官兵衛最終回の日に城井ノ上城址を訪ねる 2014.12.21(日)

今夜はNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」の最終回を迎える。
今年1月5日の放送初日には豊前みやこ町の馬ケ岳へ登ったが、今日は最終回を記念して?築上町にある宇都宮鎮房(しげふさ)の城井ノ上城(きいのこじょう)を訪ねてみよう。

宇佐の大蔵山を下山後、食事などですこし遅くなった。
椎田から広域農道へ入り、築上町深野から県237を寒田へ向かう。昨年8月に訪れた蔵内邸や大楠、宇都宮氏菩提寺の天徳寺を過ぎて英彦山方面へと谷を入る。

寒田(さわだ)へ入りさらに奥へと進んで城井ノ上城址入口へ着く。
天正15年(1587)、宇都宮(城井)鎮房と嫡男朝房は豊臣秀吉の九州統一(島津氏攻め)に協力した。しかし九州国分けでは鎌倉時代より豊前の国を治めた宇都宮一族の領地の豊前六郡が黒田官兵衛孝高の所領となり、鎮房は転封を命ぜられた。これを不服とした鎮房と下毛郡の野仲鎮兼を筆頭とした宇都宮氏一族は各地で黒田氏に蜂起したが、次々と鎮圧されていった。鎮房は寒田の大平城(ここから北東3Kmの山頂)を拠点とし、ここ城井ノ上城を籠城所として最後まで抵抗したが、ついに和睦した。しかし天正16年4月20日、黒田長政が鎮房を中津城で謀殺し、朝房も肥後で殺され、豊前宇都宮氏400年の歴史は幕を閉じた。(説明板より)
a0166196_1440634.jpg

400mほど行くと前方に岩峰がそそり立つ。「三丁弓の岩」といわれるところだ。
城井ノ上城は周囲を岩壁に囲まれた地形で、自然の岩の表門と裏門があり、隠れ城と呼ばれる。貝原益軒の「豊国紀行」には「このかう屋敷は城井氏が敵をのがれてたてこもるところなり」と書かれる。三丁弓の岩は、ここを防ぐに三丁の弓だけで足りたことに因んで呼ばれる。(説明板より)
a0166196_144107.jpg

「射手3名おれば敵一兵も通さず」というところから名づけられたという。
a0166196_14415045.jpg

さらに進むと水子地蔵の先が「登り口」となっている。
a0166196_1444465.jpg

登り口にはドラマで宇都宮鎮房を演じた俳優・村田雄浩さんによる記念植樹がされている。
今日植えられたばかりのようだ。
前日(12月20日)には築上町文化会館で村田雄浩さんのトークショーが行われている。
a0166196_1445340.jpg

自然の大岩が開口した表門を入る。
a0166196_14455656.jpg

その先にも大岩の門が。
a0166196_14465817.jpg

この辺り一帯が城井ノ上城跡のようだ。
a0166196_14474629.jpg

表門から歩くこと20分ほどで裏門を見上げるところへ着く。
a0166196_1448354.jpg

裏門下にある番人の穴。
a0166196_14492443.jpg

裏門へと崖を登って行く。
a0166196_14502023.jpg

鎖を掴まえて這い上がる感じ。
a0166196_14513970.jpg

登り上がった所にある「根上の榊」。
a0166196_15134039.jpg

榊を背に登って来た向うを見る。 16時を過ぎたのでここまでとし、Uターンする。
a0166196_15141978.jpg

登り口へ戻る。右の記念植樹を見ている。
a0166196_15172261.jpg


まさに自然の要塞という感じの宇都宮氏籠城でした。
大阪ナンバーの男性一人もわざわざ見学に来られていました。
 今夜の官兵衛を楽しみに帰路につく。

明日22日は冬至。ことしの冬至は19年に1回巡ってくる「朔旦冬至(さくたんとうじ)」。陰暦11月1日は月の復活と太陽の復活が重なる瑞祥吉日として宮中で祝宴が行われたという。

(本日のGPSマップ)
a0166196_1524370.jpg

a0166196_15241961.jpg

Commented by のんびり夫婦 at 2014-12-24 20:41 x
一日二座とは精力的です。
そそり立つ大岩に奇岩、いわれのあるルートが楽しそうですね。
国東独特の岩に見えます。
私達も23日に瀬戸内の島で同じような岩に出会いました。
最初はモルタルを塗ったのかと思いました。
距離も近いので似ているのかな。
Commented by jinashi at 2014-12-24 21:28
のんびりさん~ 往復1時間ほどの遠足でした。
夕闇迫る時刻でしたので周回をしませんでしたが、歴史舞台に来て家臣どもがあわただしく動いている様子を想像したり・・
今年最後の山歩きでした。
Commented by kabuto1952 at 2014-12-25 03:28
今年最後の登山でしょうか。お疲れ様でした。
一度は歩いてみたい自然の要塞ですね。
中津には宇都宮一族の怨念で壁が血に染まった寺
があるらしいですね。ドラマは一年間楽しみましたが、
官兵衛ゆかりの地は、今年は名護屋城以外は何処も訪ねておりませんので、一度ゆっくりと訪ね歩きしてみたいものです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2014-12-25 10:45 x
こんにちは~
城井谷へお出ででしたか~~我が家からは近いんですよ。
と言っても歩いたのは一度だけです。
寒田などは何度か行っておりますが・・・
ドラマで有名になり、いろいろと標識なども出来ているようです。
秋に歩きましたが、「他城のイロハモミジ」の紅葉がきれいでした。
もう登り納めですか?
Commented by jinashi at 2014-12-25 18:48
いーさん~ 豊前、豊後は官兵衛ゆかりの地なので親近感もあり、1年間楽しませてもらいました。
南九州遠征お疲れさまでした。いーさんの徘徊力?はだれにもまねができませんね。 来年はどこかでご一緒させてください。(T山の件はとある事情で参加できません。Nここさんには伝えています)
Commented by jinashi at 2014-12-25 18:53
信ちゃんさん~ みやこ便りブログを見て刺激されたのは言うまでもありません^^
信ちゃんナビのトレースをたどろうと思っていましたが日没となりました。馬ケ岳~城井ノ上城址と豊前地区にはお世話になった1年でした。
 来年もまたいいところへ誘って下さいね。
Commented by へんろみち大将 at 2014-12-31 02:32 x
最近のブログの近場の山歩き、歴史も含めて
とても素晴らしく興味があります。

是非新年はご先達とご一緒させていただきたいものです。
ほんとうにありがとうございました。
来る年も素晴らしいものになりますよう、お祈り申し上げます。
Commented by jinashi at 2014-12-31 16:53
へんろみち大将さん~ 国東宇佐には未登の山がかなり残っています。歴史遺産などおもしろそうなところもありそうです。来年も情報収集をしながら楽しみたいと思います。
大将さんには今年は何かとご指導いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。 良い新年をお迎えください。
by jinashi | 2014-12-24 15:24 | 福岡県の山歩き | Comments(8)