鷲巣岳直登コース探検  2011・3・9

登山口~西方寺林道大藤岩屋入口

阿弥陀越から登る鷲巣岳(わしのすだけ・437m)  大分100山~5回目
二郷山友会O会長より鷲巣岳を阿弥陀越より直登するコースへと誘われる。大分市の山女3人組のみなさんも「国東六郷満山三十三ヶ所霊場巡り」と「大日向本子さん人形展鑑賞」がてらに登るという。
あの断崖の先端部をどうして登るのか・・・少し不安もあるが大いに興味もある。
M夫婦にいっちゃん、ありさんも急遽参加となり総員9名がにぎやかに西方寺に集合する。会長より初対面の人には紹介があって登山口の大藤岩屋へと向かう。
西方寺林道を進んで峰入り道の大藤岩屋入口に着く。準備をして入山。
a0166196_17225547.jpg

阿弥陀堂のある大藤岩屋へと木の根を利用したハシゴを上がっていく。
a0166196_1723552.jpg

阿弥陀越を左へと入る。(まっすぐは大不動岩屋から尻付岩屋へ続く峰入り道、右へは太郎天岩屋方向)
すこし先の高台から要塞のような山容が見えてくる。
a0166196_17263241.jpg

自然林から植林帯へと入り急坂を上って行く。
a0166196_17351798.jpg

山頂直下へと辿り着く。直登コース(昔登ったそうだ)を探すが・・・見つからないようだ。
a0166196_17323162.jpg

山頂部の左を巻いて東へ廻ると古いテープがあってここから大岩を登るコースに出会う。
O会長は以前ここからも登ったことがあるそうで身軽に上部を目指したが・・・。今回は(ザイルの装備もなく)危険なのでと途中から降りて来た。先端部の橙の木へ上がり着くようだ。
a0166196_17485059.jpg

すこし先へ行って上がれそうな所を見つける。浮石に気をつけながら立ち木に摑まって登る。
a0166196_1751455.jpg

20mほどの高さを登ると見慣れた山頂尾根へと飛び出す。
a0166196_17544488.jpg

右へと役行者、蔵王権現、不動明王の並ぶ祠に向かう。
a0166196_1805319.jpg

2等三角点の前で山頂写真。後に離れてひとりポーズをとる人が・・・。
a0166196_1801094.jpg

そばに去年秋の地元教育委員会主催子ども会登山会「わくわく体験・・」記念プレートが
a0166196_182202.jpg

先端部から南西方向を見る。
手前に並ぶ岩尾根は後野越の稜線。その向こうの岩尾根が中山仙境(高城316.9m)。左後方の山がハジカミ山(570m)。その後が尻付山(587m)。
a0166196_1891854.jpg

西方向。後野越から岩尾根が連なる。真ん中のピークは1週間前に夷から登った高岩(353m)。左向こうの丸い山は猪群山(458.2m)。
a0166196_18133979.jpg

下山途中で往路が不明となるが植林帯を目視で大藤岩屋方向へ進めばほぼ登山口近くの谷へと下りる。
a0166196_18252596.jpg

by jinashi | 2011-03-09 18:26 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)