錦秋の三俣山お鉢巡り~二郷山友会紅葉登山会 2013・10・27(日)

3週連続のくじゅう紅葉詣でとなる。 
長雨を降らせたダブル台風も去って今日の予報は晴れマーク。
情報では三俣山の紅葉は今が盛りを迎えているらしい。
去年は鶴見岳で21名が参加した山友会紅葉登山だったが‥今年は6名の精鋭隊が三俣山を登る。

 三俣山(みまたやま・1744.7m)  九州百名山~8回目

2週前より1時間早い6時過ぎに到着したのに大曲から150mほど牧ノ戸寄りの路肩にやっと駐車場所を確保する。さらに次々と車が到着してくる。
長者原も車でいっぱいだったが今日はミヤマキリシマ山開きのような人人人…。

おニューのスパッツの付け方が解らず奮闘するYさんを・・小学校からの同級生Oさんがアシスト。
a0166196_21422982.jpg

全員準備万端。6時29分スタート。気温は3℃、すこし肌寒い。
a0166196_21424968.jpg

これから登る三俣山がそそり立つ。ガスも晴れてきて‥いい天気になりそうだ。
a0166196_2143237.jpg

硫黄山にむかって鉱山道路を行く。
a0166196_21433261.jpg

ガレ場の急坂をすがもり越へむかう。
a0166196_2143534.jpg

振り返ると三俣の山影が泉水山へかぶさる。
a0166196_2221924.jpg

すがもり越からは多くの登山者と前後して西峰山腹の急坂をのぼる。
a0166196_2144167.jpg

西峰山頂へ。2週前には群れ咲いていたリンドウも終わりを迎えたようだ。
a0166196_21443540.jpg

万年山むこうで雲海に沈む玖珠の町並み。
a0166196_21452267.jpg

本峰へ向かう
a0166196_21454530.jpg

本峰へ到着。8時41分。
a0166196_2146374.jpg

早速北峰を望む。すごい! 僅か2週でこうも変わるものか…
1年前と同じようにすばらしい錦の紅葉を見せている。
a0166196_21462954.jpg

大鍋、小鍋方向。 国東のH田さんは大鍋の底にいるらしい。
a0166196_21465397.jpg

山頂写真。
a0166196_2156597.jpg

北峰へ向かう。急坂を滑らないよう立木やロープに掴まりながら鞍部へと降りていく。
a0166196_21472740.jpg

鞍部から北峰へ登り返す。北峰山頂部から北西に見る指山の紅葉。
a0166196_21475733.jpg

今歩いてきた本峰との鞍部を見下ろす。
a0166196_21485486.jpg

北峰山頂(1690m)で朝駆けのH田さんと合流。ここから燃え立つ大鍋のふちを巡る。
左回り組と右回り組とが狭い登山路を譲り合いながらの交互通行です。
a0166196_21494490.jpg

a0166196_2150663.jpg

a0166196_21503098.jpg

雨が池から上湯沢台あたりを見下ろす。
a0166196_2150487.jpg

猫の額ほど広場?で小鍋の紅葉を愛でながら早い昼食。まだ10時過ぎ。
小鍋の縁から向こうに大船山を望む。段原から山頂部にかけていい色付きが見える。
a0166196_2151834.jpg

今は通行止めとなっている雨ヶ池分岐から南峰に向かって登り返す。
右に先ほど下りてきた北峰尾根を見る。
a0166196_215127100.jpg

南峰へ上がり先のテラスで一休み。
下山途中に大鍋の縁から燃える北峰を見納めする。
a0166196_21515515.jpg

Ⅳ峰と本峰の鞍部へ向かう。
a0166196_2152209.jpg

今日は噴煙口が増えた?感じの硫黄山を前にすがもり越へ下りる。
a0166196_21524049.jpg

全員無事に大曲へ下山。13時54分。
a0166196_21525969.jpg


6人だけのちょっと寂しい登山会でしたが青空のもと、最高潮に燃え立つ紅葉をたっぷりと楽しんだ登山会でした。
「牧場の湯」で疲れをほぐして帰路につく。帰ってからの全員集合反省(飲み)会も又楽しからずや!


本日のGPSマップ(拡大します)
a0166196_21551881.jpg

a0166196_21553827.jpg

累積標高差≒1020m。歩行距離≒8.2Km。歩数≒16000歩。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2013-10-28 22:50 x
きれいな紅葉ですねぇ~
台風の影響も少なくてよかったですね(^O^)/
久住山の山頂よりじなしさんがいらっしゃる三俣山を眺めていました。
本峰から北峰への下りの道は厭ですねぇーー
Commented by トトロのとなり at 2013-10-29 13:05 x
毎度すごい紅葉ですね。山頂部の紅葉は低木なんですね。ツツジかな?
1年半ぶりに国東に行きました。まったく紅葉はしてませんでしたが、すてきな里の秋を満喫しました。豊後の人たちがうらやましいな。
Commented by chiya- at 2013-10-29 13:33 x
わ~~やっぱ綺麗ですね。三俣。今年は私は行けませんでした。泣
Commented by jinashi at 2013-10-29 18:11
信ちゃん~
三俣から久住山を眺めていました^^
いい天気でしたが‥お山は定員オーバー状態でしたね。
2年続きで鍋縁の真っ赤な炎の中を歩くことができてラッキーでした(^-^)
信ちゃん情報のおかげです(感謝!)
Commented by jinashi at 2013-10-29 18:13
トトロのとなりさん~
くじゅうに出かけて留守をしていたときにこちらへお出かけされたようですね。
国東半島では11月末~12月初旬が紅葉の見頃となります。
くじゅうの紅葉はドウダンツツジがメインですが、国東半島はもみじやカエデ、ナラ、クヌギそして銀杏の黄葉といったところでしょうか。
まもなく高千穂や諸塚あたりでも素晴らしい錦秋に出合えるのでは?  
Commented by のんびり夫婦 at 2013-10-29 18:13 x
やっぱり行かれたのですね~。
素晴らしい光景です。
朝6時でこの混雑になるのですか。
お天気が良さそうだったので、色気はあったのですが・・・。
何せ遠いので、躊躇しました。
諸般事情と判断で別の山に行きました。
来年の楽しみです。
Commented by jinashi at 2013-10-29 18:17
chiya-さん ~
今年はくじゅう紅葉と縁がなかったのですね・・
じなしの今年はいい天気のもと大船、三俣とフルコースでもう満腹です^^
山に登りいち早く季節の変化を感じるときってなんだか幸せですよね…
Commented by jinashi at 2013-10-29 18:40
のんびり夫婦さん~
山口からはすこし遠いですね・・4~5時間ほどかかるのでしょうか?
長者原レストハウス横の駐車場は他県ナンバー車中泊でいっぱい、ミヤマの時と変わらないほどの大入り袋でした。
山口のほうでもこれから紅葉の名山を楽しめるのでしょうネ
Commented by yamanba-hita at 2013-10-29 21:12
三股の山影に驚きました!心の中で手を合わせていました(笑)
国見の連中といらしたのですね!バンザーイ!って言わせてください。
yokobabaでした!
Commented by jinashi at 2013-10-29 21:27
夜はyokonbabaの話も出てきました~我が家での反省会(飲み会)でした^^
Commented by MORI at 2013-10-30 08:31 x
素晴らしい紅葉、目の保養になりました。
最近、九重山系の紅葉を観ていないので、来秋行きます(笑)。
これから英彦山系も見頃を迎えます。
来られる予定がありましたらご連絡下さい。
ただ今週末は(日曜日)天候が・・・・・・・。
Commented by jinashi at 2013-10-30 16:34
MORIさん~ 
今年は2山でいい紅葉を楽しむことができました。
これから英彦山、犬ヶ岳から里山へと下りてきますね。1年が早い!

さて、六甲縦走、行くんですね? 56Km,累積標高差≒3200m、 ぜひ完歩してきてください。 MORIさんお二人なら楽勝でしょう・・
Commented by tikuzenootomo at 2013-10-31 11:01
こんにちは~

三俣山も、すごく綺麗ですね♪
生でみたいですね~^^

それにしても、そんなに車も人も多いなんて
凄いです><
いい季節だし、しょうがないですね^^;
Commented by jinashi at 2013-10-31 17:46
お鉢めぐりでは渋滞も起きていました。 本物の山ガールは目の肥やしです^^ ・・が最近は後姿だけの偽物も多い・・
ootomoさんは呼子でグルメ三昧だったのですね。そっちもいいなあぁ!
Commented by へんろみち大将 at 2013-11-04 00:13 x
懐かしいなあ。

ほんの数年前まで多くの山ガールを
引き連れて登っていたんですが・・・

残念です。
Commented by jinashi at 2013-11-04 21:16
じなしも残念です。 大将さん&多くの山ガールと団体でくじゅうを歩きたかったです・・・
 今日は由布岳に登ってきました。
  紅葉前線も奥別府までおりてきましたね^^
by jinashi | 2013-10-29 18:35 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(16)