国東半島アートプロジェクト2012~ワークショップ 2012・9・19(水)

今年から3年間にわたって開催されるという「国東半島アートプロジェクト2012」についてワークショップ(地元説明会)が行われた。

 「国東半島アートプロジェクト2012」 とは…
文化庁、大分県、国東市・豊後高田市の事業で、空き家などにアーチストが滞在してワークショップや公演、現代アートイベントなどを開催することで国東半島を活性化しようというものだ。

a0166196_13511269.jpg

事務局の嶋立さんに誘われたので地元の浜中公民館で行われた説明会に出かけた。
最初に嶋立さんより事業の目的や経過、そして計画や予定などについて説明がある。
a0166196_13535797.jpg

10月から伊美地区で空き家となっていた旧岐部歯科邸に滞在してアート創作活動をする(=アートインレジデンスというらしい…)ことになった茂木綾子さんとヴェルナー・ペンツェルさん(ドイツ人)のお二人が紹介される。
a0166196_1354115.jpg

お二人は淡路島で廃校となった校舎でアーティストコミュニティ「ノマド村」を立ち上げてさまざまな活動をされている。
(ここからはプロジェクター画像です)
竹を使ったアート。
a0166196_13543099.jpg

校庭に設営された(ペンツェルさんお気に入りの)ゲル(モンゴルの遊牧民が住む家)の中では履物の絵を踏むと人間の声やいろいろな音が出てきます。
a0166196_13544675.jpg

田舎に当たり前のようにある「山と水」や「自然、歴史遺産、産業、伝統文化」など。地元住民と一緒に歩きながらそれらと出会い、魅力を体験することがまずはアートの第一歩。
それを「ウオーキングミュージアム」というようだ。
 歩く~ 景色が変わり 時間が変わり 内面が変わる
a0166196_1355369.jpg

a0166196_13551775.jpg

山頭火の話も出て…すこし分かったような気分になりました。

11月の土日祝には大分・別府から国東半島(国見町伊美まで)へバスが出るようです。
  (おひとりさま 4,000円(予価)バス乗車料・ガイド料・食事代含む)
六郷満山寺院では現代アートのパフォーマンスもあるようです。(場所など未定)

   詳細は→ 国東半島アートプロジェクト2012

 この秋にはぜひ国東半島へお出かけください!  
by jinashi | 2012-09-24 14:03 | 国東半島あれこれ | Comments(0)