霧立越ピストン~ ごぼう畑⇔扇山 2015.8.9(日)

ゆっくりママの遠征(計画中)訓練も兼ねて九州中央山地のほぼ真ん中を南北に繋ぐ古道・霧立越を往復する。
距離はあるが標高1400から1600mほどの平坦コースで木陰の多い樹林帯を通るので涼しい。
今回で2度目。前回は4年前の春に歩いた。

霧立越は、九州脊梁山地を南北に続く向坂山(1684m)から扇山(1661m)にかけての尾根伝いを辿る古道です。その昔、熊本県の馬見原(まみはら)から宮崎県の椎葉まで馬の背で物資を運んだ「駄賃付け」の道でありました。大分県の豊後から熊本県の人吉へと通じる古(いにしえ)の交易道の一部ですが、昭和8年に椎葉村に自動車道が開通してから霧立越を通行する駄賃付けはしだいに途絶え昭和12年(1937)ごろから廃道となりました。
霧立越の古道には多くの歴史が秘められています。寿永4年(1185)には、壇ノ浦の合戦に敗れた平家一門が鞍岡から霧立越を越えて椎葉に逃れました。正保2年(1645)には人吉の剣豪丸目蔵人のタイ捨流が鞍岡に伝承されました。今日では、その演武が祇園神社のお祭りとなって伝えられています。明治10年1877)4月には、日本最後の内戦「西南の役」で田原坂の合戦に敗れた薩摩軍が西郷隆盛と共に人吉に逃れた道として知られています。
こうした歴史を秘める霧立越の古道は、平成7年(1995)に「霧立越の歴史と自然を考える会」によって向坂山(1684m)から南の扇山(1661m)にかけて尾根伝い12kmをトレッキングコースとして伐開し歩道の整備が行われました。(HP・kiritachi.netより)

前日の夕方家を出て、宮崎県五ヶ瀬町本屋敷の霧立越ゲートを通ったのは夜の10時。
a0166196_1049823.jpg

ぐんぐん登って標高≒1600mの五ヶ瀬スキー場で車中泊。
満天の星空の下、気温は19℃・・・涼しい!(同じ作戦?の車が1台あり)

 白岩山・岩峰(1620m)   九州百名山・2回目
 扇山(1662m)   九州百名山・2回目

ご来光ショータイム。5時37分。
昨年9月三方山の時よりやや北寄りの鬼の目山あたり?からの日の出。
a0166196_1053988.jpg


日田のUさん情報では今が旬というキレンゲショウマの花園へ向かう。
4年ぶりのご対面。パステルイエローの肉厚な花弁が朝日に輝く。
a0166196_1703979.jpg

a0166196_10551825.jpg

a0166196_10555096.jpg

a0166196_1715037.jpg


ごぼう畑登山口へ移動して出発は6時43分。ここの標高≒1400m。
扇山山小屋まで8.9Km。
同時に長崎ナンバー男女4人組もスキー場方向へ出発。
a0166196_1144362.jpg

20分ほどで白岩峠(峰越)へ着く。入山ノートに記帳。
那須大八郎宗久が平家残党追捕で椎葉へ向かった・・・鎌倉時代の話。
a0166196_11394753.jpg

二重の防獣ネットから白岩山岩峰へ入る。
石灰岩が露岩した白岩山岩峰は「花の名峰」とも言われている。
a0166196_1154378.jpg

ソバナ (濃淡あって群生している。今が盛り・・)
a0166196_1161264.jpg

ヤハズハハコ
a0166196_1163670.jpg

ホタルサイコ (同属のミシマサイコは葉の幅が狭く、茎を抱かない=ネットより)
a0166196_117290.jpg

キリンソウの花後果実?
a0166196_1173563.jpg

シギンカラマツ
a0166196_118225.jpg

ヤクシマホツツジ
a0166196_1184733.jpg

シオガマギク
a0166196_1191441.jpg

シコクママコナ
a0166196_1193966.jpg

ツクシクサボタン(筑紫草牡丹)
a0166196_1110524.jpg

白岩山(岩峰・1620m)山頂写真
a0166196_11111734.jpg

山頂から見る向霧立の(右から)国見岳~五勇岳・烏帽子岳あたり・・。
2011年11月に白鳥~銚子笠とともに縦走した。
a0166196_11115480.jpg

(右から)天主山~三方山~高岳方向・・  三方山へは去年9月に往復した。
a0166196_11124935.jpg

急坂を下って縦走路へ・・。
水呑の頭分岐を通過。前回は山頂(1646.7m・三等三角点)へ登ったが今回はパス。
a0166196_11134477.jpg

樹林帯の気持ち良い山道。
a0166196_11144120.jpg

ヤマホトトギス
a0166196_1115651.jpg

「小屋場古道分岐」や「灰木の頭」を進む。
遠くに見えるは市房山、石堂山あたりか?・・・。
a0166196_11155352.jpg

ママの「わあぁ~」という声で前を見る。ガサガサと音がしたが正体は見ていない。黒くて大きなイノシシくんが横切ったようだ。
ごぼう畑から5kmほど歩いて「馬つなぎ場」へ着く。ほぼ中間地点。休憩タイム。
このあたりが標高の一番低いところ。
a0166196_11163995.jpg

「木浦古道分岐」を過ぎて木陰の小道。
a0166196_1118436.jpg

ブナの大木に出会うと嬉しくなる。
a0166196_11185981.jpg

右に「二本ブナ」の大木。
a0166196_11195913.jpg

「平家ぶな」を通過。ここからひとりで先行。
a0166196_11212526.jpg

右がパッと開けて椎葉の谷は深い。
a0166196_112159100.jpg

扇山小屋が見えてきた。一安心。
a0166196_1123053.jpg

ザックを小屋先に置いて一人で扇山を目指す。ここから600m。
a0166196_11235474.jpg

ひと登りしたら右へと勾配も緩やかになる。
a0166196_11244426.jpg

大岩の横を通る。
a0166196_1125269.jpg

山頂かなとおもったらその先に「あと5分」の標識がある。
すこし下って登り返すと・・・山頂へとーちゃこ! 遠かった~
10時51分。ごぼう畑から4時間と少し。
a0166196_1126369.jpg

トンボが沢山飛び回っている。
展望も素晴らしいが・・どれがどの山?
a0166196_112757100.jpg

すぐに下山。
扇山小屋へ戻るとママも待っていた。小屋は現在立入禁止となっている。
a0166196_11283575.jpg

往路を戻る。見晴らしの良い道端で昼ごはん。
a0166196_11292121.jpg

今の走り高跳びは「背面飛び」だがむかし「ベリーロール」という飛び方があった。
 記録は1m・・・?^^
a0166196_1130971.jpg

水呑の頭へと緩やかに登り返す。このあたりが一番苦しいところ。
アサギマダラ
a0166196_11311178.jpg

ヤマシャクヤクの実
a0166196_11315452.jpg

白岩峠へ戻って入山ノートに下山の記帳。
ごぼう畑へ無事に戻り着く。
山中ではだれにも会わない静かな霧立越でした。

往復≒20Kmを8時間ほどでピストン。疲労困憊でやっと戻り着いた4年前に比べて少し余裕のある往復でした。(距離は3Kmほど短かい)
a0166196_11333675.jpg


〈往路〉
ごぼう畑登山口6:43→7:01白岩峠(杉越)→7:25白岩山(岩峰)7:45→8:07水呑の頭(白岩山三角点)分岐→9:09馬つなぎ場→10:10平家ブナ→10:31扇山小屋→10:51扇山 
〈復路〉
扇山10:56→11:10扇山小屋→11:50平家ブナ→12:39馬つなぎ場→14:02水呑の頭分岐→
14:35白岩峠→14:52ごぼう畑
 
●往路=4時間08分 復路=3時間56分 行動時間≒8時間10分
●往復≒20Km


(GPSマップ)
a0166196_1136362.jpg

a0166196_11362565.jpg



 
Commented by kyuujitunituki at 2015-08-11 15:56
jinashiさん、こんにちは。
白岩山・扇山、お疲れ様でした。
今年は、キレンゲショウマもイワタバコもご縁が無く逢えませんでした。
この猛暑、明日辺りから少し和らぐようですね。
折角のお盆休みですが、山には行けないかもしれません。
こちらで、拝見させて頂きます。
Commented by のんびり夫婦 at 2015-08-11 18:27 x
これはしっかり歩かれました。それも登り返し付で。
ここは先週知り合いが行かれていましたが、お花の宝庫なんですね。
何れも暗い場所のお花を、綺麗に撮られています。
標高があり、車中泊も快適だったのでは。
これだけ歩いて今年は何処のターゲットをロックオンしているのでしょうか。
未知数の奥様が楽しそうな様子が伺えます。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 19:48
jinashiさん、こんばんは。
コメントを頂きビックリ、ニアミスで本当に残念でした。
扇山までのロングコースでしたか。まだ未踏なので大変参考になりました。
遠征計画中のご様子。これから楽しみですね。
そうそう、ウスユキソウは白石山山頂付近に咲いていましたよ。
Commented by トトロのとなり at 2015-08-12 10:35 x
昔から平家の落人や那須大八郎は美々津から耳川沿いに椎葉に入ったと現代人の感覚で思い込んでいましたが、なんと裏から入ってたんですね。というか、昔は馬美原の方が表立ったか・・・・。昔の道は川沿いではなくて尾根道でしたから、なるほどそうなんでしょう。
Commented by jinashi at 2015-08-12 10:50
休日さん~ お盆休みは何かとご多用のようですね。
久しぶりにキレンゲショウマに出会ってきました。九州では数か所しか群落していないようです。キのない・・レンゲショウマもなかなかかわいらしいお花で出会ってみたいですが九州では見られないようです。
 夜から降り始めた雨で少し涼しくなりました・・
Commented by jinashi at 2015-08-12 10:54
のんびり夫婦さん~ 白岩山はおすすめの花の山です。
ウスユキソウやツクシトウヒレンなど夏の貴重品を発見できませんでした。(事前学習が足りなかった^^;)登山口まで遠いですが・・のんびりさんのフットワークなら大丈夫でしょう。キレンゲショウマとならお盆前がベストでしょう。
Commented by jinashi at 2015-08-12 10:58
うすきさん~ いつもうすきさんの行動力に圧倒されています。
その脚力なら霧立越往復は楽勝でしょう。
 漢字の学習、こちらも勉強になります!
 私も同じ日に床屋でさっぱりしてきました^^

Commented by jinashi at 2015-08-12 12:40
トトロのとなりさん~ 宮崎には「ひむか神話街道」にある歴史を感じさせる場所が多くあって楽しいです。
霧立越を歩いていると、向うから民謡を歌いながら荷馬の手綱をとったおじさんや、菅笠をかぶった武士が歩いてきそうで・・タイムスリップした感じにさせてくれます。
ひむか神話街道300Kmは見所のドライブコースとあわせておいしい店、温泉、宿泊所など福岡や隣県にもっと宣伝すべきでしょう。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-08-12 13:35 x
じなしさん、こんにちは。
日田のUさんがじなしさんがキレンゲさんに会いたいなぁと言っていましたが・・・まさか同じ日とは思いませんでした。
私どもは宮崎から参加のお一人を待っておりましたので、8時過ぎにごぼう畑を出発でした。お会い出来なくて残念でした。
遠征は何処へ行かれるのですか。我が家の遠征は今年は終了かな?
Commented by jinashi at 2015-08-12 14:23
信ちゃん こんにちは。
出発してまもなく(白岩峠あたりで)Uさんからの℡で信ちゃん組の(白岩山の)ことを聞きました。夜の10時を過ぎてカシバル峠から見たリフト乗り場駐車場は静かな感じでした。(宴会タイムは終わっていたのでしょうね)
白岩山あたりでガヤガヤする声が馬つなぎ場まで聞こえました(冗談^^)
祖母川上渓谷キレンゲもちらつきましたが・・ロングウオーキングのこちらへトレーニングに来ました。 夏山遠征はまだ未決です。ゆっくり(ぷっくり)ママがいるので・・初心者コースを検討中です。すこし静かになった9月初めごろを予定しています。立山とかかナ・・・
Commented by higetias at 2015-08-12 18:29 x
じなしさん、こんにちは。
ブログを拝見してびっくりしました。
宴会は21時過ぎにお開きでしたので、到着されたときは夢の中?だったようです。
朝は5時から起きてうろうろしていましたが、気が付きませんでしたね~。
水呑の頭~扇山は2年前に椎葉側の新松木登山口から往復しましたが、
今回のコースは3年前の春に娘を連れて歩いて以来でした。
平坦なコースとは言え、この時期に往復20kmのロングコースを歩かれるとは恐れ入ります。
我々はいつになったら遠征に出掛けられるのか先が見えません。
9月初め頃天気に恵まれますようお祈りいたします。
Commented by jinashi at 2015-08-12 21:00
higetiasさん ~ 情報が入った時には扇山へ向かっていましたので今回は皆さんには失礼しました。信ちゃん組ツアーなのだからhigetiasさんもおられるだろうな・・と思っていましたら、いち早くうすきさんblogでhigetiasmamaさんを確認しました^^;
長い距離でしたが今回は気持ち良く歩けました。椎葉新松木から扇山~水呑み頭ピストンのほうがもっとヘビーっだったのでは・・・。
基本はサンデートレッキングですが・・オリジナルツアーなど計画がありましたらまたご一緒させて下さい。
Commented by natsucoco at 2015-08-13 17:46 x
白岩山、とても素敵な山ですね。 コース変化もあってゆったりと楽しそうです。
少々遠いですが、来年のこの季節と覚えておかなくては~。 というか上記コメントをチラミしておどろき! 20Kmも歩かれたんですか。す、すごいです。
Commented by jinashi at 2015-08-13 20:32
natsucocoさん~ キレンゲ&白岩の花々鑑賞がてらに来年のお盆前にはぜひこのコースを歩いてみてください。
日本百名山や世界の名だたるコーストレッキングをされているnatsucocoさんならこのピストン20Kmはスイスイでしょう。
菅笠を被った武士とお姫さまが向うから歩いてきそうなそんな錯覚をおぼえる駄賃づけの道です。
by jinashi | 2015-08-11 11:37 | 宮崎県の山歩き | Comments(14)