ペトロカスイ岐部を聖人にする集い 2012・7・4(水)

2008年11月には長崎市でローマ教皇(代理)をお迎えして日本初の列福式がとり行われ、ペトロ岐部と殉教者187名が(聖人に次ぐ位の)福者となる。
同月、出身地国東市国見町の「国見の歴史と文化を高める会」では列福にあわせて「ペトロカスイ岐部神父の列福を祝う集い」を開催している。
a0166196_1293223.jpg

本日、7月4日はペトロカスイ岐部が江戸で厳しい拷問を受けて殉教したといわれる日だ。
没後373年となるこの日に高める会主催の「ペトロカスイ岐部を聖人にする集い」が開催された。「祝う集い」に引き続いて岐部の功績を学び、地元住民による顕彰活動を継承し列聖をめざすためのものだ。
ペトロカスイ岐部についての詳細はこちらへ
       ↓
  ペトロカスイ岐部

会場は国東市国見町の生涯学習センターみんなんかんホール。
受付がはじまる。
a0166196_12145381.jpg

高める会事務局長の開会のことば
a0166196_12313287.jpg

国見の歴史と文化を高める会、土谷会長による主催者あいさつ
a0166196_12332933.jpg

国東市三河市長のご祝辞
a0166196_12351523.jpg

国東市議会清國議長のご祝辞
a0166196_12365992.jpg

大分県議会小野議員のご祝辞
a0166196_12385392.jpg

大分県東部振興局地域振興部横松部長ご祝辞 
a0166196_12403438.jpg

国東市山本教育長ご祝辞
a0166196_12421899.jpg

大分教区パウロ浜口司教ご祝辞
a0166196_1244043.jpg

講演はNPOおおいた豊後ルネッサンス理事長の日野直子先生。
日野直子先生は大分県出身で早稲田大学卒業。元NHKアナウンサー。
ふるさと大分が発祥といわれる西洋音楽など南蛮文化の紹介を通じて大分文化の発展を目指す活動をされています。
a0166196_12454873.jpg

演題は「ザビエルと宗麟~そしてペトロ岐部」。
偉大なるペトロ岐部の故郷住民としてもっと自信をもって発信すべしとのお言葉を頂きました。
a0166196_12474141.jpg

講演を聴く参加者のみなさん。
a0166196_12494174.jpg

地元国見ふれあいコーラスによる歌唱。
数年前まで秋に行われていた「ペトロカスイ岐部神父殉教際」には毎年出演していました。きれいな歌声を聞かせていただきました。
a0166196_12513585.jpg

4年前の「祝う集い」では記念講演をしていただいた鎌倉市の画家、村田佳代子先生より頂いたメッセージが披露される。

 村田佳代子先生 メッセージ(原文のまま)
  
   ペトロ岐部と187名の殉教者の列福の決定がバチカンから発表され
   たのは2007年2月のことでした。列福式を日本国内の何処で行うか
   調整に時間が掛かり、結局2008年11月24日長崎において雨の中
   列福式が開催されました。国見のふるさと史料館では11月1か月間
   ペトロ岐部の生涯を描いた私の作品を展示してくださいました。
   イベントにもうかがい、ペトロ岐部の生涯に対する思いを講演させ
   て頂きました。
   ペトロ岐部は単に宗教上の偉人としてだけでなく、勇気と実行力と
   強い責任感を持った国際人として、日本史のみならず世界史の上で
   も燦然と輝く人物です。国東市の皆様が今後ペトロ岐部の列聖を目
   標に活動をお続けになるとの事、大いに期待し応援させて頂きます。
   今回のイベントのご盛会を心よりお祈り申し上げます。
                7月4日 
                           村田 佳代子


国見中学校3年、丸小野翔君によりふるさとメッセージが読み上げられました。
a0166196_12555375.jpg

 ふるさとメッセージ
私たちの住む国見町には世界に誇る偉人がいます。その人はペトロカスイ岐部神父です。400年ほど前、日本人で初めてローマに行き司祭になった人です。死を覚悟してキリスト教を広めるために信念を貫きました。2008年には福者(ふくじゃ)に列せられました。
私たちは豊かな郷土づくりのためペトロカスイ岐部神父を誇りに思い、聖人に列せられるよう顕彰活動を続けていきたいと思います。

a0166196_12575860.jpg

高める会、矢野副会長より閉会の言葉。
a0166196_1311543.jpg

終了後、日野直子先生、三河市長を囲んで実行委員会スタッフの皆さんと記念のショット。
a0166196_1334343.jpg

前日には日田や耶馬渓で豪雨災害が発生するというほどの梅雨さ中にもかかわらず市内外から多くの皆様にご参加をしていただきました。
(画像提供~Y.Ikeda氏)
当日の配布資料
a0166196_1343771.jpg


じなしの町の偉人「ペトロカスイ岐部神父」~日出町の家老「加賀山半左衛門とデイエゴ」、「ザビエル鹿鳴越」の道~大分市殉教公園や大友宗麟にかかわる「府内の南蛮文化やキリシタン遺品」~野津の「下藤キリシタン墓地」~(津久見の大友宗麟墓地)~湯布院キリシタン墓群~長湯温泉の「ハルのキリシタン墓碑」~竹田の「洞窟礼拝堂」など大分県にはキリシタンの遺跡が(特に南北に)連なります。
これら歴史遺産を掘り起しストーリーのある「豊後キリシタン巡礼の道」さらには長崎までの「九州巡礼の道」を提案しゆっくりとコースを辿っていただくことで観光交流による地域の活性化に繋げていくことが出来るのではないかと思います。

Commented by yokobaba at 2012-07-18 21:19 x
じなし 様 のふるさとを想うお気持ち、行動力に敬意を表します。
じなし様のご提案なる観光交流が、今後速やかに発展するように
お祈りしています。

Commented by jinashi at 2012-07-18 21:50
ありがとうございます。日田からのアシスト、待っています!
by jinashi | 2012-07-12 13:04 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(2)