紅葉も最終となったくじゅう黒岳を縦走周回する 2012・11・4(日)

黒岳(高塚山・1587m) 九州百名山~3回目
  前岳(1334m) ~2回目

今秋は三俣山、鶴見岳とクリアな紅葉を楽しむことができた。ほぼ終盤を迎えたようだが…まだ黒岳の麓あたりは楽しめるかもしれない。前岳との縦走もまだ未体験だ。名残の紅葉見物を兼ね、九重山では屈指のハードコースといわれる登山路を歩いてみよう。
辻本さんHP「大分の山登山記」2008年11月16日コースを参考にする。

大陸から低気圧が近づき、天気は下りで15時頃から雨の予報となっている。
長いコースなので早朝に出発。
早朝の黒岳。前岳あたりに雲がかかっている。ママはクラス会で今日は一人登山。
a0166196_21334929.jpg

じろそ村キャンプ場外駐車場?横の紅葉を見ながらスタート。
6時43分。ここの標高約700m。
a0166196_21341290.jpg

黒嶽荘先から雨堤方向へと左へ入る。右の前岳方向から下山する予定だ。
a0166196_21343475.jpg

作業道から森へ入るとすぐに倒木があったりしてすこし戸惑う。
出会った林道はそのまま平地になった森へ入り気持ちよく歩くとその先が雨堤。
a0166196_2135550.jpg

雨堤から先はアセビ林を抜ける。
a0166196_21352942.jpg

カツラノモトから急坂をくねくね登って上峠につく。
a0166196_21355644.jpg

上峠からすこし下ってゴロ岩場を過ぎると虎ロープに沿って標高差150mほどの急登が続く。
ゴソゴソと音をさせて綺麗なオス雉子が現れたがカメラを構えると逃げられた。
勾配が緩んで黒岳の大きな山腹を小さなアップダウンを繰り返して進む。見頃の紅葉も次々と現れる。
a0166196_21365322.jpg

樹間から大船山ピークのとんがりが見えてきた。
a0166196_21372458.jpg

ごろ岩が続くところを登ったり下ったりしてセリ谷へ着き岳麓寺からのコースに合流する。ここからは見慣れたコースでほっと一安心。右へと風穴に向かう。
a0166196_21375540.jpg

米窪の縁からの尾根コースを左に見て石の多い登山路を進むと風穴につく。9時22分。ここまで約2時間30分。ここで一休み。
a0166196_21382573.jpg

黒岳の山腹直登コースに取り付く。ザレ場の滑りやすい急斜面を足場を見つけながら登っていく。急坂に取り付けられた古いロープはすこし不安だ。
本日初めて出会う女性4人のパーティーに追いつき先へ行かせてもらう。一旦フラットになった所から再度登り上がり、分岐から近道を通って高塚山(黒岳)へと登りつく。
3度目の山頂だ。10時21分。
福岡市からの男性がお一人休憩中。山頂写真をとっていただきました。
a0166196_214414100.jpg

薄日のさす山頂から見る天狗岩。
最初に見たとき、あの積まれた岩をどうやって登るのだろうと思った。
a0166196_2139644.jpg

平治岳(右)と2週前に登った(雲がかかった)三俣山。ず~っと左の大船山は雲の中。
a0166196_21392063.jpg

つめたいコンビニ弁当とあったかいトウモロコシ茶をいただいて一休み。すこし肌寒くなって再度ジャンパーを着る。次のグループの声が聞こえてきたので腰をあげる。
ここから前岳へは初めてのコースで、全体的には下りだが大小6個のピークを越える厳しいルートだ。少し下った上台から返り見る高塚山山頂部。
a0166196_2140969.jpg

左に平治岳方向を見てその先を西へと右に向きを変えるとまもなく、標高差150mほどの
一気の下りが始まる。
木や根や岩角を掴みながら岩の多いコースをすべらないように慎重に下っていく。
前方ガスの先に前岳が。その先に花牟礼山系が、奥には由布・鶴見が見えている。(拡大します)
a0166196_21405341.jpg

やっと上台ウツシという鞍部に降りつく。ここから下台へと登ってさらに下る。
上台ウツシの手前で滑りこけて右の尻を打ったが…何とかセーフ。
シャクナゲが多い岩場を登ると360度展望の見晴らし岩に上がる。
前岳方向からガヤガヤと声がして若い男女6人組が上がってきた。これから高塚山~風穴へと縦走するそうだ。ごくろうさんです。
見晴らし岩から(歩いてきた)上台方向を見る。(拡大します)
a0166196_21412561.jpg

見晴らし岩を下って登り返すと前岳山頂に着く。
高塚山からほぼ2時間。12時45分。
2009年5月以来2度目の山頂。足腰にやや疲労を感じる。
a0166196_214151100.jpg

千町無田から万年山方向。
a0166196_2142922.jpg

一休みして下山開始。ここからもう登りはない。但し大石の連続した悪路は続く。
途中の見晴らし岩から庄内阿蘇野の谷を望む。
a0166196_21422919.jpg

3年前に大石が連続する厳しい急坂をほんとに(ママと)登ったのだろうか?と思い出しながら下っていく。
不思議な空間の仙人岩を下る。
a0166196_22234559.jpg

さらに厳しい下りをぐんぐん下り、白水別れを黒嶽荘へと降りていく。
a0166196_21425728.jpg

前岳から1時間半ほどで黒嶽荘へ降りる。駐車場所へ戻ると時計は14時24分。
7時間40分かかって縦走(周回)することができました。
a0166196_21432643.jpg

帰路では予報どおり15時頃から小雨が落ちて来始めました。

この黒岳は反時計回りで周回したほうがもっと厳しかったのかもしれませんが、
まさに黒岳は全体が岩石の山で登りごたえ?があり、どちら周りでも達成感のある縦走が楽しめるのではないかと思います。
久々に翌日(の今日)は体のあちこちが悲鳴をあげています。

本日のGPS(拡大します)
a0166196_21462455.jpg


      ミヤマシキミの実
a0166196_21444196.jpg

Commented by 豊津の信ちゃん at 2012-11-06 09:31 x
こんにちは~♪
このコース、静かな山歩きが出来ていいですよねぇ~
好きなコースの一つです。
いつも逆コースを歩くので、来年は石楠花の頃にじなしさんの歩いた道をたどろうかな?
Commented by へんろみち大将 at 2012-11-07 01:33 x
よくもこのハードコース、
お一人で登られましたね。

高塚山からはほとんど人に出会わなかったでしょう。
驚きです。(@@)
Commented by jinashi at 2012-11-07 21:26
じなしです。
信ちゃん&俊ちゃんの健脚なら楽勝コースでしょう!
さて、国東半島の紅葉も少しずつ始まっています。
今月下旬あたりが良いようです。
 お待ちしています!
 家族のPCからのメッセージです!
Commented by jinashi at 2012-11-07 21:32
へんろみち大将さん
一人っきりでの厳しい一人歩きも無事に下山すると幸せ感がじわ~としてきます。
 ぼちぼち国東半島の紅葉が見ごろになってきます。
 じなしが楽しみにしていた国東×現代アートも熱くなってきましたョ!
Commented by Kenny at 2012-11-08 20:48 x
九州の紅葉もなかなかですね。それにしても毎度ですがじなしさんのフットワークの良さには驚かされます。何時も起点は伊美ですか?鶏を起こさないように気を使いながらの朝立ちでは?
Commented by jinashi at 2012-11-09 09:40
kennyさん お久しぶりです。
今年もケベス祭りは盛大に行われました。来年は「すごの番では…。帰ってきて加勢しませんか?
山行きは子供の遠足と一緒です。ふしぎと早く目が覚めます。その分平日は朝寝しています(笑)
by jinashi | 2012-11-05 21:46 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(6)