湯布院の蛇越岳へ 2015.8.16(日)

今日はくもりで雨もありそうな予報だ。
短いお山を登って、後は花散策へ・・・。
いつもやまなみハイウエイ(県11号)で山裾を走っている湯布院の蛇越岳を登ろう。

左に山下の池、小田の池入口を見て、やまなみハイウエイを2キロほど進み、「野上滝上」への卜字分岐を右折する。
緩やかに登って左カーブから下っていくと右下に立石池が見えてくる。
大分県では数少ない天然湖沼だ。
蛇越という名は昔、女性に化身した大蛇が山を越えてこの池から山下の池に移ったという伝説から生まれたようだ。麓の山下の池には大蛇を祀る竜神様(雨乞の神様)も残っているという。
a0166196_1144722.jpg

その先の突き当たったところが蛇越岳の登山口。ちょうど由布市(湯布院)と九重町の境界あたり。

 蛇越岳(じゃごしだけ・1024m) ~大分かくれ名山

登山口は蛇越岳林道入り口にある。
スタートは9時12分。ここの標高≒870m。
a0166196_11452170.jpg

古びた穴井さんオレンジプレートから入る。
a0166196_11455174.jpg

テ-プを確認しながら植林帯との境界を登る。
a0166196_11463344.jpg

ロープも現れて急登となる。
a0166196_1148536.jpg

ジグザグに登ると勾配が緩んでくる。
a0166196_1148489.jpg

尾根状となった山頂部を進む。
a0166196_1151460.jpg

コバギボウシが一輪。
a0166196_11513374.jpg

山頂が見えてきた。9時40分。
a0166196_1153287.jpg

安武さん、SHC別府とともに十二支会の山頂標識がある。
平成25年(2013年)の巳年正月には全国から集まった会員で登ったようだ。
樹木に囲まれて展望はなし。
なぜか・・アロ~ハで山頂写真。
a0166196_125281.jpg

山頂から北へ続く尾根は野稲岳(大分百山)へ行けそうだ。
すぐに下山開始。
大蛇に出会わないように下れば・・・あっという間に登山口。
a0166196_11541022.jpg

登山口の南には立石池へ下りる道が続いているようだが背丈ほどの夏草が茂っていて今回パス。
近くの立石山(1024.5m)もまた次回に登ろう。

下山後の草原から見る蛇越岳
a0166196_11545251.jpg


登山口9:12→9:40蛇越岳山頂9:45→10:02下山(行動時間55分)
往復≒1km・標高差≒140m

(GPSマップ)
a0166196_12113784.jpg




 蛇越岳山麓花めぐり

オミナエシ
a0166196_11563934.jpg

マルバハギ
a0166196_1157687.jpg

アギナシ? オモダカ?
a0166196_11573233.jpg

サワギキョウ
a0166196_1158116.jpg

ヒメシロネ
a0166196_11583033.jpg

ミズオトギリ
a0166196_11585990.jpg

シラヒゲソウ
a0166196_1159541.jpg

サギソウ
a0166196_1202688.jpg

a0166196_1205195.jpg

a0166196_1211647.jpg


雨も降らずに・・・思いがけない花々と出会えた。
夜は我が家で小学校ミニクラス会068.gif
Commented by のんびり夫婦 at 2015-08-20 20:39 x
ここもまだ行ったことがありません。
沢山のお花があるようですね。
ここだけを目指しにくいので、何かのついでに寄ってみたい山です。
湿原はお花が沢山で、こんなのも良い山行の一つですね。
Commented by ようこばあばりん at 2015-08-20 21:58 x
マルバハギ??タブレットの背景に使わせてぇー⤴❗??宜しく??????
Commented by jinashi at 2015-08-21 10:52
のんびり夫婦さん~ わざわざ登るお山ではないでしょうが・・麓のお花畑はいい発見でした。他にも気が付かなかった貴重品もあるようです。くじゅうに登った帰りでもちょっと立ち寄ってみたらいかがでしょう。
お花畑は1時間もあれば散策できるでしょう。
ここへ出かけるときにはご一報ください。
Commented by jinashi at 2015-08-21 10:54
ようこばあばりんさま~
C製超単純カメラの画像です。どれでも右クリックOKです!
by jinashi | 2015-08-17 12:17 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(4)