アケボノツツジの諸塚山に氷の花も! 2013・4・21(日)晴れ

宮崎県北の高千穂周辺の山ではいち早くアケボノツツジが開花するという・・。
前(新版)九州百名山で未登の諸塚山と天孫降臨の二上山へアケボノツツジ探訪登山に出かける。

諸塚山(もろづかやま・1341.6m)  前(新版)九州百名山~91座目

(マップ 赤~諸塚山西登山口  青~二上山登山口)


竹田市から県8~R325で高千穂町に入る。R218を五ヶ瀬町三ヶ所からR503へ分かれ広い陸上競技場があるGパークを過ぎてまもなく左へと六峰街道へ入る。
(六峰街道(ろっぽうかいどう)~五ヶ瀬町から延岡市北方町の間にある六つの峰々(二上山(989m)・赤土岸山(1169m)・諸塚山(1342m)・九左衛門峠・真弓岳(1073m)・速日峰(868m))を越えていく全長57kmの林道をいう。)
街道をくねくねと30分ほど走って諸塚山西登山口前の駐車場に着く。
早朝に自宅を発ってから4時間たっている(ふぅ~)。
鳥居前には5台が止まっている。
北から山体へ当たるようにガスがながれていて寒い!外の気温は2℃。これから晴れて好天となるようなのでしばらく車中待機(朝の昼寝?)とする。
a0166196_21342788.jpg

1時間ほど経つとガスも切れて明るくなってきた。
準備をして西登山口の鳥居からスタート。9時34分。ここの標高≒1200m。
諸塚山は元は修験道の山で英彦山辺りから山伏が修行に訪れていたようだ…と、右の看板に書かれている。
毎年3月第1日曜日に「日本一早い山開き」が行われている。
a0166196_21351191.jpg

丸木階段を上がるとさっそくアケボノツツジのピンクが迎えてくれる。2年ぶりの(この花との)再会です。
枯木にいきなり咲いた淡いピンクの大ぶりな5つの花弁が風にひらひらと揺れている。濃いピンクの蕾もたくさん付いていてまだしばらくは楽しめそうだ。
a0166196_21353159.jpg

冷たい風に震えている…。
a0166196_21502978.jpg

整備された登山道は東の山頂に向かってアップダウンしながら続く。
a0166196_2136689.jpg

2合目を過ぎると丸木階段の急坂となる。脇道もある。
a0166196_21364359.jpg

5合目あたりから上空の風が木々を揺らす。スズタケのフラットな山道を行く。
a0166196_21371551.jpg

8合目あたりからブナの大木も現われてくる。
a0166196_21374258.jpg

なんと樹木の上部には霧氷の白いベールが…!
a0166196_213896.jpg

森林浴の森分岐を過ぎる。山頂へは直進。
a0166196_21383359.jpg

強い風で登山路に霧氷片がバラバラっと降り落ちてくる。
a0166196_21385078.jpg

寒さで咲きかけのミツバツツジも瞑想中。
a0166196_2139784.jpg

丸木階段先に山頂が見えてきた。
a0166196_2139287.jpg

九州百名山地図帳では外されたが…六峰街道一、いや九州指折りの名山です。山頂写真。10時28分。
 ※前(新版)九州百名山でした。
a0166196_21405984.jpg

丸く広い山頂部には方位版もあり山座同定が楽しい。尾鈴山や行縢山方向は伸びた?樹木と少しの霞みで分かりづらい…。こちらは揺岳か?
a0166196_2142302.jpg

寒さで5分ほど滞在したら下山開始。元宮や森林浴の森へはパスして往路を戻る。
団体さん等次々と登山者と出合いながら45分ほどで下山。11時17分。
a0166196_21425559.jpg

駐車場は九州一円より花旅の登山者でほぼ満車でした。
a0166196_21432749.jpg

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_12364474.jpg


このあと六峰街道を少し戻って二上山を登る。

二上山(ふたかみやま・1082m)

六峰街道を二上山登山口まで戻ると道路脇には10台ほどが停まっている。諸塚山に近くセットで登られているようだ。
二上山本峰(男岳)は短いお山なのでザックは置いてスタート。11時50分。ここの標高≒930m。
陽も射してきていい天気になってきた。

宮崎にはアマテラス(天照大神)の孫(=天孫)ニニギノミコトが降臨したという高千穂の地は「霧島高千穂」と「臼杵高千穂」の二説があるという。霧島高千穂説は天の逆鉾が立つ高千穂峰が知られている。県北の臼杵高千穂説では天孫降臨の地を、高千穂町のくしふる峰、二上山、祖母山など諸説あるようだ。

古来より山そのものをご神体として崇められてきた二上山は、諸塚山と同じ修験道の山で山頂には麓の五ヶ瀬町「三ヵ所神社」と高千穂町「二上神社」の奥宮がそれぞれ建立されている。

こちらも木でできた鳥居をくぐる。
ここはかつて「杉の越」といわれる峠で、筑前、豊後、日向、肥後への交通の要となる地であったらしい。 
a0166196_1584520.jpg

急峻な山腹には山頂部へ向かって鉄製階段が続く。
a0166196_1593324.jpg

三ヵ所神社の奥宮が見えてきた。
a0166196_1594683.jpg

三ヵ所神社奥宮に参拝したら稲荷鳥居をくぐって上へと登っていく。
a0166196_15271972.jpg

急な鉄製階段を登ってこんどは二上神社奥宮へ参拝する。
a0166196_15103416.jpg

山頂へ向かう途中にある甲斐有雄翁の歌碑。
「日の本の豊あし原のはじめよりとうつ神祖の二神の山」…
a0166196_15104170.jpg

急坂のロープ場を慎重に…。
a0166196_1511241.jpg

ロープ場を登りきって尾根に上がるとすぐに男岳山頂。12時22分。
a0166196_1517182.jpg

さらに少し先に進むと男岳東峰の山頂だ。周辺にアケボノツツジとミツバツツジが明るい。
a0166196_1517191.jpg

下りの階段から南西に見えた祇園山(左)と揺岳。
a0166196_1512957.jpg

往路を戻って今度は三角点と展望台のある女岳へ登る。

二上山展望台へ
少し車で移動。ここが登山口。
a0166196_15123992.jpg

丸木階段を登り植林帯を抜けるとアケボノツツジの群生地へ出る。ほぼ直線的な登山路にアケボノツツジが点々と山頂部まで続く。
ゆっくり20分ほどで山頂にある見晴台へ上がる。その下に3等三角点(989.2m)がある。
a0166196_1513811.jpg

南東に先ほど登った諸塚山が・・。(奥の山)
a0166196_15155571.jpg

東は比叡山や行縢山か?
a0166196_15132910.jpg

北には阿蘇山が‥。
a0166196_15135026.jpg

下山路から先ほど登った二上山本峰(男岳)が正面に。
a0166196_15141836.jpg

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_1534512.jpg


      アケボノツツジ
a0166196_15193245.jpg

a0166196_15194583.jpg

a0166196_1520189.jpg

a0166196_15201880.jpg

a0166196_15203291.jpg

      ミツバツツジ
a0166196_15205197.jpg

      ヒカゲツツジ
a0166196_1521467.jpg

      ツクシシャクナゲ ~まもなく解けます
a0166196_15301832.jpg

      木々の芽吹きもハイピッチ
a0166196_15395349.jpg

a0166196_15395336.jpg

a0166196_15402334.jpg


帰路は六峰街道全線を走ってみることにする。延岡市へ向かってくねくねと曲線の道を走る。
a0166196_163466.jpg

途中大崩山系や尾鈴山などを望む見晴らしの良い所もある。
北郷の中小屋天文台横を通る。
a0166196_16344418.jpg

延々と1時間ほど走って延岡市北方町のETO速日の峰へ着く。
a0166196_16345516.jpg

さらにぐんぐん下界へと下りて行くと県道49号北方土々呂線へ入る。
そこでなんか見たことのある風景に出合う…。 
あ、そうだ!トトロのとなりさんのブログ一歩 二豊 散歩で見たいちご売りの息子さんだ!   30mほど行き過ぎてゆっくりバック…。
a0166196_16354216.jpg

帰ってひとつぶ頂きました。青年の笑顔のような甘くておいしいいちごでした。
a0166196_16355186.jpg

延岡から東九州道へ~北浦~蒲江~佐伯~宇佐とロングドライブの一日でした。


最後にCM~  「千年ロマン時空博」  のお知らせ

国東半島峯道ロングトレイルお披露目トレッキングです。ご参加をお待ちしています!
 
 5月18日(土) 旧千燈寺~五辻不動コース    ※じなしのガイドです 
 6月1日(土) 中山仙境コース


               クリック

     千年ロマン時空博~おもてなしプラン・国東
Commented by ichihime at 2013-04-22 22:40 x
こんばんわ。見あげるピンクのつつじ、綺麗ですね。其の色がなんともいえず、大きさに凄いなあと思いました。 此方では石楠花がこのくらい大きくなってますよ。(^^)其のあとの霧氷も驚きました。でも標高をみたら1000メートル以上あるのですね。納得しました。 私も低い山登ってみたいです。こうした山歩きご夫婦で一緒になされて素敵です。
Commented by jinashi at 2013-04-23 16:48
ふつうの人がなかなか見られないアケボノツツジがここなら簡単に見られます。山頂まであまり標高差がないお山です。ファミリーやビギナー登山に良いですね。登山口まで少し遠すぎるのがね・・・^^
Commented by kiyo at 2013-04-23 19:18 x
じなしさん こんばんは
早々とアケボノツツジとは羨ましい。
当日は指宿まで往復 開聞岳を3方向から見上げただけでした。
5月連休には大崩山のアケボノツツジを見に行こうと思っているのですが、どうなる事やら。

帰りは延岡から蒲江経由ですか?
ちなみに蒲江から佐伯インターに行く途中に我が実家あります。
Commented by のんびり夫婦 at 2013-04-23 19:55 x
こんばんは。

早い花期で私達も三年ぶりで今週計画していましたが、相棒(♀)がインフルエンザで断念です。日々家事に追われています。
それにしても寒い日でした。

いいですね。  とってもいいですね~~。
GWの初め、天気良さそうなのでまだ直り切っていない相棒が復活したら挑戦しようと思っています。
Commented by yamanba-hita at 2013-04-23 22:09
アケボノツツジの高さと色に、霧氷に、そしてJinashiさんご夫妻に、大きな拍手を送りま~す!!!
Commented by jinashi at 2013-04-24 09:55
kiyoさんこそ 指宿・開聞岳まで1日で往復とは…
蒲江⇔佐伯は若き頃磯釣りでよく走りました。畑野浦、轟峠、どちらも道は良く知っています。kiyoさんのふるさとはこの日に通った県37の近くなのかな?
Commented by jinashi at 2013-04-24 09:57
のんびり夫婦さん
ママ様のインフル…お早いご回復をお祈り申し上げます。
GWはどちらですか? いい山旅を楽しんできてくださいね。
それにしても山口にも楽しそうなお山がいっぱいありますね!
Commented by jinashi at 2013-04-24 09:59
yokobabaさま
いっぺんに花咲き乱れる季節となりましたね。
暑さ&寒さで体調にご注意ください。
Commented by トトロのとなり at 2013-04-25 01:47 x
いやー、私の縄張りに来られたんですね。イチゴの息子の写真にビックリ。彼も県外に知られるほど有名になったんだなぁ、と感慨。諸塚山の近くに妻の実家があるのですが、20年ほど前に一度登ったきり。アケボノツツジの写真を見て久しぶりに行ってみようかな、という気になりました。それにしても超ロングドライブですね。往復500kmはあったんじゃないですか?
Commented by jinashi at 2013-04-25 17:54
トトロのとなりさんの接続エリア?領土侵犯してしまったようで失礼しました。北方町のほうにとも思ったのですが…運命の糸がこっちへ来いというので県49号へ入ってしまいました。あの笑顔で箱もって近づかれると買ってしまいますね^^
奥様のふるさとの名山へぜひ20年ぶりに登ってみてください。今月中はOKでしょう。  あの花をみると(私みたいな者でも)心優しくなります…。
by jinashi | 2013-04-22 21:46 | 宮崎県の山歩き | Comments(10)