ガイド犬と登る二ノ岳・三ノ岳  2010・9・20

熊本市河内町野出登山口

二ノ岳(にのたけ・685m) 三ノ岳(さんのたけ・681m) 
  熊本市と玉名市の境界の山    
    九州百名山・60座目001.gif
朝6時にホテルを出発。未だ明けきらない大牟田の町を出てR208を南へ向かうと大きな朝日が上がってくる。(前日に来た)田原坂を横目に県道31から県道101へと入り高度を上げていく。みかん畑の細い道をナビに従って進み野出バス停の登山口へ着く。三菱GSの人に聞くと公民館裏の駐車場を教えてくれる。有線放送で本日の敬老会の送迎案内をしている。
駐車場から見える金峰山(一ノ岳)はトロイデ(鐘状火山)でアンテナが林立した山頂まで車道がつながっているため100名山にはならないようだ。
a0166196_9521942.jpg

その北に聳える二ノ岳(熊ノ岳)、三ノ岳はカルデラの外壁をなす山だという。2つセットで九州100名山。
(写真は前日の玉名市より 右~二ノ岳、左~三ノ岳)
a0166196_9565599.jpg

バス停横登山口のコンクリートの急坂を登り始める。7時40分。ここは標高350m。
犬(柴犬雑種?の雄=まだ若そう)が付いてきて一緒に歩き出す。
a0166196_9594150.jpg

集落を過ぎてあらためて登山口。九州自然歩道の標識から山に取り付く。
a0166196_1004051.jpg

竹林から自然林の丸木階段を先へ先へとワンちゃんが先導する。「ホット一息エビネ坂」から林道に出会いさらに丸木階段を登る。随所にクロスカントリーコースの標柱がある。(毎年11月に「西山クロスカントリー・38Kmコース」が実施されているようだ)
a0166196_1021984.jpg

「胸突八丁の坂」の岩の急斜面を登り上ると額から汗が落ちてくる。
a0166196_1044843.jpg

すこしの急坂で天が明るくなって二ノ岳山頂に登りつく。ワンちゃんも待っている。8時54分。
a0166196_1052847.jpg

おりこうさんのご褒美にお菓子と水を飲ませる。
a0166196_1061081.jpg

山頂写真
a0166196_1064921.jpg

今日も遠望はだめだが足元には横島町の干拓地が広がる。
北東にはほぼ同じ高さの三ノ岳がスラリと聳えておりこのニノ岳と稜線がつり橋のようにつながっている。
a0166196_1073872.jpg

一休みして北へと丸木階段を下るとワンちゃんも付いてきて先導する。
鞍部の林道へ出る。
a0166196_1085911.jpg

林道を左へくだり気味に進むと右手三ノ岳登山口でワンちゃんが待っている。
a0166196_1094368.jpg

植林帯から自然林を行く。この後突然ワンちゃんがUターンして帰って行った。ここまでくればお役目終了ということなのだろう。ほんとにお利口さんのガイド犬(勝手に名づける)だ。
a0166196_10103192.jpg

丸木階段から岩が多くなると急坂となりひと登りで三ノ岳山頂へ着く。9時53分。
a0166196_10112884.jpg

三ノ岳から見る二ノ岳。山頂左の盛り上がりのところが「胸突八丁の坂」かな?
a0166196_10123111.jpg

足元に見える天水町のループ橋。熊本県にはなぜかループ橋が多い。
a0166196_10135173.jpg

山頂写真のあと汗びっしょりとなったので上着を脱いで木にかけて干す。ベンチで昼食をとっていたら急に雨が落ちてきた。
a0166196_10143491.jpg

下山は小雨が降る中の林道歩き。三ノ岳林道186支線へと入る。荒れた林道はしばらくして舗装が途切れると先の二ノ岳登山道に出合う。
a0166196_10183280.jpg

出会ったのは夫婦連れの1組だけ。
野出の登山口へ下山すると先ほどのワンちゃんは(待ってくれていると思ったが)居なかった。11時35分。
a0166196_10192786.jpg

下山後の帰路に見えた野出の集落(登山口)方面。 その向こうには雲をかぶった雲仙普賢岳。
a0166196_10213175.jpg

                      ツルリンドウ
a0166196_1022110.jpg

                     ミヤマウズラ(深山鶉)
a0166196_10222665.jpg

by jinashi | 2010-09-23 10:33 | 熊本県の山歩き | Comments(0)