1年ぶりの平尾台~青竜窟を探訪 2013・9・8(日)

早朝から2020年東京オリンピック開催決定の喜びで沸き立つ日本列島となる。
少したって7年後の自分や家族、そして地域はどうなっているかを考えさせられる…。 それなりの?歳となっているのだが、元気で山歩きが出来ている7年後を迎えたいと思う。

小倉の西日本総合展示場であるR社「健康フェア」に出かけた。
ヘルスケア産業も年々進化し、より便利で、より快適な商品が創り出されている。この分野でも今後の世界をリードしていけそうな感じがする。
a0166196_230568.jpg


今日の予報は雨マークが出ていたが、天気次第ではいつもの?平尾台に寄ってみようと靴やザックを(しっかりと^^)用意する。
「健康フェア」会場を出ると臨海工業地帯の煙突の上には青空も見え天気は回復しているようだ。
ナビを平尾台にセット。モノレールの下を走ってR322から県28へ入り高度を上げると大平山(おおへらやま)の登山口のある吹上峠へ上がる。少し先から左へ入って茶ケ床園地へ着く。駐車場はほぼ満車。
ちょうど1年前には信ちゃん&俊ちゃんとお会いし平尾台の草花を案内していただいたのだ。

平尾台  ~ 9回目
(今日のGPSマップ~拡大します)
a0166196_2331989.jpg


東屋でお昼の弁当を頂いてからスタート。12時39分。ここの標高≒430m。
a0166196_2335871.jpg

今日は貝殻山から天狗岩を目指そう。貝殻山への最短コースは気が付かず舗装路を遠回りする。
a0166196_2353275.jpg

貝殻山近くまで来てママがまだサギソウが咲いてるかも…、青竜窟にも行きたい…、というので急遽目的地変更。貝殻山手前から茶が床へ戻る。
a0166196_235078.jpg

ここを通れば貝殻山は近かったのだ。
a0166196_235295.jpg

再度茶ケ床園地から前方に羊群原を見上げながら舗装路を緩やかに登っていく。
a0166196_2355739.jpg

中峠分岐を過ぎて広谷湿原へ向かう。
a0166196_2364637.jpg

広谷湿原に降りて行く。
あった! もう咲き残りとなったサギソウを2~3見つける。
a0166196_2371163.jpg

a0166196_2373146.jpg

オオサギソウというのもあるらしいが見たことはない。
広谷湿原へ下りて行く。谷間の向うに青龍窟はあるようだ。
a0166196_238129.jpg

分岐をドリーネへと降りて行く。ここが青龍窟か?
a0166196_2383251.jpg

ドリーネの底にある小滝。水は地下に広がっているだろう鍾乳洞(青龍窟?)へと吸い込まれていく。(ここを滝不動ドリーネ(田代の岩屋)というようだ)
a0166196_2385941.jpg

反対側へ上がるとそこは周防台と広谷台の鞍部だ。まっすぐに行橋市街を見下ろしながら青龍窟へ下りていく。
a0166196_2392824.jpg

200mほどすすむと左下に青龍窟があらわれる。注連縄が2本張られている。
a0166196_23104464.jpg

平尾台最大規模の鍾乳洞で国の天然記念物に指定されている。奥へ3Kmほど続くようだ。ナウマンゾウの頭蓋骨化石も出たという。
a0166196_2311946.jpg

麓の普智山等覚寺の奥ノ院で天台密教修験者の行場だったようだ。
正面祭壇の祠は神武天皇の祖母、豊玉姫を祀る。他に不動明王、上半身の無い仁王像なども。
a0166196_2311401.jpg

景行天皇がここに潜んでいた土蜘蛛(古代に国家に恭順しなかった土豪)を退治した伝説も残る。
a0166196_2312022.jpg

広谷湿原へ戻る。電波塔の左の先は貫山が、右は偽水晶山のある方向。
a0166196_23122780.jpg

復路の峠辺りから「鬼の唐手岩」辺りを返り見る。
むこうに国東半島や姫島もうっすらと望める。
a0166196_23125118.jpg

茶ケ床園地へ戻る。15時38分。少し腰に不安もあったが…久々のお山歩きが出来て満足。
a0166196_23142188.jpg

雨雲が近づく気配やまだ少しの蒸し暑さも感じたが…カルスト草原を駆ける風はもう秋の風となっていました。


           ミシマサイコ
a0166196_23471326.jpg

           マルバハギ
a0166196_23474559.jpg

           ハバヤマボクチ
a0166196_234858.jpg

           マイサギソウ?ヤマサギソウ?トンボソウ?
a0166196_23484936.jpg

           センニンソウ
a0166196_23491480.jpg

           カワラナデシコ
a0166196_23494183.jpg

           ナンバンキセル
a0166196_2350139.jpg

           サワギキョウ群生
a0166196_235103.jpg

           オミナエシ群生
a0166196_23512024.jpg

Commented by のんびり夫婦 at 2013-09-10 19:24 x
平尾台に行かれたのですね。
天気予報はあまりよいようになっていませんでしたが、写真見るがぎりよいお天気です。
平尾台は草原と山も楽しめるので、私達も年数回行きますよ~。
青龍窟はまだ行ったことがありません。涼しいのでしょうね。
すっかり秋の気配を感じます。
申し合わせすれば良かった かな。

私達も同じ日に秋吉台を歩きました。
しっかり秋のお花を楽しめましたよ。
Commented by jinashi at 2013-09-11 15:56
その後体調はいかがですか?
週末ごとの悪天候や野暮用が続きました。午後からちょっとだけのピクニックでしたのでゆっくりお花を見つける余裕もありませんでした…。
秋吉台も同じように秋の装いへ向かっているのですね。
そのうち山口へ行ってみたいです。いい時いいお山をご一緒してくださいね。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2013-09-12 10:12 x
こんにちは。もう一年になりますね。
お天気が芳しくなかったので、お出でにならないのかなと思ってました。
貝殻山への近道ルート、ウメバチソウやセンブリが咲くお気に入りのルートなんですよ。
咲くお花によってあっちうろうろ~こっちうろうろ~としています^^
紅葉の国東のお山もいいですねぇ~~♪
Commented by jinashi at 2013-09-12 21:06
平尾台のことは「信ちゃんに聞け!」ですよね。
さきほど五島から帰ってきました。長崎港⇔五島七ツ岳ピストンでした^^
by jinashi | 2013-09-09 23:28 | 福岡県の山歩き | Comments(4)