くじゅう三俣山 3月28日(日)

くじゅう大曲登山口

三俣山南峰(1743M)  ~2回目
長者原につくと消防車と多くの人。今日はタデ原湿原の野焼きのようだ。
a0166196_9401027.jpg

すこし雪化粧したくじゅうの山頂部は雲の中。
a0166196_9442068.jpg

9寺30分、大曲から入山。ぬかるんだ道を行くと馬酔木の花も開きはじめている。
a0166196_9454269.jpg

白い噴煙を上げる硫黄山。
a0166196_9485960.jpg

小学生の団体が前後するなかをスガモリ越えに上がり着く。
a0166196_9501822.jpg

冷たい北風の中をⅣ峰に向かって登っていく。
a0166196_9513120.jpg

ノリウツギのU字の雪道をひと登りで南峰に着く。11時50分。昨年3月コンロの不始末から火災をおこし山頂部一帯が焼き尽くされいる。ミヤマキリシマが無残な姿だ。
a0166196_9525998.jpg

5~6人の先客に挨拶して坊がつるを見下ろしながら昼ごはん。正面には大船山(たいせんざん)。
a0166196_9541125.jpg

往路を戻る。西峰の肩から久住山方面が絶景だ。
a0166196_9551646.jpg

13時55分に下山。まだ燃えカスのにおいが漂う長者原の野焼きあとに立ち寄る。ボランティアにより行われていると聞く。昨年塚原の事故もあり大変な作業のようだがこの景観を保全するためにも続けて欲しいものだ。
a0166196_9564491.jpg

初めてのご対面です。春を知らせる男池のユキワリイチゲ。
a0166196_9573829.jpg

by jinashi | 2010-03-30 22:59 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(0)