金子みすゞ&秋吉台を訪ねる 2013・2・24(日)晴れ

北九州市小倉の西日本総合展示場で催されたR社健康フェアへ出かけた。
昼前にはフリーとなったので、ママのリクエストで仙崎の金子みすゞ記念館を訪ねる。

(マップ~みすゞ記念館)


長門市仙崎の生家跡に建てられたみすゞ記念館。前の通りをみすゞ通りという。
a0166196_14461517.jpg

生家の本屋が復元されている。
a0166196_14463178.jpg

ご存知~童謡詩人金子みすゞのポートレイト。26歳の短い生涯でした。
a0166196_14464476.jpg

代表的な「私と小鳥と鈴と」
a0166196_14465763.jpg

大正末期~昭和初期の良き?時代の出版物。
a0166196_14471570.jpg

再現されたみすゞの部屋。
a0166196_14473368.jpg

当時の蓄音機。レコードプレーヤーという言葉も今や死語?
a0166196_14482250.jpg

裏庭の井戸。みすゞが20歳まで過ごした生家を復元した際、元の場所に残っていた。
a0166196_14484486.jpg

そこで詠んだ「井戸端で」
a0166196_1449416.jpg

みすゞの弟・上山雅輔作詞の「お使いは自転車に乗って」は昭和18年、轟夕起子が歌って大ヒットした。昭和24年には劇団若草を主宰し、石橋蓮司、桃井かおり等を輩出した演劇人でもあった。
a0166196_14511560.jpg

「蝉のおべべ」
a0166196_14514658.jpg

「橙の花」
a0166196_14515791.jpg


記念館となりの店は昔乾物屋だった。
a0166196_1453145.jpg

「角の乾物屋」
a0166196_14534797.jpg

本館は撮影禁止でした。

帰路に秋芳洞と秋吉台に立ち寄る。
Pから長い門前?通りを歩く。(歩かされるという感じ)
a0166196_14541248.jpg

正面入り口。入洞料は1200円。
a0166196_14543227.jpg

洞窟入口。
a0166196_14545799.jpg

百枚皿
a0166196_14551396.jpg

富士
a0166196_14552810.jpg

すぼ柿
a0166196_14554517.jpg

大黒柱
a0166196_1456651.jpg

傘づくし
a0166196_14562158.jpg

圧巻はこれ!黄金柱。
a0166196_14563836.jpg

a0166196_14565891.jpg

洞内の気温は年中17℃。
a0166196_14571612.jpg

秋芳洞から出て、少し車で登った秋吉台の展望台へ上がる。
昨日野焼きが終わったばかりで、見渡すかぎりのカルスト台地に末黒野(すぐろの)が広がる。
a0166196_14573692.jpg

a0166196_14575615.jpg

半月もすれば末黒野一面に黄スミレが花咲くことだろう。
~石州瓦が春日に光る穏やかな長門の半日でした。
Commented by トトロのとなり at 2013-02-26 01:19 x
一人文化人が出ると地元はうるおいますね。とりわけみすずは近年人気ですからね。ここらの出身に若山牧水にはあまり集客力はないようですが。24日の朝日新聞に国東半島峯入りロングトレイルの大きな記事があり、ルート図も載ってました。ホームページはまだ出来てないんですか?
Commented by jinashi at 2013-02-26 19:04
前大分県知事平松さんが大分3賢人として絶賛する臼杵の野上弥生子さんですが…今や臼杵の観光にはあまり貢献されていないようですね。ミーハー(失礼)的要素がある人のほうがプラスになるのかもしれませんね。(ちなみに後の2賢人は福沢諭吉とペトロカスイ岐部だそうです)
 ロングトレイルHP~間もなく開店します。
by jinashi | 2013-02-25 15:09 | ドライブ&トリップ etc | Comments(2)