第11回み仏の里くにさきウオーキング 2013・5・25(土)晴れ

長安寺~天念寺(無明橋)コース
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_14524926.jpg


み仏の里くにさきウオーキングも6年目となる第11回大会の初日は現在進めている国東半島峯道ロングトレイルコースの一部を歩く。
 ~今日のコース最大の目玉は天念寺耶馬の無明橋を歩くこと!でしょう…
この春廃校となった豊後高田市の旧都甲小学校で受付&開会式。
都甲小学校は近くの都甲中学校と合併し県内初の小中一貫校「戴星(たいせい)学園」としてこの春開校している。

今日はいい天気に恵まれたが参加者は40名ほどと少しさびしい。
木田実行委員が歓迎のご挨拶。
a0166196_14525057.jpg

原田委員による諸注意とストレッチ体操。
a0166196_14534456.jpg

緑の風に吹かれて出発。先達は木田委員。
a0166196_14533372.jpg

長安寺への道へはいる。(最後尾サポーターのため後姿の画像多し)
a0166196_14543314.jpg

緩やかな坂道を1.5kmほど上って鳥居に着く。近くには鐘楼門跡も。国東六郷満山のお寺は宇佐八幡神により守護されている。
a0166196_14541699.jpg

まっすぐの表参道を寺へ向かう。両側にはかつての坊跡が残る。
今でも末裔の4軒が暮らしているようだ。
a0166196_14551941.jpg

段差の高い石段をあがると本堂前に着く。
屋山の中腹にある長安寺はかつて国東六郷満山中山本寺の惣寺として栄えた古刹だ。
宇佐神宮の荘園として守護された長安寺だが、武士の時代(室町)となって本家の田原氏より都甲荘を与えられた武蔵郷吉弘氏が屋山城を本城にした。併せて長安寺の執権を得た吉弘氏だが、戦国の世になって別府の石垣原の合戦で黒田如水の大軍により壮絶な戦死をとげている。
a0166196_14545678.jpg

木像太郎天像と二童子立像、法華経を刻んだ銅版は国指定重文。
太郎天は不動明王の化身といわれ神仏習合修験者の崇拝物で九州では3か所しかない。(撮影禁止です)
a0166196_14555735.jpg

長安寺は「花の寺」としても有名で、寺裏に石楠花が花開くときには多くの観光客(や写真愛好家)が訪れる。
坊守さまからお茶と美味しいらっきょう漬けを頂きました。
長安寺を出て天念寺へ向かう。
a0166196_145629.jpg

荒れた峯道を下っていく。10年に一度行われる峯入り2日目のコースだ。
a0166196_1457680.jpg

森を抜けると天念寺耶馬に無明橋が見えてきた。
a0166196_14564596.jpg

河原へ降りるとその先にある川中不動。
a0166196_14574796.jpg

旧正月7日には修正鬼会が行われる天念寺講堂。平成22年には修復工事が行われた。
a0166196_14574075.jpg

講堂隣にある身濯神社。六所神社に同じで宇佐八幡神(若宮や神功皇后など)を祀る。
少し早い昼食タイム。
a0166196_14585769.jpg

鬼会の里で仁聞菩薩が彫った?栢(かや)一木づくりの阿弥陀如来さまを拝観したら…いよいよ天念寺耶馬の天空に架かる無明橋へ登る。
荷物は預けて10人ほどのグループに分かれる。
a0166196_14583799.jpg

お山巡り参道を進む。途中にいくつもある霊場。
a0166196_14593681.jpg

岩峰の鎖場を先発組が下ってくる。
a0166196_14595735.jpg

へっぴり腰で登るTさん。むこうから軽々登ったMさんが心配そうに見ている。
a0166196_1502056.jpg

じなしも久々の無明橋です。(富さん画像)
a0166196_17194762.jpg

登り上がった先がいよいよ無明橋だ。
無明橋は行者が煩悩を消して無心になるための修行の橋だ。落ちたらもちろん…
幅1.2m、基部からの長さは5.8mの太鼓橋でポーズをとる富さん。
a0166196_1504049.jpg

全員無明橋を渡り終える。祠のある岩場先端から見る無明橋。
a0166196_1511085.jpg

全員が天念寺耶馬から無事に下山しスタッフは一安心。
最後のグループもスタートした旧都甲小学校へゴールイン!
完歩証を頂いて~お疲れ様でした。。

a0166196_1513052.jpg

現在豊後高田市では無明橋は通行禁止としているようです。
今回は晴天に恵まれてみなさん無事にわたることが出来たのだが…単独行や雨や風の強い日には言うまでもありません。 事故と弁当は自分持ち!です。 天気の良い日に自己責任で登る(渡る)ことです。

~翌日は国見町の岐部・熊毛地区ウオークです。


      紫蘭
a0166196_1523710.jpg

      グミの木
a0166196_153521.jpg

      桑の実
a0166196_1531770.jpg

      野イチゴ
a0166196_154225.jpg

Commented by 豊津の信ちゃん at 2013-05-29 22:37 x
じなしさん、先日はお世話になりました。
お陰さまで矢筈岳・アサギマダラ・島巡りと姫島を充分に楽しんできました。
また帰りにはお言葉に甘えまして、お宅に立ち寄りおしゃべり・・・
楽しかったです。
ウォーキングのお手伝い、ご苦労様です。
皆さんの地道なサポートで、岩場も安全に歩くことが出来ますね。
今度また国東のお山にお邪魔しますねぇ~~
Commented by jinashi at 2013-05-30 18:19
まもなく国東半島の岩場にはイワギリソウが咲き始めます。
そうこうしているうちにオオヤマレンゲさんにも会いにいかなければなりませんね。
ご多忙なお山歩きが続いて結構ですね。元気がいちばんです!
Commented by へんろみち大将 at 2013-05-31 02:12 x
素晴らしい山行ですね。
勉強になります。

大将もリハビリが終わったら連れて行ってほしいです(--;)
Commented by jinashi at 2013-05-31 06:58
大将さん おはようございます。
7月7日のペトロ岐部殉教祭には辻野先生にご講演をおねがいしました。同時開催するキリシタンウオークにはみっきーさん、国見YHさんにガイドをお願いしています。大将さんの飛び入りガイドを期待しています^^
Commented by へんろみち大将 at 2013-05-31 16:40 x
7,7行きたいです!!
ネットで調べたけど何処で広報されていますか??

辻野先生乗せて行こうかなあ^^
Commented by jinashi at 2013-05-31 21:44
大将さんと出合えれば~楽しみです!
 広報は今からですが、少数精鋭の参加者を予定しています。。
Commented by のんびり夫婦 at 2013-06-01 12:11 x
山友から何箇所かあるとか聞いた、無名橋。
スゴイ場所にあるのですね。

とうとう梅雨入りしました。
折角の休みですが、日頃ほったらかしにしている、家事色々です。
Commented by jinashi at 2013-06-01 15:34
千年ロマン時空博(大分県北のイベント)の峯道トッレキングガイドからさっき帰ってきました。今日はもう一つの無明橋をあるいてきました。九州百の中山仙境にあるやつ?です。参加者全員(16人?)が渡って喜んでいただきました。下山したら雨でした^^
あしたのミヤマキリシマは雨ですね・・・どうしますか?
Commented by tikuzenootomo at 2013-06-03 16:55
こんにちは^^

鎖場は、どんな風になっているのでしょうか.。。。
無明橋凄いところですね><;
流石、国東です。

石垣原の戦は九州の関ケ原ですね。
九州の名のある武将たちは、黒田家の策謀に翻弄されたような気がします・・・

梅雨に入りました~山に行ける回数が減りますね^^;
Commented by jinashi at 2013-06-03 20:55
tikuzenootomoさん お久しぶりです。
南区中華生ビールに涎を垂らしていたら…じなしに書き込みありがとうございます。
国東半島無明橋の代表格がこの天念寺耶馬無明橋です。10年に一度の峰入りのときにニュースで報道されますが…ほんと怖い太鼓橋です。高所恐怖症の方は下りの岩場で凍りつきます!
それでもお天気のときには慎重に渡れば~大丈夫でしょう。。
大友の歴史についてはまたご指導くださいね。
Commented by ichihime at 2013-06-03 21:25 x
お久しぶりです、凄いところですね、無明橋別のところでしたが、小学校の時の遠足中、怖くてわたれませんでした。
〔這ってわたってもいいのでしょうか??^^;)途中も怖いですね、、やはり私には無理のようです。 7月のウォーク参加したいけど時期が早すぎます。 8月とかはないのでしょうね?
いつもすばらしい景色と山歩き楽しませていただいています。
Commented by jinashi at 2013-06-03 21:53
ichihimeさん 
7月ペトロ岐部ウオークにはご参加できないようで・・残念です。当日は異相関係(禁教キリシタン)遺跡はsatomiさん&みっきーさんにお願いしています。さらに特別ゲスト解説者にへんろみち大将さんにお願いしようと(ひそかに)思っているとろです。
by jinashi | 2013-05-29 15:10 | 国東半島あれこれ | Comments(12)