四王寺の滝と雪の英彦山を登る  2013・1・20(日)晴れ

英彦山(ひこさん・南岳1199.6m) 九州百名山(地図帳)・3回目

本日のGPSマップ(拡大します)
a0166196_13575750.jpg


1月6日に国東半島の高岩~一望岩にご一緒した MORIさんからお誘いがあり、国東組7名で英彦山四王寺の滝見物に出かけた。
早朝5時に出発。椎田道路終点から県56へ。清地大橋から県道43号へは初めて走るコース。赤村辺りでちょっと迷ったり(同じ道を周回してしまった^^;)したもののR500を上りスロープカー駅下銅の鳥居Pには8時に到着。(雪が多ければ彦山駅から路線バスにとも思っていた)
MORIさんご夫婦と佐賀の ムツゴロウさんご夫婦&長崎組2人と合流。総勢13名のパーティとなる。
MORIさんより歓迎のご挨拶と今日の行程説明、そしてそれぞれが自己紹介。
a0166196_1404699.jpg

スタート前の記念写真。
a0166196_141813.jpg

駐車場(標高≒540m)を8時54分にスタート。銅(かね)の鳥居から表参道の石段を登っていく。 (※昔は銅を「あかがね」と言っていた故=MORIさん奥様談)
a0166196_1412855.jpg

英彦山は山形の羽黒山、奈良の大峰山と並び日本三大修験道場の山といわれる。英彦山で修業した法連という僧が宇佐八幡宮の弥勒寺別当となり、国東に六郷満山を開いたといわれている。
かつて修験者(山伏)が住んだ坊跡を左右に見て長い石段を登る。奉幣殿まで距離約1km、800段以上あるらしい…これも試練。
a0166196_142511.jpg

表参道の中ほどにある「松養坊」。昭和4年には九州西国三十三観音巡礼に出かけた種田山頭火が立ち寄っている。以前(7~8年前)に観光ガイド交流会で家主の松養(まつがえ)さんには大変お世話になっている。
※銅の鳥居下にある霊泉寺が九州西国三十三観音霊場の一番札所。
a0166196_1422719.jpg

奉幣殿すぐ下にある杉田久女の句碑。
「谺(こだま)して山ほととぎすほしいまま」
この句や杉田久女についてはこちらのブログで…
a0166196_142459.jpg

参道石段を27分かかってやっと奉幣殿へ登り着く。ここの標高≒720m。
神殿裏から法螺貝が鳴り響いた。
a0166196_143487.jpg

トイレ&衣服調節で一休みしたら石段上の鳥居をくぐり山へ入る。右へと玉屋神社のほうへ進む。
a0166196_1434681.jpg

途中の見晴場から奉幣殿を振り返る。
a0166196_1441284.jpg

途中の注意書き。数年前より滝見物の登山者が激増したようだ。
a0166196_1443392.jpg

学問神社分岐にも古い石垣が残る。
a0166196_1445996.jpg

雪もだいぶ深くなってきた。
a0166196_1452737.jpg

衣ヶ池横で全員がアイゼンを着ける。一人手間取るYさんをみんながサポート。
~美しい光景です^^
a0166196_1454842.jpg

ここから標高差250mほどの急登の沢へ入る。
a0166196_146763.jpg

途中の大杉。
a0166196_1463046.jpg

四王寺の滝と多くの登山者が見えてきた。11時7分。
a0166196_147301.jpg

やはり…今日のこの素晴らしすぎる晴天でだいぶ落氷しているようだ。
a0166196_1475314.jpg

厳しい寒さが続くと岩全体を隠して氷結する様はみごとで、福岡では宝満山の難所ヶ滝と人気を二分しているらしい。
それでもまずまずの氷結にみなさん満足の様子でした。
a0166196_1481595.jpg

 ちなみにこの滝の芸術的氷瀑のシーンはこちらで
           ↓
ブログ信ちゃんの美夜古たより

ここから滝右手の小尾根に上がり急登に取り付く。難所の岩場を這い上がる。
a0166196_1485158.jpg

一旦平坦な小ピークからさらに上へと登りが続く。
a0166196_1491389.jpg

材木岩からの縦走路に出合うと南峰はすぐそこだ。このあたりの深いところで積雪40~50cmはありそう。
a0166196_1493445.jpg

一休みして中岳へ向かう。鞍部へ向かって急降下。
a0166196_14103257.jpg

登り返して中岳上宮へ。
a0166196_1410556.jpg

中岳山頂へ到着。12時43分。 山頂から雲海にくじゅう連山を見る。
a0166196_14112375.jpg

刈又山や仲摩殿畑山方向。右向こうに由布岳が顔を出す。
a0166196_1411459.jpg

上宮先の休憩所ですこし遅い昼食。そのあと全員で山頂写真。
MORIさんの知人でグリーンウオーク(休刊?)ライターのTさん、Yさんも入ってもらいました。
a0166196_141239.jpg

下山は中岳上宮直下から北西尾根を下りる。初めてのコースだ。13時30分。
a0166196_14122334.jpg

山頂上宮を振り返る。
a0166196_14124263.jpg

自然林の急坂から野鳥観察コースを下っていく。
a0166196_1413381.jpg

野営場横を下りていく。
a0166196_14132687.jpg

橿原神社から三日月池、修験道館を通って宝篋印塔へ出る。
高さ8mは国東の文殊仙寺宝篋印塔と同じ高さだ。
a0166196_14134581.jpg

周回して銅(かね)の鳥居へと下山する。
a0166196_14141766.jpg

全員無事に朝の駐車場へゴールイン。15時23分。

案内していただいたMORIさん、お世話になりました。大人数で押しかけていろいろとお気遣い頂いたことでしょう。m(_ _)m
ムツゴローさん&奥様、またどこかのお山でお会いしましょうね。九州百名山あと3座の達成を見守っています!


 
    表参道に春を待つミツマタの蕾。
a0166196_14403811.jpg

Commented by MORI at 2013-01-22 17:20 x
じなしさん、こんにちは。
先日はお疲れ様でした。
滝の氷結度は期待通りいきませんでしたが、
雪山歩きを堪能でき、楽しい一日でしたね。
次回は、山芍薬・紅葉時季に裏英彦山をご一緒したいですね。
Commented by jinashi at 2013-01-22 18:35
MORIさん、大人数でいろいろ気を遣わせてしまいましたね。
尾根の難所も先客がたくさん歩いてくれたので登りやすかったのでしょうね。
まだ、裏英彦山あたりは歩いていません。またいい時に連れて行って下さい。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2013-01-22 22:25 x
じなしさん、お疲れ様でした~
体調がよければ途中からの道の道案内でも~と思っておりましたが・・・
夜明け前の田舎道はわかりにくいですよね^^
今年は寒波が続かないので、小さな氷瀑だったですね。
また英彦山、平尾台にお出でてくださいね。
Commented by kiyo at 2013-01-23 12:44 x
じなしさん ご無沙汰してます。
いいコース歩いていますね~ またコメントを見ても「英彦山通と」いった感じです。

木金曜日は東京地区出張。
土曜日に英彦山に行こうと思っていたら、熱が出て山でなく病院行きとなりました。診断結果は、なんとインフルエンザ!!
過去にインフルエンザにかかった記憶がないので気にしていませんでしたが、やっぱり生身の体でした。

ストレスが停滞中の今日この頃です。
Commented by jinashi at 2013-01-23 20:50
豊津信ちゃん&俊ちゃん
 道迷いはあきらかにじなしのミスでした。マップで理解していたつもりでしたが…源じいの森へ行ってしまいました。 それでもわかったことは山国~野峠経由とあまり(時間も)変わらないのではと感じました。
次回から英彦山へはこのコースとなりそうです。
いろいろご案内くださりありがとうございました。
Commented by jinashi at 2013-01-23 20:58
kiyoさんこんばんは。
いつもお忙しそうにしているようですが・・・何とインフルでしたか! ことしは結構周りの方がダウンしています。
この際安静&養生が大切です。 お山のことはわすれておとなしくしていてください。
ストレスが体にいちばんよくありませんョ。 ぼちぼち行きましょう
国東半島へお出でるときには事前にお知らせくださいね。
 
Commented by ムツゴロー at 2013-01-29 15:42 x
初めまして、佐賀のムツゴローです。

先日は、楽しく歩かせて頂きました。
それに差し入れも私達の分まで・・・
ありがとうございました。

佐賀にも良い山が沢山有ります。
花の宝庫、天山やオオキツネノカミソリが咲き誇る井原山等々・・・。
是非、お越し下さい。

Commented by jinashi at 2013-01-29 17:46
ムツゴローさん こんばんは。
4年ほど前に天山へお邪魔しました。駐車場から30分で山頂でした~
また別コースを天気の良い日にじっくりと登ってみたい山です。
帰りの井手ちゃんぽんにも…^^
  2月5日・6日は観光ガイド研修で佐賀にいきます
by jinashi | 2013-01-22 14:15 | 福岡県の山歩き | Comments(8)