御前岳のオオキツネノカミソリ  2011.7.31

長崎の多良岳や背振山系の井原山などオオキツネノカミソリの群落で有名だが、じなしはその群落をまだ見たことがない。
5年前(2006年7月9日)に津江の御前岳(ごぜんだけ)でお会いした日田のご夫婦から田代コースを薦められたことを思い出した。7月末ごろからその登山路にオオキツネノカミソリが群れ咲くという。
明日はそのコースを登ってみようと思っていたら、なんと福岡のKさんから「明日はオオキツネノカミソリの井原山へ登る」とメールがあった。

日田のR210から田代へ向かう県道673の入口が分からず、大山から県道9で前津江から椿ケ鼻ハイランドに上がりつく。風力発電の風子、風太郎のプロペラが回る下から奥日田グリーンラインへ入り5Kmほど行って田代登山口に着いた。

前津江田代登山口

御前岳(1209m)~田代登山口で奇跡?の再会
 大分百山・2回目
ちょうど入山の準備をしていたJIMNYのご夫婦に山の様子を聞く。話をしていると…もしかして5年ほど前に山頂でお会いしたお二人かな?…と内心(お互いに?)思う。
お二人に「マムシが多いのでスパッツを着けると良い」と聞かされ、(その時にも山頂でまむしの話を聞いた…)準備をしてすこし遅れてスタートする。8時32分。ここの標高≒730m。
a0166196_9505166.jpg

登山口には湧水とシオジ原生林の説明板や登山口看板が立っているが、工事のため100mほど先から山へ取り付く。
a0166196_9514216.jpg

植林地をジグザグに登る。
a0166196_9524047.jpg

左下に砂防ダム工事現場を見ると本来の登山道に合流する。最初のオオキツネノカミソリが迎えてくれる。
a0166196_9533215.jpg

間もなくして今が盛りのみごとな群落が現われた。
a0166196_13281376.jpg

何回か沢を渉る。
a0166196_9553439.jpg

湧水源分岐からさらに高度を上げていく。
a0166196_9562890.jpg

自然研究路分岐(田代岩屋へ?)周辺に広がる群落。標高が高くなるとつぼみが多くなる。
花から花へと黒アゲハが忙しく舞う。
a0166196_9572641.jpg

花を楽しみながらゆっくりと進むと長く続いた群生地も終わり枯れ沢を登る。
a0166196_9585512.jpg

二本杉あたりから急登となってくる。
a0166196_9595193.jpg

釈迦岳~御前岳の縦走路に出会う。5年ぶりだ。
a0166196_10105014.jpg

登山口で出会った(下山途中の)お二人と山頂直下でしばらく立ち話をしていると5年前にお会いしたことを確信する。 
お二人で季節の花を求めて九州各地へせっせと山旅をされている。
2度登って2度とも同じお二人に出会うなんて奇跡に近い!?
日田市のUさんご夫婦。
a0166196_10114433.jpg

(帰宅して5年前の画像を開くと何と、山頂写真の後ろに奥様が写っていた!)
a0166196_1016629.jpg

山頂へ。ちょうど11時。2~3組がくつろいでいる。
景行天皇が九州に行幸した際にこの山を越えたと され、「景行天皇御遺跡」の石碑が立つ。(上の5年前の画像に)
a0166196_10174481.jpg

山頂写真。
a0166196_10181970.jpg

釈迦岳(手前右のピーク)、普賢岳(左奥のドーム塔)。
a0166196_1034227.jpg

八方ケ岳。手前に三国山。
a0166196_1035379.jpg

山頂でおにぎりを食べていると団体さんが上がってきた。狭い山頂がいっぱいになったのでそそくさと下山にかかる。グングン降りて下山はちょうど1時間。12時15分。久留米ナンバーのマイクロバスが2台とまっている。
帰路の林道から御前岳山頂部を望む。
a0166196_10355523.jpg


           木漏れ日を浴びたオオキツネノカミソリの花束。
a0166196_1037972.jpg

            ヤマホトトギス
a0166196_10515336.jpg

            青カラスウリ
a0166196_10524547.jpg

            オトギリソウ
a0166196_10531139.jpg

            ナツツバキ
a0166196_1053559.jpg

            ヤマブキショウマ?
a0166196_14565146.jpg

            山頂のキアゲハ
a0166196_10542823.jpg


帰路の日田・琴ひら温泉で汗を流す。
男湯は小さい露天が4つ。今日登った御前岳湧水源を源流とする高瀬川の向こうに道路がみえる。500円。
a0166196_1055142.jpg

日田といえばB級の焼きそば。大盛り800円。 
初めて入った隈の三隈飯店。午後2時をまわってもお客が多い。
a0166196_10562881.jpg

Commented by 日田 U at 2011-08-02 15:10 x

 先日はお疲れ様でした。
下山途中シオジ湧水(広場より谷の上部)でゆっくりと昼食をし駐車地に戻るとじなし様の車がないのでびっくりしました。二本杉の下の広くなっているところまでに3パーティほどお会いしましたので
山頂は食事する場所がないだろうと二人で話し合っていました。
宣伝効果があったネなどと冗談を言いながら・・・・・
Commented by jinashi at 2011-08-02 20:58
Uさん、5年前の山頂では田代登山口のことを教えていただきありがとうございました。
毎年キツネノカミソリの季節に思い出していました。
今回見たあの群落は生涯脳裏にあり忘れられないことでしょう。
下山はいっきに下りました。(3~4組と離合しました)  登山口にUさんの車がありましたので、岩屋のほうへ立ち寄られたのかな・・・と思っていました。
ベストタイムに花と巡り合ったこともさることながら、Uさんご夫婦と運命的?な再会ができたことが一番うれしいことでした。これからも花の山旅情報を教えてくださるとうれしいです。
 
追伸:お話しされていた「green walk」をネットで注文したところです。
by jinashi | 2011-08-01 11:11 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(2)