夏は阿蘇だ!俵山を登る 2010・8・1

俵山峠

俵山(たわらやま・1095m)  熊本県南阿蘇村
  九州百名山 ~54座目
おんばれ祭りも終り今が一番暑さの厳しい時だ。この季節になると世界一のカルデラ火山阿蘇の大景観を見たくなってくる。未登の俵山や五岳の烏帽子岳、杵島岳を目指そう。
小国辺りからは雲の多い空模様だ。立野の阿蘇大橋を渡ってR325から県道28の旧道へ入りクネクネ登ると俵山峠駐車場に着く。7時15分。まだだれも居ない。西風も強く霧で視界が悪いので車中で天候の回復を待つ。風力発電のプロペラの風きり音らしきが聞こえる。
a0166196_13491785.jpg

2時間ほど朝寝?をして待ってみたが天気も変わらないので登山靴をはき始める。前回の延岡の鉾岳もこんな天気でこのところお日様から見放されている。舗装路を歩き始めると風力発電のプロペラが力強く大きく回っている。すこし肌寒い。9時5分。
a0166196_13512680.jpg

3基目プロペラの先から山へと入る。
a0166196_13522358.jpg

急坂の樹林帯を25分ほど登ると天が明るくなってフラットになり展望所からの道と合流する。晴天ならばここからは阿蘇連山が望めるはずの所だ。霧の中を山野草の花を楽しみながら進む。
a0166196_135447.jpg

荒れた丸木階段の急坂を登る。きつい登りを上がると再度ゆるやかなアップダウンの路となる。
a0166196_13563079.jpg

左に崩壊地を見てまもなく足元に石がゴロゴロしだすと山頂部へ高度差100mほどの急坂が始る。相変わらずの西よりの風とガスで視界が狭いうえに雨がぱらつきだした。
a0166196_13572278.jpg

喘ぎながら上りきると左に護王峠からの道と出会う。右直角に僅かにくだり気味に行くと広々とした3等三角点の山頂に着く。11時3分。本来ならば絶景が楽しめるところだがガスで視界はない。
a0166196_1358048.jpg

山頂写真のあとすぐに下山する。
a0166196_135845100.jpg

団体さんなど数組とすれ違う。丸木階段コースを避けてらくらくコースを下り樹林帯コース分岐はまっすぐ進む頃にはすこしガスが晴れてきて見通しがよくなってくる。
a0166196_1401310.jpg

滑りやすい急坂を慎重に下れば前方に南阿蘇の町並みが見えてくる。振り返れば山腹も見え出した。
a0166196_1412341.jpg

展望所へと下りるとなんとたくさんの風力発電プロペラが連なり回っている。その数なんと10基!
12時28分、駐車場へ下山。
a0166196_1424156.jpg

下山後麓より見た俵山。まだ山頂部はガスがかかっているようだ。
a0166196_1414749.jpg

10年ほど前に行った「一心行大桜」へ立ち寄る。周りはパークゴルフ場となっており入場料をとるようになっている。
a0166196_14145733.jpg

白水村から阿蘇パノラマラインを登り阿蘇五岳の烏帽子岳を目ざすも草千里一帯はガスで視界が無く登山は中止とする。
阿蘇駅前坊中の「夢の湯」に浸かってすこし昼寝。400円也。
阿蘇神社にお参りして帰路に着く。素晴らしい楼門だ。
a0166196_14171791.jpg

                         コオニユリ
a0166196_1418622.jpg

                        オトギリソウ
a0166196_14183917.jpg

                       アソノコギリソウ
a0166196_1419496.jpg

                         シモツケ
a0166196_14193298.jpg

                        ホタルブクロ
a0166196_1420012.jpg

                        オカトラノオ
a0166196_14202738.jpg

                       カワラナデシコ
a0166196_14205551.jpg

                       サイヨウシャジン
a0166196_14212322.jpg

                       ホソバシュロソウ
a0166196_14214915.jpg

by jinashi | 2010-08-03 22:55 | 熊本県の山歩き | Comments(0)