無念の撤退~大船山紅葉登山会 2010・10・31

竹田市久住町 今水登山口

大船山(たいせんざん・1786m)撤退002.gif 
  日本300名山~6回目
今日は2ヶ月前から計画した二郷山友会の紅葉登山会。前日に本州太平洋沖を台風14号が通りすぎたので一過の晴天を期待したのだが予報ではくもり・降水確率20%とやや心配だ。一昨年に2週続きで、そして昨年と3回続けて雨やガスでこの大船(紅葉登山)から嫌われている。
9名の少数精鋭?参加者で早朝に出発する。今水への入口で右往左往しながらもほぼ予定時刻に駐車場に到着する。先客は熊本ナンバーの1台のみ。
a0166196_1727382.jpg

くもり空に稜線を見せて装った黒岳にむかってダート道を歩き始める。6時56分。標高≒780m。
a0166196_17275296.jpg

登山口から森へ入ると小雨がぱらつき出した。いやな予感。
a0166196_17283225.jpg

ジグザグの急坂を登りガラン台分岐を過ぎた広場で全員雨具を着ける。原生林の木の葉の雨音を聞きながら今水分岐に着き一休みしていると少し雨脚も強くなってきた。
ここで全員協議会。
予定していた東尾根を取りやめて鳥居窪コースへ入り入山公廟から鳥居窪まで行って様子を見ることとする。
a0166196_17294611.jpg

柳水から右へと鳥居窪コースへ入る。
緩急を繰り返して登っていくと後方を歩いていたTさんが撤退したようだ。板切コースを左に分けると間もなく入山公墓地入口だ。
a0166196_1730564.jpg

壊れた石段をカーブしながら登りあがると入山公のお墓に辿り着く。9時40分。
  山頂写真代わりのショット。
a0166196_17361033.jpg

330年ほど前に没した外様大名岡藩3代目中川清久公はこの大船山がお気に入りでよく登ったようだ。そしてその遺言により大船山をバックにしたこの地に墓が建立されている。
  山ガールの揃い踏み。
a0166196_17442768.jpg

その先の鳥居窪から見上げる大船山腹の紅葉。雨は止んでいるものの晴れていればさらに素晴らしいことだろう。ここは標高≒1400m。コーヒーで体を温めて今日はここまでとする。
a0166196_17453566.jpg

下山路から見る黒岳天狗峰方向の紅葉が見事だ。
a0166196_17462726.jpg

12時10分、全員無事に駐車場へ戻る。これが一番。
a0166196_17473172.jpg

4回連続でこの山から嫌われてしまったが・・・また、顔を洗って出直しします。
by jinashi | 2010-11-02 17:56 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(0)