九重山周回花巡り 2015.6.28(日)

今日は梅雨の中休み。
くじゅうに咲くというバイカツツジにはまだ出会ったことがない。
去年から気になっていたが山友の情報も頂いたので旬の花めぐりへ出かけた。

朝日台から望むくじゅう連山。これから天気は良くなるはずだ。
a0166196_163324.jpg

7時2分、長者原を出発。ここの標高≒1030m。
「長者原8時40分発牧ノ戸行日田バス」もすこし頭をよぎったが、今日は自然歩道を歩くことにする。牧ノ戸まで3.6Kmほど。
ママは以前歩いているがじなしは初めてです。
a0166196_16335494.jpg

自然観察路という名の九州自然歩道へ入る。隣を県道11号(やまなみハイウエイ)が通る。沢音を聞きながら温泉硫黄臭の中を歩く。
a0166196_1634465.jpg

牧ノ戸温泉の県11号を横切って森へ入る。ここから牧ノ戸峠まで1.8km。
陽も射してきた。
a0166196_16353760.jpg

木漏れ日の散策路を気持ちよく歩く。
a0166196_16362570.jpg

誰がじなしへ落としたラブレターか? 落とし文(オトシブミ)発見。
a0166196_16373775.jpg

木道が現われると牧ノ戸は近い。
a0166196_16382443.jpg

牧ノ戸峠へ到着。8時13分。
急登もなく、標高差300mほどを意外と楽に登ってきた。
a0166196_1639540.jpg

ひと休みしたら出発。8時22分。
登山口標柱が新しくなっている。あのトーテムポールは何処へ・・・去年12月にはあった。
a0166196_16395170.jpg

いつもはきついコンクリート登りもウオーミングアップ十分で割りとスイスイ?で沓掛の肩へ。新しい寒暖計は14℃。
a0166196_16403613.jpg

沓掛を下りて緩やかな登りを進むと・・国東のH田さんと遭遇。今日は深夜1時出発の朝駆けですばらしい「焼け夜明」?を楽しまれたあとのお早い下山のようだ。
H田さんと話をしていると・・・後ろから追いついた女性から「じなしさんですか?」と言われたので、すぐになおさんとわかる!
実はなおさんには少し前にくじゅうのバイカツツジ情報を教えてもらっていたのだ。

なおさんから、Sanpoさん達も今日は朝駆けで今こちらへ下山中らしいと聞く。
その後、扇ヶ鼻分岐手前でSanpoさん、Ryonaさん、Yumiさんと出会う。
なおさん、Sanpoさんは以前からのブログ山友でしたがみなさんと会うのは初めてでした。

なおさん →赤毛日記
Sanpoさん →くじゅうを山歩
Ryonaさん →くじゅう連山のひよっこ
Yumiさん →ららら山びより♪

みなさんから花情報など教えていただいてお別れする。
青空に巻雲が美しい。
a0166196_16421589.jpg

久住町側から湧きたつガスが北からの風に押し戻されて久住山はグッドピラミダル。
a0166196_1643378.jpg

登る人、下る人、相変わらずくじゅうはたくさんの登山者で賑わう。
避難小屋先で昼ごはん。
a0166196_1643473.jpg

ひと休みして出発。11時。
久住分れから北千里浜へ下りる。
a0166196_16443644.jpg

北千里浜から見る硫黄山の噴火。今日はやや活発か?
a0166196_16452929.jpg

すがもり越分岐を過ぎる。
a0166196_177545.jpg

猿岩を見てガレ場の急坂を下ると目に入る坊がつる湿原の緑が濃い。
a0166196_16463651.jpg

法華院山荘で一休み。
a0166196_16472870.jpg

坊がつるは3週ぶり。
標高1230mの盆地状湿原はラムサール条約(国際的に重要な湿原に関する条約)に登録されている。環境保全のためにボランティアによる野焼きなどが行われる。
a0166196_16481498.jpg

分岐を雨ケ池へ。
一部に傷みの激しい登山路を通って雨ケ池へ着く。
ここでじなしの町に30年ほど前に住んだことがあるYさんと遭遇。
何と、YさんはSanpo さんとも山友のようだ。
YさんHP → 九重連山を歩く

これからこの湿地帯ではノハナショウブやヤマラッキョなどの大群落が見られるだろう。
a0166196_16492446.jpg

タデ原へ向かって樹林帯を下る。久しぶりに歩くと距離を感じる。
やっと?タデ原湿原へ着く。
a0166196_16503331.jpg

無事に周回を終えて長者原駐車場へゴール。15時ちょうど。
8時間、16Kmほどのくじゅう周遊花めぐりでした。
a0166196_1652818.jpg


初めてピークを目指さない九重歩きでしたが、梅雨晴れにたくさんの花々と出会えた。
1年前から気になっていたバイカツツジにも出会えて感動。ショウキラン、ヤマオダマキはまさに旬の勢いがあった。

なおさん、Sanpoさん、Ryonaさん、Yumiさん、ありがとうございました。
みなさんと出会えてとてもうれしかったです。朝駆けは少し苦手ですが^^;これからもよろしくお願いします。

長者原7:02→8:13牧ノ戸8:22→10:38久住分れ下避難小屋(昼食)11:00→
11:03久住分れ→11:42すがもり越下→12:27法華院山荘→13:35雨ケ池→
14:55タデ原湿原→15:04長者原 ※8時間ほどで周回
(途中休憩も多々あり)
(GPSマップ)
a0166196_177551.jpg

a0166196_1781645.jpg



今日の花たち 056.gif ~

バイカツツジ(梅花躑躅)
a0166196_16542645.jpg

a0166196_16545427.jpg

a0166196_16552277.jpg

ショウキラン(鐘馗蘭)
a0166196_16555020.jpg

a0166196_16562482.jpg

a0166196_1656588.jpg

ヤマオダマキ
a0166196_16573131.jpg

a0166196_1658675.jpg

シモツケ
a0166196_16583441.jpg

コケモモ
a0166196_1703057.jpg

ベニドウダン
a0166196_1705882.jpg

ミヤマキリシマ(まだきれい!)
a0166196_1714156.jpg

シライトソウ
a0166196_1721115.jpg

イブキトラノオ
a0166196_172401.jpg

ヤマアジサイ
a0166196_173853.jpg

オカトラノオ
a0166196_1734073.jpg

ノハナショウブ
a0166196_1741042.jpg

Commented by kyuujitunituki at 2015-06-29 17:57
jinashiさん、こんにちは。
昨日の九重は良い天気に恵まれてとても梅雨の時期とは思えませんでした。
巻雲と青空が映えて、山の稜線が良くてゆっくり過ごしていました(笑
お目当ての花に出逢えて良かったですね。バイカツツジにはまだ出逢っていません。ヤマオダマキも開花していたんですね。
まだだろうと思い坊がつるには向かわず牧の戸へピストンでした。鳴子山で蓮華を観賞して12:15には下山しておりました。
今朝は、朝焼けが良かったのではないかと思います。
来年の課題として取っておきます。
Commented by jinashi at 2015-06-29 19:08
11時に腰を上げて久住分れから北千里へ下って行きましたので・・もしかして下山中の休日さんとニアミスだったかもしれませんね。
 空も風も気持ち良い九重でした。
Commented by kabuto1952 at 2015-06-29 19:28
ジナシさんこんばんは。九重を大周回されたんですね。お疲れ様でした。美味しい花も沢山鑑賞出来て最高でしたね。九重も夏の様相を帯びて来ました。私は暑いのが駄目ですから夏は朝駆け中心の登山ですが、今週末は九重や由布岳や阿蘇に赤系の花を追いかけるうもりです。先日の様に山でのバッタリ遭遇を期待しております。
Commented by のんびり夫婦 at 2015-06-29 20:26 x
かなりの長距離でした。
長者原~牧ノ戸はまだ歩いたことがありません。遊歩道になっているのですね。
ブロ友さん達に出会え楽しい山行になったことでしょう。
バイカツツジはまだであったことがなく、来年は狙ってみようかな。その時はよろしくお願いします。
青い空に秋のような雲で気持ち良さそう。
こちら山口も良いお天気の割に、すっきりして歩きやすいお天気でした。
またしばらくは梅雨模様ですが、明けたら暑くなり標高のある山を選びたくなります。
Commented by cnogmai8255 at 2015-06-29 22:16
jinashiさん、こんばんは。
昨日はお会い出来て大感激でした(*^^*)
あまり長くお話出来ませんでしたが・・・
お目当の花に会えたかどうか心配していました。
チョッと解りにくいので私も何度も探しに行きました。
ヤマオダマキとショウキランに会えたのですね。私は蕾の時しか会った事がありません。
お花に癒されて楽しい山行になって良かったですね。
それではまたお会い出来るのを楽しみしています☆彡






Yさんにもお会いされたのですね。Yさんは私達の師匠です。
Commented by なお at 2015-06-29 23:52 x
jinashiさん
先日はやっとお会いできてうれしかったです。
すぐにご夫妻だとわかりましたよ。
さんぽさんもRryonaさんもお花に詳しく、いつも教わってばかりです。
今度は皆さんでゆっくり花散策でもしましょう。
長者原からだと長い距離ですね。お疲れが残ってませんか。
またご一緒できる機会をたのしみにしてます。奥様にもよろしく。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-30 08:26
jinashiさん、おはようございます。
九重のロング周回を楽しまれたご様子。
頂上を目指さなくても満足行くコースでしたね。
奥様からのラブレターではなかったようですが、『落とし文』大変勉強になりました。別名「ホトトギスの落とし文」とも言われているとか。
バイカツツジにヤマオダマキ、出会いたい花でしたので参考になりました。
今、出会いたい
Commented by jinashi at 2015-06-30 10:53
いーさん~ いよいよ夏山の季節ですね。
夏は標高の高いお山が良いですね。100mで0.6℃ダウンでしたか・・くじゅう山頂では家より-10℃ということになりますね。
阿蘇あたりに赤系でまだお会いしていない美形のお花さんも居るので梅雨明けには計画してみます。
Commented by jinashi at 2015-06-30 10:56
のんびり夫婦さん~ 天気も良く、緑一色となったくじゅう夏山の景色はすばらしかったです。初めての花さんとも出会えましたが・・九重にはまだ知らないお花もけっこうあるのでしょうね。
夏場はやはり標高のある山が良いですね。九州では九重、祖母あたりですね。
アルプスも考え中です。
Commented by jinashi at 2015-06-30 11:04
Sanpoさん~ 雨ケ池から指山散策路あたりは又、季節を変えてゆっくり歩いてみようと思いました。なおさんからsanpoさんは花さんにとても詳しい・・と聞いています。
また知らない花さんのことなど教えていただけると嬉しいです。
気が向けば・・・大朝焼け期待の朝駆けもやるかも?
Commented by jinashi at 2015-06-30 11:10
なおさん~ いろいろと気にかけていただき感謝しています。
おかげさまで宿題をいっぺんに終えることが出来ました^^
周回距離も16Kmほどで結構ありましたが久住分れからほぼ下りで・・途中のお花見もありましたのでそれほど疲れは感じませんでした。帰路はめずらしく深見温泉を横目に帰りました。(いつもは塚原~速見インター~山香~太田経由です)
また、いい情報をまっていま~す!
Commented by jinashi at 2015-06-30 11:14
うすきさん~ 青梅台~由布~倉木とお疲れ様でした。
最後のお姫さまはすばらしいいい色でした。キスゲの黄色も艶があってよいです。
由布のヤマオダマキもこれからですね。
九重で見たヤマオダマキは思った以上の群生でそれも旬の輝きがありました。バイカウツギは初めてでしたが貴重品ですね。ぜひ探索に行かれて下さい。
Commented by higetias at 2015-06-30 13:00 x
じなしさん、こんにちは。
今回はくじゅうの花散策だったようですね。
由布院からの帰りになおさん情報でお会いしたと知りましたが、sanpoさんとも会われたとか・・・。
昨年は7月12日にヤマオダマキがちょうど見頃だったのですが、やはり今年は早いですね。
由布岳のヤマオダマキはこれからで開いた花は見れませんでした。
バイカツツジもショウキランもちょうど良いタイミングで良かったですね~。
ノハナショウブも咲き出しているようで、そろそろくじゅうにも足を運んでみたくなりました。
次はどちらへお出掛けでしょうか。
Commented by jinashi at 2015-06-30 15:05
higetiasさん~ 信ちゃんからご案内をいただきましたが、こちらの準備をしていましたので今回はバイカツツジ探しのくじゅう徘徊でした。
予想外の美人花さんや想定外の山友さんともお会いできてラッキーでした。
緑のくじゅうに青空、そして気持ち良い風が吹いていました。
higetiasさんの由布岳~倉木山のアップを待っています!
Commented at 2015-07-08 18:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by jinashi | 2015-06-29 17:09 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(15)