秋晴れの古祖母山と障子岳 2010・10・17(日)

宮崎県高千穂町 尾平越トンネル南登山口

古祖母山(ふるそぼさん・ 1633m)   九州百名山~2回目
障子岳(しょうじだけ・1709m) 
   九州百名山~3回目
日本100名山の祖母山に連なる山。大障子岩~祖母・傾~大崩山まで縦走路が繋がる。


昨日三俣に登ったMさんより紅葉が見ごろになってきたとメールがあった。今日も秋晴れの素晴らしい天気となりそうだ。あの絶景と少し紅葉も期待して4年前の9月以来の古祖母・障子を尾平越からピストンしよう。
2つの山はママの大分100山未登の山でもある。(残り6座となる) 

緒方の原尻の滝から県道7号を奥嶽川の奥へと延々と走らせて自宅からちょうど3時間で尾平に着く。 
仰ぎ見る祖母山(右手)から障子岳への荒々しい尾根が連なる。 
a0166196_162174.jpg

さらにくねくねと登り上がると尾平越トンネルが見えてくる。今日は高千穂側南登山口から登ろうとトンネルを抜けるとこちらも広い駐車場に一番乗りだ。
風があって少し肌寒い。用意をして7時13分、木板の渡しから植林帯の山道へ入る。ここは標高960m。
a0166196_16335366.jpg

踏み跡を辿りジグザグに登ると自然林となり、山腹を横切るようにして斜面を登りきると30分ほどで尾平越だ。
a0166196_166277.jpg

尾平越から西へと左宮崎、右大分の県境尾根の縦走路を歩く。ドングリを落としたミズナラ林を緩やかに上って行く。ピークの右手に4等三角点のあるロシキ岩(1231m)に着き一休み。
a0166196_1682695.jpg

尾根道をアップダウンしながらも少しずつ高度を増していく。チラホラと紅葉も現れてくる。
a0166196_1625063.jpg

右の高台に上がると露岩から素晴らしい景観が現れる。
青空の下、装いを始めた障子岳から右へ烏帽子岩、天狗岩方面が絶景だ。
a0166196_16292514.jpg

葉先が巻いて黒ずんで始まる紅葉もあり、この夏の暑さによるものだろう。
所々に華やかに紅葉した木々を愛でながらフラットの尾根道を楽しむ。
a0166196_16344287.jpg

天然のしいたけ?
a0166196_16351874.jpg

急坂となってきて厳しい登りが続くと大岩の間にハシゴが現れる。さらにロープの岩場を上りあがる。
a0166196_16382293.jpg

展望の良い岩に上がり左へ少し下って登り返すと樹林と笹に囲まれた丸い広場の古祖母山頂だ。9時35分。
南に開けた展望が素晴らしい。風も止んで穏かな空間から大崩系や尾鈴山、市房山など九州山地の山々が稜線を見せている。地図があれば山座同定が詳細に出来るであろう。
a0166196_16521066.jpg

古祖母山山頂写真。
一休みしているとガヤガヤと男性3人組が登ってきた。福岡市から早朝出発したそうで今日は我々と同じコースを歩くようだ。
a0166196_16531574.jpg

障子に向かって歩き始める。しばらくは緩やかに下っていくと樹間からちらりと障子岳が見えてくる。
ドウダンツツジの紅葉。
a0166196_18234452.jpg

フラットな鞍部から上り返しを右手に入り第一展望所へ寄り道。
真下に尾平を見下ろす高度感ある露岩から祖母山を中心にして左右に連山の稜線が聳えている。
真ん中奥が傾山。  振り返ると先ほどの古祖母がゆったりとした姿を見せている。
a0166196_165578.jpg

縦走路に戻り少しづつ高度を上げていく。土呂久分岐を過ぎて山頂が近づくとさらに急登となり聳える大岩の左を巻いて登る。ラクダ岩?を前にした露岩から左へ入ると障子岳山頂に登り着く。11時02分。3度目の山頂。
a0166196_16584827.jpg

最近地元紙で祖母傾系にまだ熊が居るのか?という記事があった。以前捕獲された熊の遺伝子を調べると九州外から移動してきたのだと言うが・・・。
狭い山頂の真ん中にある「熊の社」。
a0166196_1714197.jpg

360度の大絶景。青空の下には大障子から傾まで馬蹄形が見事に連なる。
左、祖母山。右が大障子岩。手前の真ん中が天狗岩。その手前が烏帽子岩。
a0166196_1745469.jpg

歩いてきた古祖母山。向こうの稜線は夏木山(左)から大崩山へと連なる。
a0166196_1755857.jpg

障子岳山頂写真。
福岡組も登りついてきていっしょの昼食タイムとなる。優しい人柄が伝わる3人組と山談義をしながら1時間ほど楽しい時間を過ごす。
a0166196_1724011.jpg

下山は往路を戻る。山頂直下の岩場から見る烏帽子岩の紅葉。
a0166196_1710750.jpg

古祖母山頂近くの露岩に上がってこの大絶景の見納めとする。
さっきまで居た障子岳を望む。
a0166196_17123134.jpg

尾平越へ戻る。4年前にはここから北登山口へ下りたが急坂で足場も悪くヒザを痛めた記憶がある。
a0166196_17142661.jpg

予定していた15時に無事下山。
a0166196_171644.jpg

黒金尾根から周回する男性と数度出会う。犬を連れた若い夫婦づれと合わせて今日は3組6人の方との出会いの山歩きとなる。
来週~再来週には祖母山の紅葉もピークとなるであろう。
Commented by taedraman at 2010-10-19 23:17 x
福岡組の者です。楽しい出会いに感謝しています。また何処かの山でお会いできたら嬉しいですね。
Commented by jinashi at 2010-10-20 10:58
taedramanさん、みなさんお疲れ様でした。
よい天気に恵まれて思い出に残る登山となりましたね。
来週は皆さんでくじゅうでしたか?すばらしい紅葉がみられると良いですな。また、山の情報など教えてください。
国東半島に来られるときにはお知らせください。     弟さんの方ですか?
Commented by USA at 2010-10-20 12:26 x
写真を見ながら私も登った気になりました。青空と山々…すばらしいですね!
Commented by jinashi at 2010-10-20 21:05
USAさん 書き込みありがとうございます。
写真で見るより・・・そこに行かんとわかりません。自然ってほんとに感動させられます。
 いつまでも青春チャレンジに頑張ってください!
Commented by taedraman at 2010-10-20 21:23 x
お疲れ様でした。本当に素晴らしい山行でした。次回のアップを楽しみにしています。兄の方です。
Commented by jinashi at 2010-10-20 21:31
taedramanさん、ありがとうございます。
またいつか合流しましょう!
by jinashi | 2010-10-19 21:43 | 大分県の山歩き~祖母・傾系 | Comments(6)