 2015-09-26 12:58 x
jinashiさん、こんにちは。
好天の下の三瓶山歩き、快適だったでしょうね。
それにしても84才で山歩き、恐れ入りました。
私もあと何年山歩きが出来るか分かりませんが、
健康に気をつけ一日でも長く歩きたいと思っています。
Commented by higetias at 2015-09-26 18:23 x
じなしさん、こんばんは。
三瓶山周回は奥様思いのコース選択でしたね。
東西南北に登山口があり、私どももコース選択に迷いました。
夏場のアップダウンの周回は結構ハードで、最後はヘロヘロでしたね~^^;
じなしさんの記事を見て、季節を変えてまた行きたくなりました。
ロングドライブもお疲れ様でした!
Commented by jinashi at 2015-09-26 20:41
MORIさん~ くじゅうで80歳の方と話したことがありますが・・・84歳はびっくりでした。
MORIさんもそのパワーと体型を維持し、元気に喜寿傘寿を迎えられればアルプス走破も十分可能でしょう。
その年まで元気に山歩きを楽しめるようにお互い精進しましょう!
裏剱、気をつけて楽しんでください。
Commented by jinashi at 2015-09-26 20:44
higeさん~ お互い同じ山を実際に歩いているとすべてが共有できますね。
三瓶のhigeさんコースは反じなしコースで・・結構標高や距離もあって厳しかったのでは?
奥様思い→いえ、足引っ張りなママがヘリを呼ばないで良いようにということです。
お酒を飲んだ時には運転してもらわなければ・・・ということもありますが^^
Commented by のんびり夫婦 at 2015-09-27 16:08 x
お疲れさまでした。
こうやって見ると、大きなピークを六つ踏まれたのがよく解ります。
周回尾根歩きは展望の良い所が多く、花も沢山で飽きませんね。
女三瓶での写真、jinashiさんが急に変わった?。と、よく見たら違うおじい様でした。
私達も84歳まで登れればいいな、と思います。
Commented by jinashi at 2015-09-28 10:52
のんびり夫婦さんのお陰で楽しい山旅ができました。
天気よし!花よし!温泉よし!・・でした。
帰路の一般道は長かったですが、その土地の雰囲気を見るだけでも「遠くへ行きたい」の気分になります。
11月には(都合がつけば)弥山~右田へと思っています。また情報教えてください。
Commented by トトロのとなり at 2015-09-29 23:40 x
大昔、三瓶山という相撲取りがいましたっけ。三瓶山も霧島や阿蘇と同様に特定のピークの名前ではなくピーク群の総称なんですね。私は同じ日に瀬戸内海をウロウロしてました。たしか午前中は雲に覆われてましたが、午後になって晴れました。三瓶山も青空がきれいですね。
Commented by jinashi at 2015-09-30 13:06
三瓶山って居ましたね。十両4が最高位だそう。知りませんでした^^
西瀬戸周遊、見てますよ。トトロさん好みの町並み古民家・・・歴史を感じるいいものがたくさん残っていますね。車中泊もたのしそうです。
by jinashi | 2015-09-26 10:07 | 中国地方の山 | Comments(8)