伝説とロマンの姫島~矢筈岳に登る 2011・3・27

赤石キャンプ場そば登山口



 矢筈岳(やはずだけ・266.6m)   大分百山〜2回目 

国東半島の北に浮かぶ姫島は歴史とロマンの島だ。
古事記の「国産み」においてはイザナギとイザナミが最初に8つの島(大八洲)を産んだ後、続けて6島を産んだとされる。この6島のうち4番目に産んだのが女島(天一根)、すなわち現在の姫島とされる。(wikipediaより) 
昭和30年に島のス鼻というところで発見された10万年前のものといわれるナウマン象の化石や縄文時代の石器に利用された黒曜石の露出断崖などの自然遺産がある。子供達のキツネ踊りやアヤ踊りなど8月14〜15日の盆踊りには多くの観光客が訪れる。ほかにも姫島七不思議めぐりなどが楽しめる漁業と観光の村だ。現在の人口は2189人(H22国調)

午前中に地区の集会があったので、今日は近場でママの大分100山未登の姫島・矢筈岳へ登る。矢筈岳には2008年5月に香々地のFさんと登ったのだが、登山前にはスナビキソウに群がる数千匹ものアサギマダラの乱舞を楽しんだ。

伊美港から12時10分発のフェリーに乗船。お客は私達ほか5〜6名。
a0166196_17372679.jpg

フェリーより見る矢筈岳。別名姫島富士。・・・いつも対岸から見ている。
a0166196_17411624.jpg

春潮の海峡を横切ると20分ほどで到着。
フェリー乗り場前から見る矢筈岳。・・・なるほど矢筈(矢の一端で弦にかけるところ)のかたちになっている。
ここから登山開始となる。標高≒0m。
a0166196_17464545.jpg

運動公園前の海岸道路からまっすぐ細い裏道へと入る。
a0166196_17554050.jpg

魚網がかぶせられた(鳥避け)畑を見ながら500mほど進むと指導標があり山へと入る。
a0166196_183727.jpg

畑跡らしき古い石垣が続きジグザグに登っていく。
a0166196_1882553.jpg

勾配がゆるみ草が刈られて清掃された登山路を気持ちよく進む。分岐を左へ向かう。
a0166196_1811123.jpg

擬木の階段をすこし上がると山頂部が見えてくる。13時20分。登山口から約30分。
a0166196_1816250.jpg

山頂の一等三角点傍にある天測点(柱)。
天測点とは天文測量を実施するために設けられた基準点です。天測点自体は測量機器の重量に耐えうる単なるコンクリート製の観測台で、4角柱や8角柱などさまざまな形をしています。ただし、どの点にも台上部に指標鋲、側面に銘板「第何号 天測点 地理調査所」が取り付けられています。 天文測量を実施した目的は、三角測量で求められた位置座標を規正するためでした。昭和29年から5年間、天測点を利用した天文測量が一等三角点の傍で実施されています。全国48箇所で設置・観測がなされましたが、その後は機器の軽量化により天測点を設置することはなくなりました。(〜HP一等三角点探訪より)
九州ではここ矢筈岳と佐伯市の元越山、そして宮崎県の牛の峠など6箇所にだけ有る遺産だ。
a0166196_18281448.jpg

山頂には住吉権現社(海の神である住吉三神を祀る)があり、中はきれいに清掃されてお供えも新しくお世話をする方がしのばれる。
a0166196_184041100.jpg

山頂から見る国東半島。すこし霞んでいるが・・・中央の三角が千灯岳。左に高く広がるのが両子山。
a0166196_18424326.jpg

山頂写真。 
ママの大分100山は98座目となる。(残りは宇目の夏木山と祖母系の大障子の2座)
a0166196_184386.jpg

反対方向へ下山する。むこうに見えるのは稲積の姫島灯台。
a0166196_18473731.jpg

大海(おおみ)集落へ下りる。ここの住民のほぼ全員(の姓)が大海(だいかい)さん。
a0166196_18485925.jpg

ブルーラインを歩いてフェリー乗り場へ戻る。
a0166196_18493960.jpg

途中にある断層。近くには褶曲した地層も見える。
a0166196_18502952.jpg

きれいに整備された海水浴場よこを歩く。離島であっても施設などはどこも立派。
a0166196_18533732.jpg

フェリー乗り場へ着く。15時ちょうど。次の伊美港行きフェリーは15時20分。
a0166196_18544043.jpg

               登山道に多く咲いていたタチツボスミレ。
a0166196_18552765.jpg

                          キランソウ
a0166196_18554686.jpg

                         ヤブ椿の蕾
a0166196_1856334.jpg

           ヒサカキ〜今頃山道でにおっている・・・あまりよいニオイではない。
a0166196_1859432.jpg

                 山頂の桜のつぼみ。今年は開花が遅い。
a0166196_18595977.jpg

                海水浴場近くの岩にのる海鵜(うみう)?たぶん
a0166196_1913244.jpg

                        現代版恵比寿様
a0166196_1921562.jpg

by jinashi | 2011-03-28 19:03 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)