秋風に吹かれてくじゅうを登る 星生山~扇ケ鼻 2012・9・9(日)

星生山(ほっしょうざん・1762m) 大分百山~6回目
扇ケ鼻(おうぎがはな・1698m)  ~7回目


9が重なる日はとにかくくじゅうへ…と早朝に出発する。
速見広域農道の「ポケットパーク日出」から見る別府湾の夜明け。
前夜の予報では大分県西部地方は午後から高い降水確率となっているのだが…
a0166196_16493814.jpg

湯布院から清々しい早朝のやまなみハイウエイを走る。思った以上に良い天気となりそうだ。星生山から扇ケ鼻を周回してみよう。
牧ノ戸登山口では数組が準備中だが、まだ静かな感じ。
登山開始は7時6分。
a0166196_1650235.jpg

いつもいきなりきついコンクリート階段だが…展望所まで9分で上がりついた。前回(8月12日)より体調は良さそう。
a0166196_16502025.jpg

沓掛山西よりみる阿蘇涅槃。盆地は雲海に沈む。
a0166196_16505492.jpg

沓掛山の東先端から長者原やタデ原湿原、飯田高原を見下ろす。腰掛岩もある見晴らしの良い場所です。
沢山のツバメがスピーディーに大きく飛び回っている。そろそろ集合して南へ旅立つ訓練かも?
a0166196_16511273.jpg

扇ケ鼻分岐で一休みして星生山へむかう。
a0166196_16513648.jpg

這うようにして群生するミヤマビャクシン(深山柏真=大分県レッドデータブック掲載)を横目に肩に上がりつくと左より星生新道(現在利用禁止)と出会う。その先で今年初めてのリンドウを見つける。
a0166196_16515779.jpg

山頂写真。9時15分。吹きわたる秋風に半袖では少し寒いぐらいです。
a0166196_1659998.jpg

三俣山を向いて早いお昼(朝食?)。硫黄山も静かです。
a0166196_16524961.jpg

星生崎の向こうは久住山や中岳方向。
a0166196_16533545.jpg

西千里浜へ下る途中から見る池塘。向こうは扇ケ鼻。
麓の池塘へ下りてみる。
a0166196_165461.jpg

初めて歩く池塘。初秋の草花がたくさん咲いていました。
a0166196_16542924.jpg

池面から星生山を見る。
a0166196_16545596.jpg

主(ぬし)が居ました。
a0166196_16551639.jpg

扇ケ鼻へ向かう。
もうすぐ山頂。このあたりは花の楽園です。
a0166196_16554042.jpg

6月ミヤマキリシマ登山会以来の扇ケ鼻。山頂にはご夫婦が一組だけ。10時45分。
a0166196_16562674.jpg

山頂写真のすぐ後、岩井川岳(いわいごだけ)方向から上がってきたお二人のシルエットに見覚えが…
何と!HP大分の山・登山記の辻本さんご夫妻でした。
辻本さんご夫妻とは2010年1月に小国ハゲの湯から登った涌蓋山山頂で初めてお会いして以来、2度目となる運命的?な嬉しい再会となりました。
 その時のじなしブログ ~ ハゲの湯から涌蓋山
   
HP「大分の山・登山記」は間もなくアクセス者数1000000(百万)を達成する大分、いや九州一番人気(日本屈指?)の山登りHPです。(9月10日午後には約993800アクセスあり)じなしも開設間もないころからのファンで、一番信頼できる山ガイドHPです。あちこちの山で辻本さんHPのコピーを持った人を見かけています。
辻本さんには山登りについていろいろと教えていただいており、これまで何かと目標にしてきました。
さっそく2組一緒の山頂写真。
a0166196_170107.jpg


辻本さんご夫妻とお別れする。岩井川岳へと下っていくお二人。
a0166196_16564865.jpg

雲が広がってきて空模様がすこし心配になってきた。下山としよう。
a0166196_21471523.jpg

昼前なのに下山路では次々と登山者と出会う。くじゅうに若い人が多くなっていることはとても嬉しいことです。
無事に牧ノ戸へ下山。12時22分。
a0166196_16571536.jpg

9が重なる日のくじゅうは辻本さんと出会えた嬉しい1日でした。
これからもお二人ともにお元気で山歩きを続けてください。そしてまたどこかの山で「3度目の再会」をしましょうね。


今年はじめてのリンドウ
a0166196_1657431.jpg

 この季節の主役はマツムシソウ
a0166196_1658091.jpg

 ワレモコウ群生
a0166196_16582636.jpg

   ヤマラッキョ(つぼみ)
a0166196_1704188.jpg

   アキノキリンソウ
a0166196_1705379.jpg

   ママコナ
a0166196_171328.jpg

   イヨフウロ
a0166196_1711479.jpg

   フクオウソウ
a0166196_17126100.jpg

   ホクチアザミ
a0166196_1713727.jpg

   マツムシソウ(つぼみ)
a0166196_171519.jpg

Commented by マイルド at 2012-09-12 21:34 x
先日はご丁寧に有り難うございました。
BLOGを拝見させて頂くたびに「お元気!」と叫んでしまいます。
私が普通より元気がないのでしょうか ???

朝夕の徒歩を心がけたいと思います m(_ _)m
Commented by jinashi at 2012-09-13 07:17
おはようございます。
朝晩はだいぶしのぎやすくなってきましたね。
もうすぐ日本酒がよくなってきますね。痛風と相談しながらですが・・・
Commented by yamanba-hita at 2012-09-14 10:16
感動の画像の数々、拝見できて幸せです。
無宗教のyokobabaでも阿蘇涅槃のあんな姿を目の当たりにすると、
きっと手を合わせたでしょうね。
お池の主様は、まだ当分遊べるわい!ゲロゲロ・・・ってね!
そして思いがけない出会い!
喜びのお姿が手に取るように伝わってきます。
フクオウソウの花は初めてです。墨絵のようですね。
有難うございます。
by jinashi | 2012-09-10 17:32 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(3)