巨石を巡る金敷城山 2015.5.24(日)

孫の運動会へ福岡に出かけたついでに・・巨石で知られる佐賀の金敷城山を登る。
誰彼のネットで見ていて、いつか登ってみたいと思っていた。

前日の運動会。昼ごろ僅かにぱらついた雨もおさまって無事終了。
a0166196_1854229.jpg

a0166196_186659.jpg


 金敷城山(かなしきじょうやま・425.5m)
  ~分県登山ガイド・佐賀県の山20

翌日は(数日前の)予報が外れ、朝からすっかり晴天に^^
佐賀大和インターからR263を北へ向かえばすぐに巨石パーク入口駐車場(無料)へ到着。(道の駅「大和そよかぜ館」の手前右)

出発は8時7分。ここの標高≒30m?
9時になるとゲートが解かれて上の駐車場まで行けるようだ。
a0166196_1873086.jpg

テイカカズラ
a0166196_188180.jpg

色づきはじめた・・
a0166196_18303335.jpg

ヤマボウシ
a0166196_18311291.jpg

スイカズラ(金銀花)
a0166196_18314550.jpg


a0166196_18321126.jpg

キキョウソウ
a0166196_18324848.jpg

9時オープンの案内所&トイレ。駐車料金300円?
a0166196_18332213.jpg

最後の駐車場から登山道へ入る。8時31分。
a0166196_18345537.jpg

擬木の階段を登る。
a0166196_18354841.jpg

自然林の急登をすすむと神頭石へ到着。8時46分。
長く眺めているとご先祖様の顔が見えてくるというが・・・
ここからつぎつぎと巨石が続く・・。
a0166196_18363014.jpg

道祖神石。
a0166196_18371683.jpg

兜石。
a0166196_183831.jpg

御船石。
a0166196_18384830.jpg

造化大明神。天地万物を造った神様石(男神石と女神石)で下を通れる。
a0166196_18395224.jpg

高さ10mの屏風石。
a0166196_18402924.jpg

子孫繁栄、夫婦和合、腹ごみの御利益があるという誕生石から下界を見下ろす。
山城なら見張り所だった?
a0166196_18411382.jpg

一段高いところにある烏帽子石。屋久島の天柱石を思い出す。
a0166196_18415548.jpg

すこし西へ歩いたところにある神籠石。
a0166196_18423922.jpg

天の岩門。天岩戸に似る?
a0166196_18432547.jpg

蛙石。カエルよりクジラか?
a0166196_18443057.jpg

ほかにもあったが省略。
17基あるという山腹の巨石群は肥前風土記に記されている世田姫という石神であるとされている。

電波反射板から尾根道へ。
a0166196_18451651.jpg

分岐を乙文殊宮方向へ進む。この先少し行った金敷城山分岐を左に入る。
a0166196_1846772.jpg

舗装林道へ出て再び山へ入る。
a0166196_1847273.jpg

樹木に囲まれた山頂へ到着。9時59分。
下から銃声のような音が繰り返し聞こえてくる。
a0166196_18475455.jpg

祠や三等三角点あり。石碑に彫られた漢字も風化して判別しづらい。
山名ルビは「かねしきじょうやま」となっている。
a0166196_18493135.jpg


先の分岐へ戻り、巨石ゾーンを下る。
ガイド付きの団体さん等とすれ違って駐車場へ下山。11時5分。
a0166196_1849862.jpg

朝鮮半島にも近く、山名から冶金を思わせる。
新緑の自然林の中、古代祭祀遺跡ともいわれる巨石群を巡り、歴史に触れる3時間の山旅でした。
3月に歩いた筑豊の岩石山に少し似ている!?  


(本日のGPS)
a0166196_1850851.jpg

a0166196_18502645.jpg

Commented by kyuujitunituki at 2015-05-25 21:31
jinashiさん、こんばんは。
運動会のついででしょうか(笑
確か、川上峡温泉の近くではなかったでしょうか。
看板を見たような気がします。
歴史に触れながらの楽しい山行、羨ましく思います。
私もできるだけテーマや目標をもって山行を楽しみたいと思います。ありがとうございました。
Commented by のんびり夫婦 at 2015-05-26 07:24 x
お孫さんの運動会、これも楽しい行事でしょう。
佐賀までとは遠いですね。
しっかりした駐車場があるのが頼もしい。無料だと尚更です。
奇岩が沢山あります。名前はどうして付けられたか知りませんが、無理すれば見えないこともありませんね。
Commented by MORI at 2015-05-26 15:34 x
jinashiさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
金敷城山を歩かれたのですね。
私も一度歩きましたが、山自体は低山ですが、巨石群が素晴らしく再度訪れたいと思っている山です。
最近は何かと所用があり山歩きに中々行く事が出来ません。
ミヤマキリシマは何処かの山で観たいと思っているのですが・・・・・。
Commented by jinashi at 2015-05-26 21:05
休日さん~ 夏らしくなってきましたね!
休日さんも何かと多忙な中、山へ向かう様子を同志として嬉しく思います。
歴史や自然(花々)が多ければこそ、その山の余韻が残ります。それに景色がプラスされれば最高ですね。
Commented by jinashi at 2015-05-26 21:09
のんびり夫婦さん~ 1年が経つのは早いもので・・アケボノやシャクヤク、シャクナゲが終わってミヤマの季節になりますね。今年は事前情報ではあまりいい話はありませんが・・一度は詣でないと帳面が消えませんね。
Commented by jinashi at 2015-05-26 21:15
MORIさん~ 行ってきました^^
先ほどMORIさん金敷山城を見ました。蛙岩の感想は同じだったようですね・・(だれもおなじ?)
くじゅうミヤマですが・・6月7日の山開きに平治の北尾根から突っ込みたいと思っています。天気ならの話ですが・・
金敷山城のあと、MORIさん背振縦走最後の基山を訪れてきました。
Commented by tikuzenootomo at 2015-06-09 17:58
こんにちは~♪
金敷城山へいらしてたんですね^^
その日私たちは、くじゅうでした。

あそこは低山ながら面白い山ですね。
信仰の山でもあり、想像をかきたてます。
運動会、お疲れ様でした~
Commented by jinashi at 2015-06-09 18:53
ootomoさんblogも見て行きました^^
古代の信仰を感じましたね。現代人でもこれほどの巨石には畏敬の念を想います。
帰路の大刀洗ゼロ戦もootomoさん参考でした^^
by jinashi | 2015-05-25 18:50 | 佐賀県の山歩き | Comments(8)