宮崎南部登山ツアー・牛の峠 2010・11・24(水)

宮崎県三股町高畑登山口

牛の峠(うしのとうげ・918m)  九州百名山~63座目 
  宮崎県北諸県郡三股町と日南市との境界の山
Oさんから双石山へ登らないか?とメールを頂いた。かつてOさんが読売登山ツアーや峰入りで同行した大分の女性組山友達と一緒だという。すぐにOKの返信をする。九州100名山稼ぎで「牛の峠」とのセットをリクエストしたら何と、皆さんも未登山のようで了解していただいた。040.gif
牛の峠は鰐塚山(が山頂まで道路が繋がっているので?)と入れ替わって2002年の新版九州100名山に新登場した。牛の峠には新旧2つの峠があり、登山道は旧道の方だ。この旧峠の北東にある新牛の峠は400mほど離れたところにあり、新しく馬車道として開削されたものだ。旧峠は参勤交代に使われ「殿様道」とも呼ばれて最近まで使われていたそうだ。(葦書房 九州の峠より)

Oさんより登山ツアーのときの話や天念寺無明橋の写真をみせていただいてはいたが、皆さん全国あちこちの名山を制覇した山のベテランたちで初めてお会いする方ばかりだ。敷戸駅でT子さん、白滝橋でK子さんとY子さんと合流し長い日向路を下っていく。宮崎市一つ葉有料道路から宮崎自動車道へはいり都城インターを下りる。

三股町で何度か道を尋ねて宮村の商店脇から高畑川沿いに林道を上って行く。道幅は狭まり悪路となる。小屋を過ぎて2Kmほどダート道(一部は舗装路)を進むと行き止まりとなる。作業トラックの運転手に登山口を聞いても知らないという。ネット資料の2つ目の作業小屋ばかり気にして登山口を見過ごしていたようだ。

1つ目と思っていたのだが・・・実はこれが2つ目の小屋だった。(帰路に確認する) 登山口まで1.5Km。
a0166196_951393.jpg

行き止まりをUターンし500mほど戻ってカーブミラーのある登山口脇に駐車。11時15分。早朝4時に自宅を出てここまで7時間ほどかかっている。
a0166196_955027.jpg

登山口から入山。ここの標高≒650m。
a0166196_956067.jpg

すぐに工事中の林道を横切る。
a0166196_9562862.jpg

自然林の尾根筋の道を登る。
a0166196_9572688.jpg

右手上部に山頂らしきを望む。
a0166196_9581134.jpg

むこうに都城市街が見える。すこし霞んでいる。
a0166196_10134170.jpg

急坂をひと登りで峠に出る。
a0166196_10143028.jpg

左手に「従是東飫肥領」と書かれた石柱が立っている。ここは論所跡といわれる所だ。江戸時代には飫肥と都城を結ぶ重要な街道であったこの峠をめぐって48年間にわたる領土争いがあったという。
a0166196_10155950.jpg

向こう側は日南市方面。今は通れないようだ。
a0166196_1020621.jpg

右手へ進みほどなくして潅木を抜けると山頂に着く。12時20分。
a0166196_1018037.jpg

周りは樹木に囲まれて上に丸い空が浮かぶ。隅にコンクリートの八角柱がある。全国に48点設置された「天測点」のひとつで星を観測して経度緯度を決める測量に使用されたものだ。佐伯の元越山や姫島の矢筈岳にもあった。
a0166196_10463744.jpg

ピークに1等三角点があるのだが国土地理院の地図には名前は無い。この牛の峠にちなんでピークが牛ノ峠と呼ばれているようだ。1等三角点のそばに臼杵山岳会のアルミ?山頂プレートが立つ。
a0166196_10252211.jpg

さっそくお昼の弁当タイム。Y子さんから頂いたクリーミーなミルクコーヒーで暖まる。006.gifそのあとみんな子どもになって木を揺すりむかごをひろって遊ぶ。
山頂写真。
a0166196_10264917.jpg

30分ほどで下山。13時40分。
a0166196_10273743.jpg

帰路に山容を確認しようとしたが分からないままだ。九州100名山としては少し寂しい感じ。


              ツチトリモチ
a0166196_10282460.jpg

             ミヤマシキミの実
a0166196_10291785.jpg

 宿泊先への途中に立ち寄った日本の滝100選「関之尾滝(せきのおのたき)」~都城市
a0166196_10313794.jpg

 旅館「常盤荘」~都城市山田町
a0166196_10321634.jpg

 旅館の前に銀杏の黄葉
a0166196_10331793.jpg

 O親分による乾杯のあいさつ。楽しい宴会タイムでした。
a0166196_10341288.jpg

 
by jinashi | 2010-11-28 22:42 | 宮崎県の山歩き | Comments(0)