ケべス祭りと峰入り道トレッキング 2011・10・14(金)~15(土)

NPO国東半島くにみ粋群が企画した「くにさきの旅・秋だ!祭りだ!国見だ!」が行われ、じなしもサポーターとして参加した。
初日は岐部のふるさと展示館(旧有永屋敷和室)で昼食。午後から千灯の五辻岩屋(不動山・352m)に登る。
  不動山

 五辻不動で健康加持祈祷
小雨のなか全員が馬の背をあがって五辻不動尊のお堂へはいる。
千灯寺今熊住職により不動明王の真言が唱えられ般若心経の勤行が行われる。
a0166196_17433713.jpg

受付時に参加者の皆さんより願い事を書いてもらった護摩木を燃やし、ひとりひとり名前を読み上げて護摩焚きの祈祷が行われる。
a0166196_1745633.jpg

分厚い経本を頭の前でバラバラと開閉する。
a0166196_174622.jpg

最後に経本で背中を叩かれて加持を受ける。
じなしも初めて加持を受けたがズンズンと背中をけっこう強く叩かれる。
a0166196_1746445.jpg

五辻岩屋からは天気が良ければ四国の三崎まで見えるのだが…今日はすぐ先の姫島も見えない。
加持を受けたみなさんはすっきりした気持ちになって仁聞お気に入りの岩屋を後にした。


 岩倉社のケべス祭り
夕刻になってケべス祭りの見学があり、ツアー参加者のサポーターとして会場へ出かけた。
この日は雨模様でいつもの年より暗くなるのが早い。古江港の先端で素っ裸になって海に浸かり宵宮祭り前の精進潔斎(潮かきという)をする当場地区の男たち。
a0166196_17474994.jpg

拝殿で神事が執り行われている間、境内でアマチュアカメラマンのみなさんへ「国見の秋見つけた~フォトコンテスト」のパンフレットを配布する。

不気味な面をつけたケべスが登場してきた。笛太鼓に合わせて練樂がはじまる。ほとんど雨も止んでいる。
a0166196_17483225.jpg

ケべスが燃える火をめがけて突っ込んでくるとトウバがこれを防ぐ。
a0166196_1749622.jpg

3×3=9回ほど繰り返すと最後にケべスが火に飛び込んで掻き回す。
a0166196_17494916.jpg

この後トウバは燃えるシダをサスマタに刺して一斉に参拝者に火を撥ねてまわる。境内では逃げ惑う参拝者の声が響き渡る。
(昔はトンネルを抜けて隣の村まで火を打ちに出て行ったらしい)
また少し雨脚が強くなってきた。


 峰入り道トレッキング夷~尻付岩屋コース 
 (赤・夷スタート 青・尻付ゴール)

2日目の15日は峰入り道トレッキングが行われ、緊急時の待機係を担当する。
朝8時30分に香々地夷の六所神社前に集合する。今日は薄曇りで雨の心配はなさそうだ。
隣の実相院の青山映信先生(前国東六郷満山会会長)より峰入り行についてお話をしていただきました。
a0166196_17541867.jpg

青鬼さん、きよさん、Sさんのサポーター3名と8名の参加者は少し上の峰入り道へと出発する。

一山越えた西方寺最上部で待機していると皆さん元気そうに後野越から下りてきた。何と4人はあの一望岩へ上がったそうだ。
a0166196_1755865.jpg

一休みして阿弥陀越へと向かう。
a0166196_17554887.jpg

13時ちょうどの予定時刻に千灯の尻付岩屋へ全員無事に下山。バスに乗り込んで渓泉の温泉へと向かいました。
みなさんには歴史あるこのコースを十分楽しんでいただけたようでした。

尻付岩屋近くに生っていたアケビの実。
a0166196_17562962.jpg

Commented by Kenny at 2011-10-18 21:08 x
ケベス祭り、本当に懐かしい響きです。私が幼少のころ櫛来の須川(すごう)に当番が回ってきて火を撥ねたのを思い出します。スレ主さん記述のように古江の抜き(トンネル)を超えて櫛来まで走ったのを覚えています。なんか帰りたくなったなぁ。
Commented by jinashi at 2011-10-19 11:54
kennyさん お久さしぶりです。
4年ぶりにケべスを見ました。(4度目?)不思議とケべス登場時間に雨がやみます。(翌日の伊美別宮社流鏑馬は土砂降りの中で行われました)
ケべスの2枚目と3枚目の画像に同級生が3人います。
 ・・・さてだれでしょう?
Commented by Kenny at 2011-10-19 20:25 x
ん?3人もいるって?一人もわかりません。じなしさん、ヒントをください、櫛来の人ですよね。
by jinashi | 2011-10-18 18:01 | 国東半島あれこれ | Comments(3)